ザナミビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ザナミビル
Zanamivir.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
法的規制
  • S4 (Au), POM (UK), ℞-only (U.S.)
投与方法 吸入
薬物動態データ
生物学的利用能 2%(経口)
血漿タンパク結合 10% 以上
代謝 ほとんどなし
半減期 2.5–5.1 時間
排泄 尿中
識別
CAS番号
(MeSH)
139110-80-8
ATCコード J05AH01 (WHO)
PubChem CID: 60855
DrugBank APRD00378
KEGG D00902
化学的データ
化学式 C12H20N4O7
分子量 332.31 g/mol

ザナミビル (Zanamivir) は、世界で最初に開発されたインフルエンザ治療薬。リレンザの商品名でグラクソ・スミスクライン社により販売されている。A型インフルエンザウイルスB型インフルエンザウイルスに効果を示すが、C型インフルエンザウイルスには無効である。

2014年には、完全な臨床試験データに基づく分析が公開され、この新たな証拠に基づいて備蓄するほどの恩恵があるのかの見直しが求められるとされた[1]

概要[編集]

ノイラミニダーゼ (NA) と呼ばれる酵素によりウイルスが感染細胞表面から遊離することを阻害し、他の細胞への感染・増殖を抑制する。そのため、ノイラミニダーゼを持たないC型インフルエンザウイルスには無効。インフルエンザウイルスの増殖を抑制する作用を持つ薬剤であるため、感染初期(発症後48時間以内)における治療開始が有効である。インフルエンザ症状が発症後48時間以降に治療を開始した際の有用性は確立されていない。同様の作用機序を持つ薬剤としてオセルタミビル(タミフル)がある。

経口での絶対的バイオアベイラビリティが2%程度と低いため、経口投与はできず、非経口経路投与に限られる。そのため、リレンザはザナミビル水和物ドライパウダーを吸入投与して用いられる。インフルエンザウイルスは、主に上気道より感染し、ウイルスは増殖し、発症する。リレンザは、薬物を吸入法により使用するため、薬物が迅速に上気道に到達する。そのため、経口投与する薬剤よりも即効性がある。

同剤は「ディスクヘラー」という専用の吸入器によって吸入投与するが、吸入投与法が一般的に、小児、高齢者には難しい。そのため、簡単に経口投与できるタミフル(オセルタミビル)の発売後、ノイラミニダーゼ阻害薬におけるリレンザのシェアが激減した。ところが2006年 - 2007年のインフルエンザシーズンに、日本国内においてタミフル投与例での異常行動が世間の注目を浴びたこと(薬剤との因果関係は不明)により、本剤が見直された。また、タミフルに比べて耐性が起きにくいことが分かった[2]

2008年 - 2009年の季節性インフルエンザシーズンにおいてオセルタミビルの耐性ウイルスの出現により、リレンザの使用量は、前シーズンより大幅に増大した。

歴史[編集]

  • 1989年 - オーストラリアのビオタ (Biota) 社が、初めてのノイラミニダーゼ阻害薬としてザナミビルを開発。
  • 1990年 - ビオタ社がグラクソ(現在のグラクソ・スミスクライン)に独占的にライセンス提供し、リレンザとして販売。
  • 2000年12月 - 日本でリレンザが発売される[3]健康保険給付対象外。
  • 2001年2月 - 日本で健康保険の給付が適応。
  • 2006年2月 - 日本で5歳以上の小児へ適応が承認。
  • 2007年1月 - 日本でタミフルと同様にインフルエンザに対する予防投与が認可。
  • 2013年2月 - 日本の厚生労働省は、2009年から2012年にリレンザを投与された患者3人にアレルギー性ショックが発生し、そのうちの1人(30代女性、予防投与)が死亡したことを発表[3]

有効性[編集]

英国国立医療技術評価機構(NICE)による2008年のインフルエンザの予防のための診療ガイドラインにおいては、慢性呼吸器疾患などの指定されたリスク群を除いて、季節性インフルエンザの予防のためのザナミビルの使用は推奨されない[4]、治療においては発症から48時間以内といった条件を満たした場合に推奨できる[5]

しかし2014年には、完全な臨床試験のデータに基づいた分析が公開され、わずかな有益性と有害なリスクの増加を示しているため、ガイドラインは改定されるべきであり、各国は(オセルタミビル:タミフルと共に)備蓄するほどの恩恵があるのかの見直しが求められる、としている[6][1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b BMJ and Cochrane (2014年4月10日), “Tamiflu & Relenza: how effective are they?” (プレスリリース), Cochrane Collaboration, http://www.cochrane.org/features/tamiflu-relenza-how-effective-are-they 2014年4月10日閲覧。 、邦訳:BMJ誌(英国医師会雑誌)プレスリリース (PDF)
  2. ^ 『朝日新聞』2011年2月15日、朝刊23面
  3. ^ a b “リレンザ ショック症状3人”. 読売新聞 朝刊 (読売新聞社): pp. 38面. (2013年2月28日) 
  4. ^ 英国国立医療技術評価機構 (2008-09). Influenza (prophylaxis) - amantadine, oseltamivir and zanamivir (TA158) (Report). National Institute for Health and Clinical Excellence. pp. 1.3, 1.7. http://guidance.nice.org.uk/TA158 2014年6月26日閲覧。. 
  5. ^ 英国国立医療技術評価機構 (2009-03). Influenza - zanamivir, amantadine and oseltamivir (review) (TA168) (Report). National Institute for Health and Clinical Excellence. pp. 1.5. http://guidance.nice.org.uk/TA168 2014年6月26日閲覧。. 
  6. ^ Jefferson, Tom; Jones, Mark A; Doshi, Peter; Del Mar, Chris B; Hama, Rokuro; Thompson, Matthew J; Spencer, Elizabeth A; Onakpoya, Igho et al. (2014). “Neuraminidase inhibitors for preventing and treating influenza in healthy adults and children”. The Cochrane Database of Systematic Reviews: CD008965. doi:10.1002/14651858.CD008965.pub4. PMID 24718923. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD008965.pub4/abstract. 

外部リンク[編集]