C型インフルエンザウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
C型インフルエンザウイルス
分類(ウイルス)
: 第5群(1本鎖RNA -鎖)
: オルトミクソウイルス科 Orthomyxoviridae
: インフルエンザウイルスC属 Influenzavirus C
: C型インフルエンザウイルス Influenza C virus

C型インフルエンザウイルス(: Influenza C virus)とはオルソミクソウイルス科に属するウイルスの1種であり、A型インフルエンザウイルスB型インフルエンザウイルス同様、インフルエンザを引き起こす。C型インフルエンザウイルス属に属する唯一のウイルスである。

C型インフルエンザウイルスはヒトブタに感染し、インフルエンザを引き起こすことが知られている[1]

C型インフルエンザウイルスによるインフルエンザはA型インフルエンザウイルス、B型インフルエンザウイルスに比べ、重篤になることは稀である。 局地的なエピデミックを引き起こす可能性も少ない。

脚注[編集]

  1. ^ Guo Y., Jin F., Wang P., Wang M., Zhu J.M. (1983). Journal of General Virology 64: 177-82. PMID 6296296. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]