サンテック (フランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Santec
Blason Santec.png
SANTEC.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) モルレー郡
小郡 (canton) サン=ポル=ド=レオン小郡
INSEEコード 29273
郵便番号 29250
市長任期 ベルナール・ル・ポール
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays Léonard
人口動態
人口 2304人
2011年
人口密度 286人/km2
住民の呼称 Santécois, Santécoise
地理
座標 北緯48度42分 西経4度02分 / 北緯48.7度 西経4.03度 / 48.7; -4.03座標: 北緯48度42分 西経4度02分 / 北緯48.7度 西経4.03度 / 48.7; -4.03
標高 平均:m
最低:0m
最高:40 m
面積 8.06km2
Santecの位置(フランス内)
Santec
Santec
公式サイト www.ville-santec.fr
テンプレートを表示

サンテックSantecブルトン語:Santeg)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

地理[編集]

サンテックはかつて、行政的にも宗教的にもサン=ポル=ド=レオンのミニイ(fr:Minihy修道院を中心にできた住民の共同体)の一部であった。このミニイにはロスコフも含まれていた。サンテックは17kmもの海岸線を持ち、そのうち14kmは砂浜で、白い砂浜や花崗岩の風景が広がっている。外海から保護された入り江は、多くのプレジャーボートのみならず、余暇や日焼けの愛好家たちの憩いの場となっている。

現在、私有の島であるシエック島は、干潮時に徒歩で小道伝いに行くことができる。海岸沿いにうねる小道は、コミューンにただひとつある港に達する。かつてここはイワシ漁が盛んだった。島にある農家は17世紀からあり、守衛詰所と監視小屋は18世紀の遺構である。

ドッセンの砂浜ではスポーツ愛好家が、サーフィンウィンドサーフィン、カイトサーフィンだけでなくヨット乗馬を満喫できる。

由来[編集]

ドッセンの砂浜

サンテックの名は、ブルトン語で聖人を意味するSantと、聖ポル・オレリアン(サン=ポル=ド=レオンの守護聖人)の使徒デカムスを示すEcまたはTecからきている。別の人々は、1625年にはまだ実在していた信仰の場である小さなサンティエック礼拝堂(chapelle de St Hiec)のことだと考えている。何世紀にもわたって複数回の変化を経て、San Hiec"、"San Yec"、"San iec"が現在のSantecとなったのである。

歴史[編集]

先史時代から、海に向かって伸びるこの突出部で研磨された石など、古いものでは5万年前のものが発掘調査で見つかっている。平らな板状のドルメンで覆われた、乾燥した石を積み重ねた墓は、死者を葬る儀式が営まれた、高度な文明があった証拠である。

1624年、サンテックはサン=ポル=ド=レオンのミニイの中での小教区となった。サンテックはフランス革命中にコミューンが創設されるまで、ずっと小教区であった。

1789年、サンテックはサン=ポル=ド=レオンと、ロスコフの一部として、コミューンとなった。1840年、サンテックはカトリックの教区に格上げされ、1920年にサン=ポル=ド=レオンとロスコフから分離し、コミューンとなった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
2053 2032 2019 2147 2208 2133 2266 2304

参照元:1999年までEHESS[1]、2004年以降INSEE[2][3]

出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]