サマー・イン・ザ・シティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サマー・イン・ザ・シティ
ラヴィン・スプーンフルシングル
初出アルバム『ハムズ・オブ・ザ・ラヴィン・スプーンフル』
B面 Butchie's Tune
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ロックポップ
時間
レーベル カーマ・スートラ・レコード
作詞・作曲 ジョン・セバスチャン
マーク・セバスチャン
スティーブ・ブーン
プロデュース エリック・ジェイコブセン
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
ラヴィン・スプーンフル シングル 年表
Did You Ever Have to Make Up Your Mind?
(1966年)
サマー・イン・ザ・シティ
(1966年)
Rain on the Roof
(1966年)
ミュージックビデオ
「Summer in the City」 - YouTube
テンプレートを表示

サマー・イン・ザ・シティ」(Summer in the City)は、ラヴィン・スプーンフル1966年に発表したシングル。

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では401位にランクされている[2]

概要[編集]

1966年7月4日にシングルA面曲として発売される。作詞・作曲に名を連ねているマーク・セバスチャンはジョンの兄弟。レコーディング・エンジニアはロイ・ハリー[3]

「サマー・イン・ザ・シティ」はタイトルどおり、夏の盛りの8月13日から8月27日まで、3週連続でビルボード・Hot 100の1位を獲得する[4]全英シングルチャートでも8位を獲得した。そしてその年のビルボード年間チャート11位を記録し[5]ゴールドディスクに輝いた。

車のクラクションや削岩機の音が挿入されているが、本作品はこういった効果音がヒット・ソングに導入された最初の曲と言われている[6]

クインシー・ジョーンズB.B.キングジョー・コッカースティクスなどがカバーしている。

エリック・クラプトンは本作品に着想を得て「英雄ユリシーズ」を作曲した(作詞は漫画家のマーティン・シャープが担当した)[7]

脚注[編集]

  1. ^ 45cat - The Lovin' Spoonful - Summer In The City / Butchie's Tune - Kama Sutra - USA - KA 211
  2. ^ “Rolling Stone's 500 Greatest Songs of All Time”. Rolling Stone. http://www.rollingstone.com/music/lists/the-500-greatest-songs-of-all-time-20110407/the-lovin-spoonful-summer-in-the-city-20110526 2016年2月3日閲覧。. 
  3. ^ Wadhams, Wayne (June 1, 2001), Inside the Hits: The Seduction of a Rock and Roll Generation (Pop Culture), Berklee Press, pp. 248, ISBN 978-0634014307 
  4. ^ List of Billboard Hot 100 number-one singles of 1966
  5. ^ Billboard Year-End Hot 100 singles of 1966
  6. ^ Summer In The City by The Lovin' Spoonful, Songfacts
  7. ^ Clapton, Eric (2007). Clapton: The Autobiography. New York City: Broadway Books. pp. 85–86. ISBN 978-0-7679-2536-5. 
先代:
トロッグス
恋はワイルド・シング
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1966年8月13日 - 8月27日(3週)
次代:
ドノヴァン
「サンシャイン・スーパーマン」