英雄ユリシーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
英雄ユリシーズ
クリームシングル
初出アルバム『カラフル・クリーム
A面 ストレンジ・ブルー
B面 英雄ユリシーズ
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ニューヨーク、アトランティック・スタジオ(1967年5月)
ジャンル サイケデリック・ロック
時間
レーベル イギリスの旗 リアクション・レコード
アメリカ合衆国の旗 アトコ・レコード[2]
作詞・作曲 マーティン・シャープ(詞)
エリック・クラプトン(曲)
プロデュース フェリックス・パパラルディ
クリーム シングル 年表
I Feel Free
b/w
エヌ・エス・ユー
(1966年12月)
ストレンジ・ブルー
b/w
英雄ユリシーズ
(1967年6月)
Anyone for Tennis
b/w
ねずみといのしし
(1968年5月)
ミュージックビデオ
「Tales of Brave Ulysses」 - YouTube
テンプレートを表示

英雄ユリシーズ」(Tales of Brave Ulysses)は、クリーム1967年に発表した楽曲。

概要[編集]

漫画家のマーティン・シャープ(Martin Sharp)は、編集者のリチャード・ネヴィル、リチャード・ウォルシュらと1963年、シドニーでアングラ雑誌『Oz』を創刊。同誌の制作に長く関わっていたが、1966年2月にネヴィルとともにイギリスに渡った。写真家のロバート・ウィテカーとまだロンドンチェルシーに共同スタジオを構える前[3]、ネヴィルの姉で作家のジル・ネヴィルの家に居候していた頃にシャープはナイトクラブ「ザ・スピークイージー」で、あるミュージシャンを紹介される。シャープが「最近書いた詩があるんだ」と話すと、相手は自分の曲につける新しい詞を探していたところだと答えた。シャープは気前よくナプキンに詩と住所を書き留め、その人物に渡した[4]

鈍色の冬は果てしなく気をめいらせる
そう思った君は
猛り狂う太陽に向かう汽船に飛び乗った
震えおののく人魚たち
海の色に目がくらみ
英雄ユリシーズの物語を聞きながら
君は遥か彼方の岸に辿り着く — Tales of Brave Ulysses(マーティン・シャープ)[5]

シャープが出会ったミュージシャンはクリームエリック・クラプトンであった。クラプトンの頭の中にはラヴィン・スプーンフルの「サマー・イン・ザ・シティ」に着想を得た曲がちょうどあり、シャープの詩をのせて「英雄ユリシーズ」を完成させた[4]

レコーディングは1967年5月、ニューヨークのアトランティック・スタジオで行われた。リード・ボーカルはジャック・ブルースが務めた。

同年6月9日、シングル「ストレンジ・ブルー」のB面として発売された[1]。その後、セカンド・アルバム『カラフル・クリーム』に収録された。シャープとロバート・ウィテカーは『カラフル・クリーム』のジャケットの制作に携わった。

1972年発売のライブ・アルバム『ライヴ・クリーム Vol.2』にライブ・バージョンが収録されている。

演奏者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 45cat - Cream - Strange Brew / Tales Of Brave Ulysses - Reaction - UK - 591015
  2. ^ 45cat - Cream - Strange Brew / Tales Of Brave Ulysses - Atco - USA - 45-6488
  3. ^ Morgan, Joyce, (2017). Martin Sharp: His Life and Times, Allen & Unwin. 9781925575019
  4. ^ a b Clapton, Eric (2007). Clapton: The Autobiography. New York City: Broadway Books. pp. 85–86. ISBN 978-0-7679-2536-5. 
  5. ^ Lyrics for Tales Of Brave Ulysses by Cream - Songfacts

関連項目[編集]