サベイランス -監視-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サベイランス -監視-
Antitrust
監督 ピーター・ハウイット
脚本 ハワード・フランクリン
製作 キース・アディス
デヴィッド・ニックセイ
ニック・ウェクスラー
製作総指揮 デヴィッド・ホバーマン
アショク・アムリトラジ
C・O・エリクソン
ジュリア・チャスマン
出演者 ライアン・フィリップ
ティム・ロビンス
クレア・フォーラニ
レイチェル・リー・クック
音楽 ドン・デイヴィス
撮影 ジョン・ベイリー
編集 ザック・ステンバーグ
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年1月12日
日本の旗 2001年11月17日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗$11,328,094[1]
世界の旗$18,195,610[1]
テンプレートを表示

サベイランス -監視-』( - かんし、Antitrust、別題:Conspiracy.com[2]またはStartup[3])は、2001年アメリカ合衆国サスペンス映画

ストーリー[ソースを編集]

スタンフォード大学卒の天才プログラマであるマイロ・ホフマン(ライアン・フィリップ)は、コンピュータ・ソフトウェア業界のトップ企業NURV (Never Underestimate Radical Vision)のCEOであるゲーリー・ウィンストン(ティム・ロビンス)から直々に声をかけられ、NURVに入社し、同社の社運をかけた新しいコミュニケーションシステム「シナプス」の開発に携わることになる。そんなある日、同じく天才プログラマとして知られていた親友テディ(イー・ジェー・ツァオ)が何者かに殺される。ふとしたことから、マイロはこの事件の裏にNURVが関わっていることに気付く。

キャスト[ソースを編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[ソースを編集]

この映画の主な撮影場所はカリフォルニア州のほかに、カナダのブリティッシュコロンビア州にある都市バンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)も含まれる[4]

バンクーバーにあるスタンレーパーク の敷地は、ゲーリー・ウィンストンの自宅の庭として撮影されたが、舗装された散歩道といった一部のものが撮影されえただけで、ウィンストンの自宅自体はコンピュータグラフィックによって作られた架空のものである[5]

ウィンストンとホフマンが自宅の近くの海岸を散歩する場面は、ボウエンアイランドで撮影され、ここに出てきた家もコンピュータグラフィックによって作成されたものである[6]キャサリン・ハードウィックはウィンストンの家の内装のデザインを担当した[7]

ウィンストンの家に飾られたデジタル絵画が出てくる場面では、現実に用いられているテクノロジーを参考に ブルーバックが用いられた。

ホフマンが漫画のキャラクター"Alien Kitty"として登場している場面は、フロイド・ヒューズ英語版がこの映画のために製作したものである[8][9]

NURV本社の社屋として使用されたサイモンフレーザー大学

バーナビーにあるサイモンフレーザー大学のキャンパスはNURV本社の外観として撮影された[10][11]


ロケ地であり、 NURV の本社の "The Egg"の元となったブリティッシュコロンビア大学w:Chan Centre for the Performing Arts

ブリティッシュコロンビア大学にあるw:Chan Centre for the Performing Artsは何度かこの映画の撮影の場所になっている。 たとえば大学のロビーは、NURVの社員食堂として撮影された。プロデューサーたちはアップルの本社敷地内にあるインフィニット・ループ英語版を訪れ、それを参考にしたという[12]

参考文献[ソースを編集]

  1. ^ a b Antitrust (2001)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年4月3日閲覧。
  2. ^ conspiracy.com” (German). OutNow.CH (2001年2月6日). 2008年2月26日閲覧。
  3. ^ Filmlexikon FILME von A-Z - startup” (German). 2008年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月26日閲覧。
  4. ^ Antitrust (2001) - Movie Details”. Yahoo! Movies. Yahoo Inc.. 2008年2月26日閲覧。
  5. ^ Howitt (オーディオコメンタリー), 07:51
  6. ^ Howitt (commentary), 13:04
  7. ^ Catherine Hardwicke (2001年5月15日). Antitrust, "Cracking the Code" (DVD documentary). Los Angeles, California, USA: Metro-Goldwyn-Mayer.. 該当時間: 10:02 
  8. ^ Howitt (commentary), 1:16:37
  9. ^ Antitrust (motion picture). Los Angeles, California, United States: Metro-Goldwyn-Mayer.. (2001年1月12日) 
  10. ^ SFU in films and television”. SFU.ca. Simon Fraser University. 2008年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月26日閲覧。
  11. ^ Howitt (commentary), 17:28
  12. ^ Howitt (commentary), 18:57

外部リンク[ソースを編集]