ゴルムド市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゴルムドから転送)
移動先: 案内検索
中華人民共和国 青海省 格爾木市
ゴルムド駅
ゴルムド駅
青海省中の格爾木市の位置
青海省中の格爾木市の位置
中心座標 北緯36度25分 東経94度53分 / 北緯36.417度 東経94.883度 / 36.417; 94.883
簡体字 格尔木
繁体字 格爾木
拼音 Géěrmù
カタカナ転写 ゴーアールムー
モンゴル文字 γool modu
モンゴル語キリル文字 Голмод
モンゴル語ローマ字転写 Koerhmu
チベット語 ན་གོར་མོ་
ワイリー方式 Na-gor-mo
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
青海
自治州 海西蒙古族蔵族自治州
行政級別 県級市
市委書記 胡成礼
市長 杜捷
面積
総面積 123,460 km²
海抜 2,980 m
人口
総人口(2015) 23.5 万人
経済
GDP(2004) 44 億元
一人あたりGDP 8158.8元
電話番号 979
郵便番号 816000
行政区画代碼 632802
公式ウェブサイト http://www.gem.gov.cn/

ゴルムド市(-し)は中華人民共和国青海省に位置する県級市。市名はモンゴル語で「河川が集まる土地」に由来する。チベット語では「ガルム」ともいう。人口の90%を漢族が占める。新興の工業都市で、平均年齢は32歳と若い。チベット高原では西寧市ラサ市に次ぐ第3の都市となっている。

地理[編集]

チベット高原のツァイダム盆地中南部、ゴルムド川沖積平野に位置する。市内の平均海抜 2,780 メートル、高原大陸性気候で、冬の寒さが厳しい。5,800 平方キロメートル の面積をもつ広大なチャルハン塩湖からは塩が取れる。

歴史[編集]

中華民国時代はカザフ族遊牧民が放牧する土地であった。1949年9月に人民解放軍が青海省の大部分を支配下に置き、1954年7月15日には海西蒙古蔵族哈薩克族自治区(後の海西モンゴル族蔵族自治州)人民政府が成立した。その後漢族が移住して鉱山都市として発展し、1960年11月17日にゴルムド市が成立した。1966年3月27日ゴルムド県に改称し、1980年再びゴルムド市となる。

交通[編集]

青蔵公路G109国道)と青新(青海 - 新疆)公路(G215国道)が交差する交通の要衝で、青蔵鉄道西寧 - ゴルムド間が1979年に、ゴルムド - ラサ間は2006年7月1日に開通した。2003年にはゴルムド空港も完成している。青蔵鉄道開通後、ゴルムド - ラサ間のバスは運休している。

行政区画[編集]

  • 街道:崑崙路街道、黄河路街道、金峰路街道、河西街道、西蔵路街道
  • 鎮:郭勒木徳鎮、唐古拉鎮
  • 郷:大格勒郷、烏図美仁郷

外部リンク[編集]