コーンフラワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コーンフラワー (: corn flour) は、トウモロコシを挽いて作られた穀粉である。

概要[編集]

コーンフラワーには、通常の物とリダクションフラワー(reduction flour)とがある。

コーンフラワーは主としてコーングリッツ製造過程中において、粉質胚乳部より発生する製品で、粒度は60メッシュパスの製品[1]

リダクションフラワーはコーングリッツを微粉砕した製品で、粒度は60メッシュパスの製品[2]

尚、イギリス英語のコーンフラワーは、アメリカ英語コーンスターチ(corn starch)である。

原料[編集]

コーンフラワーの原料となるものは、食用として一般に広く認知されているスイートコーン(甘味種)や ポップコーン(爆裂種)などは用いず、デントコーン(馬歯種)やフリントコーン(硬粒種)といった品種が使われる。

日本において、原料のトウモロコシは、ほぼ全量が米国やブラジルなど海外からの輸入である。

製造方法[編集]

コーンフラワーは主としてコーングリッツ製造過程中において、粉質胚乳部より発生する部位を使用。最終的に粉質胚乳部を微粉砕して製品とする。

リダクションフラワーは角質胚乳部からなるコーングリッツを微粉砕して製品とする。

用途[編集]

コーンフラワーの用途は様々であるが、主要なものとしては次のようになる。

プレミックス用[編集]

コーンフラワーの主要用途である天ぷら唐揚げアメリカンドックお好み焼きたこ焼きチキンナゲットドーナツホットケーキトルティーヤ等のプレミックス原材料の一部として使用されている。

食品用[編集]

カレー粉香辛料の原材料の一部に使用されている。フライ製品の衣への使用もされている。

メーカー[編集]

コーングリッツを製造しているメーカーより製造されている。

脚注[編集]

  1. ^ 1983年6月21日1部改定 コーンドライミリング製品基準 一般社団法人日本コーングリッツ協会
  2. ^ 1983年6月21日1部改定 コーンドライミリング製品基準 一般社団法人日本コーングリッツ協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]