コーンミール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トルティーヤタコス等、コーンミールを用いた様々な製品

コーンミール(Cornmeal)は、乾燥させたトウモロコシを挽いて粉にした食品である。主食として食べられる。

概要[編集]

コーンミールの基準は日本では水分値15.0%以下、粗脂肪5.0%以下、粗タンパク9.5%以下、粗灰分1.5%以下、粗繊維1.5%以下の全粒粉と定められている。[1]

協会基準とは別に、コーングリッツより細かく、コーンフラワーより粗いコーングリッツの総称を、コーンミールと呼ぶことがあり、一般的に日本でのコーンミールはこのことを指す。アメリカ合衆国では、粒子の細かいものはコーンフラワーとも言う[2]。しかし、この言葉はイギリスではコーンスターチを表す。

アメリカ合衆国で一般的な、鉄で挽いた黄色いコーンミールは、殻や胚芽がほぼ完全に取り除かれている。冷たく乾燥が保たれた場所では、ほぼ無期限に貯蔵できる。

石で挽いたコーンミールには殻や胚芽がある程度残っており、独特の香りがして栄養価も高い。比較的傷みやすいが、冷蔵すれば長期保存できる。

白いコーンミールは、アフリカの伝統的なものである。アメリカ合衆国南部でもコーンブレッドを作るのに用いられる。青いコーンミールは、希少な青いトウモロコシを使うか、青い着色料を加える。

各国での利用[編集]

その他の利用[編集]

  • パンやビザを焼く際に型から外すための離型剤として用いられる。
  • 内胚乳から作るコーンスターチは、プリン等の結合剤として用いられる。
  • 虫がコーンミールと水を一緒に摂取することで、腹の中で何倍にも膨らみ、天然の殺虫剤として作用する。
  • 同量の洗剤を加えることで、肌の汚染除去に利用できる。
  • アメリカでは揚げ物として利用される事が多い。
  • アメリカンドッグの原料になる。
  • イングリッシュ・マフィンの表面にまぶす。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2015年1月14日改定 コーンドライミリングの製品基準 一般社団法人日本コーングリッツ協会
  2. ^ Herbst, Sharon, Food Lover's Companion, hird Edition, Pg. 165, Barrons Educational Series Inc, 2001