ゲオールギイ・ベリーエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲオールギイ・ミハーイロヴィチ・ベリーエフロシア語:Георгий Михайлович Бериев1903年2月13日 - 1979年7月14日)は、ソ連航空機設計者1931年工学博士となり、また技術部門の陸軍少将でもあった。また、1929年から共産党の党員となった。

経歴[編集]

ベリーエフは、1903年1月31日(新暦1903年2月13日)に当時のロシア帝国領であったグルジアの首都チフリス(現トビリシ)で生を受けた。彼は元々はベリアシュヴィリ(Бериашвили)というグルジア人の姓を持っていたが、のちにロシア人風のベリーエフに改名した。

1930年カリーニン記念レニングラート工学大学を卒業後、彼は1934年から1968年までソ連の試験設計局を率いた。そこにおいて彼は、水上機(MBR-2、MP-1、MDR-5、MBR-7、Be-6)、ジェット飛行艇(R-1、R-2、B-10A-40)、水陸両用機(Be-8B-12)、艦載射出用航空機(Be-2Be-4)、陸上旅客機(Be-30)を設計した。彼の創設したベリーエフ設計局(ОКБ им. Г.М.Бериева)は世界を代表する飛行艇メーカーとなり、これらの功績から彼は二度のレーニン勲章の他、いくつかの勲章とメダルを授与されている。

なお、彼の姓を冠した設計局は日本語では「ベリエフ」と表記されることも多い。

出典[編集]

  • Большая Советская Энциклопедия (В 30 томах) Гл. ред. А.М.Прохоров. 3-е изд. М., <<Советская Энциклопедия>>, 1970. から В.Шавровによる記述に対し補足・調整