労働赤旗勲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
労働赤旗勲章
Order of the Red Banner of Labour OBVERSE.jpg
労働赤旗勲章
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦による賞
種別 単種
受章資格 ソ連国民・工場
受章条件 卓越した労働や技術
状態 廃止
歴史・統計
創設 1920年12月28日
初授与 1921年6月28日
最新(最後)
の授与
1991年12月21日
総授与数 1,224,590人
序列
同位 赤旗勲章

労働赤旗勲章 は、ソビエト連邦が制定した勲章

概要[編集]

労働赤旗勲章は、卓越した労働や技術の功績を達成した民間人に対して授与された[1]。軍人を対象とする赤旗勲章に相当する。 勲章のデザインはV.Golenetskyによってなされ、銀、金メッキおよびエナメルで作られている[1]

作家のミハイル・プリーシヴィンは1943年に赤旗労働勲章を受章。

カメラ工場のクラスゴルスク機械工場(KMZ)は1967年に赤旗労働勲章を受章している[1]

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 労働赤旗勲章”. 2016年10月4日閲覧。