ゲオルク・ティーレ (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Z2 ゲオルク・ティーレ (Z2 Georg Thiele) はドイツ海軍駆逐艦1934型

艦歴[編集]

1934年10月25日起工。1935年8月18日進水。1937年2月27日就役。

1939年8月、バルト海で水雷艇「ティーガー」と衝突し損傷した駆逐艦「マックス・シュルツ」を曳船に引き継ぐまで曳航した。

1940年4月、ノルウェー侵攻部隊にナルヴィク攻略部隊として参加する。4月9日、侵攻部隊はオフォトフィヨルドに進入する。「ゲオルク・ティーレ」と駆逐艦「ヴィルヘルム・ハイドカンプ」、「ベルント・フォン・アルニム」の3隻がナルヴィクの占領に向かい、その際ノルウェーの海防戦艦2隻を撃沈した。

4月10日、イギリス海軍の駆逐艦5隻がフィヨルドに進入してナルヴィク港に停泊中の艦船に攻撃をかけ、第1次ナルヴィク海戦が発生した。バランゲンフィヨルドに停泊していた「ゲオルク・ティーレ」と「ベルント・フォン・アルニム」は退避中のイギリス駆逐艦と交戦した。2隻は「ハーディ」、「ホットスパー」、「ハンター」を大破させた。「ハーディ」は海岸に乗り上げ、「ホットスパー」は「ハンター」と衝突して、「ハンター」は沈没した。しかし、「ゲオルク・ティーレ」にも7発の命中弾があり、大きな損害を受けていた。

4月13日、戦艦「ウォースパイト」を中心とするイギリス艦隊が再びフィヨルドに進入し、第2次ナルヴィク海戦が発生した。「ゲオルク・ティーレ」は雷撃で駆逐艦「エスキモー」を大破させたが、最後は陸に乗り上げて全損となった。