ハンター (駆逐艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
艦歴
発注
起工 1935年3月26日
進水 1936年2月25日
就役 1936年9月20日
退役
その後 1940年4月10日に戦没
除籍
性能諸元
排水量 基準 1,340トン、満載 1,859トン
全長 98.45 m
全幅 10.05 m
吃水 3.78 m
機関 アドミラリティ・ボイラー3基、パーソンズ式蒸気タービン2基2軸推進、34,000 shp
最大速 36ノット (66.7 km/h)
航続距離 5,530カイリ(15ノット時)
乗員 145名
兵装 4.7インチ砲4門
0.5インチ機銃8基
21インチ魚雷発射管8門

ハンター (HMS Hunter, H35) はイギリス海軍駆逐艦H級

艦歴[編集]

スワン・ハンター社で建造。1935年3月26日起工。1936年2月25日進水。同年9月20日就役。

最初は、同型艦と共に地中海の第2駆逐群に所属した。スペイン内戦中の1937年5月13日、地中海沿岸で哨戒中のハンターは浮流していた機雷に触雷した[1]。爆発による亀裂は両舷に及び、船体は切断寸前となった。損傷と浸水で自力航行が不可能となったハンターは、巡洋艦アリシューザに曳航されてジブラルタルへ入港し、応急処置後にマルタへ向かい修理工事を施された。

1940年の初めには第2駆逐群はイギリス本国に呼び戻された。4月、ドイツ軍はヴェーザー演習作戦を発動し、ナルヴィクにも駆逐艦からドイツ軍が上陸した。そして、ハンターなどはオフォトフィヨルドの封鎖に向かった。1940年4月10日、ハンターは第1次ナルヴィク海戦に参加した。イギリスの駆逐艦はナルヴィク港内にいたドイツ駆逐艦アントン・シュミットヴィルヘルム・ハイドカンプを撃沈したが、撤収中に発生したドイツ駆逐艦ゲオルク・ティーレベルント・フォン・アルニムとの交戦でハンターも被弾炎上した。さらに駆逐艦ホットスパーがハンターに衝突し、5時30分にハンターは沈没した。[2]

2008年3月8日にオフォトフィヨルドの海底でハンターの船体が発見された。[3]

参考文献[編集]

  • M. J. Whitley: Destroyers of World War Two, Arms and Armour Press, London 1988 ISBN 0853689105
  • 岡田幸和『艦艇工学入門』1997年、海人社

脚注[編集]

  1. ^ イタリア潜水艦による雷撃とする見方も存在する。
  2. ^ http://wiesel.wlb-stuttgart.de/seekrieg/40-04.htm
  3. ^ http://www.spiegel.de/wissenschaft/mensch/0,1518,545115,00.html

外部リンク[編集]