ケープノウサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケープノウサギ
Brown Hare444.jpg
ケープノウサギ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
上目 : 真主齧上目 Euarchontoglires
大目 : グリレス大目 Glires
: ウサギ目 Lagomorpha
: ウサギ科 Leporidae
: ノウサギ属 Lepus
: ケープノウサギ L. capensis
学名
Lepus capensis L.1758
亜種
Cape Hare area.png
ケープノウサギの分布域

ケープノウサギ (学名:Lepus capensis)はウサギ科の哺乳類の一種。 アフリカに広く分布し(西および中央アフリカの森林地帯を除く)、アラビア半島からイラクにかけても生息する[1]オーストラリアにも持ち込まれている。

形態[編集]

ケープノウサギの毛皮は上側は灰褐色で黒い斑があり、下側は白っぽい。尾はふさふさして上側は黒く、下側は体と同じく白い。耳は長く先は黒い。逃げるときは耳と白黒の尾がかなり目立つ。 体長は50から55センチメートル、体重は1.5から2.5キログラム[2]で、ヨーロッパノウサギよりも小さい。

生態[編集]

ケープノウサギは草原や半砂漠などの開けて乾燥した土地に生息するが、山地にも棲む。畑や農場にいることもあるが、深い森には棲まない。夜行性で、日中は灌木や草の茂みのすぐ近くに前足でほったくぼみに身を隠す。 外敵が近づくと、耳を頭にぴったりつける。すぐ近くにまで迫られると、隠れ場所から突然飛び出して逃走する。 長い後ろ足のおかげで、捕食者から逃げるときには非常に早く走ることができ、木登りや泳ぎも上手い。逃げ足は 60 km/h にも及び、チーター以外の、ヒョウカラカルセグロジャッカルなどの捕食者は追い付くことができず、待ち伏せ猟を行う。夜に食物を探しに出かける。草やハーブなどの植物を食べるが、 木の実やキノコなども食べる。他のウサギ類と同様に食糞も行う。

生殖[編集]

メスは年に四回まで出産することができ、妊娠期間はおよそ42日で一度に二から六羽の仔を産む。生まれるときには毛は生え揃っており、目も開いていて。三週間後には固体の食べ物をとるようになり、四週間後には離乳する。 およそ七ヶ月から九ヶ月で性成熟に達する。

寿命は長ければ5、6年だが、多くの個体は寿命まで生きのびることができない。

保全状況[編集]

ケープノウサギの捕食者は大型ネコ猛禽など数多く、人類にも肉や毛皮のために狩猟されるため、減少傾向にある。しかし、生息域が広く、非常に多産なため、IUCNによる保全状況評価は"Least Concern"である[3]

分類[編集]

この種と他のノウサギ属の明確な境界については未だに議論がある。以前はケープノウサギとヤブノウサギ(Lepus europaeus)、コルシカノウサギ(L. corsicanus)、イベリアノウサギ(L. granatensis)、および中央アジアに棲むトライノウサギ(L. tolai)は同じ種と考えられていたが、今では別々の種として区別されることが多い。

亜種[編集]

アフリカには、以下の12の亜種が存在する[4]

ギャラリー[編集]

参照文献[編集]

  • Mills, Gus; Hes, Lex (1997). Säugetiere des Südlichen Afrikas - Eine illustrierte Enzyklopädie. Köln: Könemann Verlag. ISBN 3-8290-3610-8. 

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Drew, C., O'Donovan, D., Simkins, G., Al Dosary, M., Al Khaldi, A.M., Mohammed, O.B., Al Nuaimi, A.S.M., Al Mutairi, M.S., Al Habhani, H.M., Sami Amr, Z., Qarqas, M. & Abu Baker, M.A. (2008年). "Lepus capensis". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3. International Union for Conservation of Nature.
  2. ^ Mills & Hes 1997, p. 115.
  3. ^ IUCN Red List for Cape Hare”. 2012年8月14日閲覧。
  4. ^ Cape Hare”. 2012年8月14日閲覧。