ヤブノウサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤブノウサギ
Lepus europaeus (Causse Méjean, Lozère)-cropped.jpg
ヤブノウサギ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
上目 : 真主齧上目 Euarchontoglires
大目 : グリレス大目 Glires
: ウサギ目 Lagomorpha
: ウサギ科 Leporidae
: ノウサギ属 Lepus
: ヤブノウサギ L. europaeus
学名
L. europaeus Pallas1778
European Hare area.png
ヤブノウサギの分布域(濃赤色 - 在来種 赤色 - 外来種)

ヤブノウサギ学名: Lepus europaeus)は、ヨーロッパやアジアの一部に生息するウサギ目ウサギ科ノウサギ属に属する生物の一種である。英語圏ではbrown hareと呼ばれている。ノウサギ属最大の種であり、温暖な広原に適応した種である。草食性で主に草を食べるが、特に冬には補助的に小枝や芽、樹皮、農作物を食べる。天敵は猛禽類イヌ科ネコ科の動物である。天敵から速い速度で逃れるために長く強い脚と大きな鼻腔を持つ。

普段は夜行性で警戒心が強いが、春には白昼に野で追いかけ合いをしていることもある。春には興奮し時折、前脚で殴り合う形でボクシングをすることがある。これは雄同士の争いではなく、雌がつがいになる準備ができていないことを示すため、または雄の決意を測るために雌が雄を殴っているのである。雌の巣は巣穴というよりは地面の窪地にある形のものが多い。幼体は産まれてすぐに活発に活動する。繁殖期は1月から8月までで、雌は3〜4匹の子を身ごもるが、一年に出産できるのは3匹までである。

種小名europaeusラテン語で「ヨーロッパの」の意である。

分類・遺伝[編集]

ヤブノウサギの分類学的な記載は、1778年にドイツの動物学者ペーター・ジーモン・パラスによって行われた[2]。属名のLepusラテン語で野ウサギを意味し、他に31種を含む[3][4]。 ノウサギ属は長い脚と広い鼻孔、そして生まれてすぐ行動できる(早成性)といった特徴で他のウサギ科の動物と区別される[5]。ヨーロッパに生息する種には他にコルシカノウサギグラナダノウサギなどがあり、これらはヤブノウサギの亜種とされたこともあるが、DNAシークエンシング形態学的な分析では別種であることが支持されている[6][7]

ヤブノウサギとケープノウサギが同種であるかどうかについては議論がある。 核遺伝子プールを用いた研究では、2種は同種であることが示唆されたが[8]、一方でミトコンドリアDNAの研究では別種とみなしてよいほど遺伝的差異があるとされた。 [9] 2008年の研究では、ノウサギ属では急速な進化のため、ミトコンドリアDNAだけではなく核遺伝子プールも踏まえて種を定めるべきであるとされている。2種の遺伝的な違いは種分化というよりも地理的な分断によっている可能性がある。近東では遺伝子流動が原因で中間型が見られると考えられている[10]。別の2008年の研究では、種複合体になっているかを結論付けるにはさらなる研究が必要であるとしており[11]、反証が出るまではヤブノウサギ1種として扱われる[1]

分岐分類学的研究では、現在のヤブノウサギは更新世最終氷期イタリア半島バルカン半島小アジアにいたヤブノウサギの子孫とされる。中央ヨーロッパへの進出は人類による環境変化によって始まったと考えられている[12]。現在の集団では遺伝的多様性が高く、近親交配の兆候は見られない。遺伝子流動は雄に対してより大きいが、集団は母系的に構成されている。遺伝的多様性はドイツのノルトライン=ヴェストファーレンで特に高いが、遺伝子流動の制限によって孤立した集団内での遺伝的多様性が減少する可能性がある。[13]

特徴[編集]

Skull of a hare
頭蓋骨

他のウサギ属と同様に陸生の速く走ることのできる哺乳類である。頭の比較的高い位置に目があり、長い耳と柔軟な首を持つ。歯は絶え間なく成長し、手前側の門歯は植物を噛むために発達しているが、奥の門歯はクギのような形をしているものの働きはない。門歯と奥歯は間隔が空いており、奥歯は植物を咀嚼するのに特化している。[14][15] 広原を速く走るために脚の筋肉質は発達し、[5][16]鼻腔は広く、心臓も大きい。[5]ウサギ科の中で最大種であり、頭から尻尾までの長さはIts 60〜75cmでうち尻尾の長さは7.2〜11cmである。体重は普通、3〜5kgである。[17] 耳の長さは9.4〜11.0cmで後脚は14〜16cm[18] 背中の毛皮は長い巻き毛で白黒の毛が混じった黄色がかった茶色である。肩や脚、首、のどは赤褐色である。腹側は白色で、尻尾と耳の先端も白色である。[18][5]しかし、冬に毛は、完全に白色にはならない。[18]しかし、頭部は白色になりやすく、尾部は灰色になることもある。[5]

生息地[編集]

Feldhase, Lepus europaeus 3a.JPG

ヨーロッパ大陸部やアジアの一部に在来している。生息地はスペインの北部からスカンディナヴィア半島南部、シベリアにまで広がる。[5] ブリテン島には約2000年前頃に持ち込まれたとされる。この頃には、地中海の島々にも持ち込まれたと推定されている。[19] ジビエのための狩猟動物として,アメリカ合衆国オンタリオ州ニューヨーク州、南アメリカの南部、オーストラリアニュージーランドなど生息地以外に持ち込まれた地域もある。 [5][18][20] 本来、ノウサギは広野に小枝などで巣を作るが、農耕地にも巣を作ることがある。 [5] チェコでなされた研究によれば、標高200m以下の年間で40〜60日は雪に覆われ、年降水量は450〜750mm、年平均気温10℃程度の地域に主に生息しているとされる。[21]

生態[編集]

Lepus europaeus (hiding).jpg

夜行性で、活動の3分の1は餌を探すことに使われる。[5] 日中は地面のくぼみに隠れている。時速70kmで走ることができ、捕食者に遭遇した時は広野に逃げ込む。また集団で行動をしており、300haの行動圏内では他のウサギの縄張りに他のウサギが入り込むことはない。視覚的な合図の動作でコミュニケーションを取っている。例えば、片耳をあげて、もう片耳は立っていないときは、相手に近づかないよう警告している。他のウサギと戦う時は前脚を叩きつける。一方で、後ろ脚は捕食者を仲間に伝えるために使われる。傷ついた時や恐怖を感じた時は金切り声をあげ、雌が子どもを呼び寄せる時は喉から声を出す。[18] 寿命は12年である。[1]

食性[編集]

Photograph of a group of feeding hares

草食性であり、普段は野草を探し求めるが、農作物を食べることもある。 [1]春から夏にかけては豆類クローバーヒナゲシも食することがある。[22][18] 秋から冬にかけては冬小麦を好むが、テンサイニンジンも好むため、これらの農作物は狩猟の際に使われる。[22] 冬の間は小枝や芽、低木の樹皮を食べる。[18] なお、粗繊維質食べ物より高い栄養価の食べ物を好むが、穀物はあまり好まない。[23] 小枝を食べる時は、維管束組織内の水溶性の炭水化物にたどりつくため、樹皮を剥ぐ。[24] また、時折食糞を行い、未消化のタンパク質やビタミンを摂取する。[17]

Photograph of fecal pellets
ヤブノウサギの糞

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Smith, A.T.; Johnston, C.H. (2008). Lepus europaeus. The IUCN Red List of Threatened Species (IUCN) 2008: e.T41280A10430693. doi:10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T41280A10430693.en. http://oldredlist.iucnredlist.org/details/41280/0 2017年12月23日閲覧。. 
  2. ^ Pallas, Peter Simon (1778) (Latin). Novae Species Quadrupedum e Glirium Ordine. Erlanger: Wolfgangi Waltheri. p. 30. https://www.biodiversitylibrary.org/page/15494839. 
  3. ^ Lepus”. Online Etymology Dictionary. 2016年9月15日閲覧。
  4. ^ Hoffman, R.S.; Smith, A.T. (2005). "Genus Lepus". In Wilson, D.E.; Reeder, D.M. Mammal Species of the World: A Taxonomic and Geographic Reference (3rd ed.). Johns Hopkins University Press. pp. 195–205. ISBN 978-0-8018-8221-0. OCLC 62265494.
  5. ^ a b c d e f g h i Chapman, Joseph A.; Flux, John E. C. (1990). Rabbits, Hares and Pikas: Status Survey and Conservation Action Plan. IUCN. pp. 62, 76–78. ISBN 978-2-8317-0019-9. https://books.google.com/books?id=Q994k86i0zYC&pg=PA76. 
  6. ^ Palacios, F. (1989). “Biometric and morphologic features of the species of the genus Lepus in Spain”. Mammalia 53 (2): 227–264. doi:10.1515/mamm.1989.53.2.227. 
  7. ^ Riga, F.; Trocchi, V.; Randi, E.; Toso, S. (2001). “Morphometric differentiation between the Italian hare (Lepus corsicanus De Winton, 1898) and the European brown hare (Lepus europaeus Pallas, 1778)”. Journal of Zoology 253 (2): 241–252. doi:10.1017/S0952836901000218. 
  8. ^ Ben Slimen, H.; Suchentrunk, F.; Memmi, A.; Ben Ammar Elgaaied, A. (2005). “Biochemical genetic relationships among Tunisian hares (Lepus sp.), South African Cape hares (L. capensis), and European brown hares (L. europaeus)”. Biochemical Genetics 43 (11–12): 577–596. doi:10.1007/s10528-005-9115-6. PMID 16382363. 
  9. ^ Ben Slimen, H.; Suchentrunk, F.; Memmi, A.; Sert, H.; Kryger, U.; Alves, P. C.; Elgaaied, A. B. A. (2006). “Evolutionary relationships among hares from North Africa (Lepus sp. or Lepus spp.), Cape Hares (L. capensis) from South Africa, and brown hares (L. europaeus), as inferred from mtDNA PCR-RFLP and allozyme data”. Journal of Zoological Systematics and Evolutionary Research 44 (1): 88–99. doi:10.1111/j.1439-0469.2005.00345.x. 
  10. ^ Ben Slimen, H.; Suchentrunk, F.; Ben Ammar Elgaaied, A. (2008). “On shortcomings of using mtDNA sequence divergence for the systematics of hares (genus Lepus): An example from Cape hares”. Mammalian Biology 73 (1): 25–32. doi:10.1016/j.mambio.2007.02.003. 
  11. ^ Ben Slimen, H.; Suchentrunk, F.; Stamatis, C.; Mamuris, Z.; Sert, H.; Alves, P. C.; Kryger, U.; Shahin, A. B. et al. (2008). “Population genetics of Cape and brown hares (Lepus capensis and L. europaeus): A test of Petter's hypothesis of conspecificity”. Biochemical Systematics and Ecology 36 (1): 22–39. doi:10.1016/j.bse.2007.06.014. 
  12. ^ Fickel, J.; Hauffe, H. C.; Pecchioli, E.; Soriguer, R.; Vapa, L.; Pitra, C. (2008). “Cladogenesis of the European brown hare (Lepus europaeus Pallas, 1778)”. European Journal of Wildlife Research 54 (3): 495–510. doi:10.1007/s10344-008-0175-x. http://digital.csic.es/bitstream/10261/62899/1/european.pdf. 
  13. ^ Fickel, J.; Schmidt, A.; Putze, M.; Spittler, H.; Ludwig, A.; Streich, W. J.; Pitra, C. (2005). “Genetic structure of populations of European brown hare: Implications for management”. Journal of Wildlife Management 69 (2): 760–770. doi:10.2193/0022-541X(2005)069[0760:GSOPOE]2.0.CO;2. 
  14. ^ Alves, Paulo C.; Ferrand, Nuno; Hackländer, Klaus (2007). Lagomorph Biology: Evolution, Ecology, and Conservation. Springer Science & Business Media. p. 1. ISBN 978-3-540-72446-9. https://books.google.com/books?id=9d8_AAAAQBAJ&pg=PA1. 
  15. ^ Michael Leach (2008). Hare. The Rosen Publishing Group. p. 4. ISBN 978-1-4358-4997-6. https://books.google.com/books?id=FMPD-1kTN1YC&pg=PA4. 
  16. ^ Schnurr, D. L.; Thomas, V. G. (1984). “Histochemical properties of locomotory muscles of European hares and cottontail rabbits”. Canadian Journal of Zoology 62 (11): 2157–2163. doi:10.1139/z84-313. 
  17. ^ a b Lepus europaeus European hare”. Animal Diversity. University of Michigan. 2011年5月11日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g Naughton, D. (2012). The Natural History of Canadian Mammals. University of Toronto Press. pp. 235–238. ISBN 1-4426-4483-4. 
  19. ^ Corbet, G. B. (1986). “Relationships and origins of the European lagomorphs”. Mammal Review 16 (3–4): 105–110. doi:10.1111/j.1365-2907.1986.tb00029.x. 
  20. ^ Bonino, N. A.; Cossios, D.; Menegheti, J. (2010). “Dispersal of the European hare, Lepus europaeus in South America”. Folia Zoologica Praha 59 (1): 9–15. http://www.ivb.cz/folia_zoologica/archive/59_9-15.pdf. 
  21. ^ Pikula, J.; Beklová, M.; Holešovská, Z.; Treml, F. (2004). “Ecology of European brown hare and distribution of natural foci of Tularaemia in the Czech Republic”. Acta Veterinaria Brno 73 (2): 267–273. doi:10.2754/avb200473020267. 
  22. ^ a b Reichlin, T.; Klansek, E.; Hackländer, K. (2006). “Diet selection by hares (Lepus europaeus) in arable land and its implications for habitat management”. European Journal of Wildlife Research 52 (2): 109–118. doi:10.1007/s10344-005-0013-3. https://www.researchgate.net/profile/Thomas_Reichlin/publication/225809353_Diet_selection_by_hares_(_Lepus_europaeus_)_in_arable_land_and_its_implications_for_habitat_management/links/09e415064550c7c1f0000000.pdf. 
  23. ^ Schai-Braun, S.C.; Reichlin, T. S.; Ruf, T.; Klansek, E.; Tataruch, F.; Arnold, W.; Hackländer, K. (2015). “The European hare (Lepus europaeus): A picky herbivore searching for plant parts rich in fat”. PLoS ONE 10 (7): e0134278. doi:10.1371/journal.pone.0134278. PMC: 4521881. PMID 26230115. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4521881/. 
  24. ^ Stott, P. (2008). “Comparisons of digestive function between the European hare (Lepus europaeus) and the European rabbit (Oryctolagus cuniculus): Mastication, gut passage, and digestibility”. Mammalian Biology - Zeitschrift für Säugetierkunde 73 (4): 276–286. doi:10.1016/j.mambio.2007.07.002.