ケニアの地方行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ここでは、ケニアの地方行政について述べる。

概要[編集]

ケニアは独立以来、8州(mikoa, Province)の下に71の県 (wilaya'at, District) 、262の郡/地区 (tarafa, Division) に分割されており、中央集権体制であった。しかし、2010年の国民投票によって新憲法が制定され、州を解体して47のカウンティ(County)を新たに設置し、カウンティ政府法によってカウンティの下にはサブ・カウンティ(sub-county)、区(ward)、村(village)という区画が設置された[1]
カウンティ政府は中央政府より多くの権限が渡され、旧行政区画や中央より予算・職員も配置、異動された。 また、2013年以前までは行政区画とはまた別に言語別区分の選挙区が置かれていたが、今後はサブ・カウンティが選挙区となる。

2013年以降[編集]

ケニアのカウンティ。

ケニアには47のカウンティCounty)とサブ・カウンティ(Sub-County)が設置されており、地方自治を担当する。
なお、サブ・カウンティは旧行政区画の県との領域が一致するところが多い。

2013年以前[編集]

ケニアの州区分。
ケニアの郡区/地区の区分。

再編成前は9のと71のDistrict)、262の郡区/地区(Division)が設置されていた。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ ケニアで地方分権始まる