グンナイフウロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グンナイフウロ
Geranium eriostemon var. reinii 1.JPG
福島県磐梯山 2010年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: フウロソウ目 Geraniales
: フウロソウ科 Geraniaceae
: フウロソウ属 Geranium
: グンナイフウロ
G. eriostemon var. reinii
学名
Geranium eriostemon Fisch. ex DC. var. reinii (Franch. et Sav.) Maxim.
シノニム

Geranium onoei Franch. et Sav. var. onoei f. onoei

和名
グンナイフウロ(郡内風露)

グンナイフウロ(郡内風露、学名:Geranium eriostemon var. reinii)はフウロソウ科フウロソウ属に分類される多年草。別名、イブキグンナイフウロ

特徴[編集]

は高さ30-50cmになり、茎と葉柄に開出するあらい毛と腺毛が生える。長い葉柄をもつ根出葉は多数あり、茎につくの下部は互生するが、最上部の葉は対生する。葉は掌状に5-7深裂し、裂片はさらに3浅裂し、小裂片には大きな鋸歯がある。葉身は幅5-12cmになり、両面に開出毛が密生する。托葉は長さ8mmになり、膜質で褐色。

花期は6-8月。は径2.5-3cmの5弁花で、花の色は紅紫色であるが変異が多い。茎の先端に10数個が集散状につき、やや下向きから横向きに咲く。萼片は長さ7-8mmになり、萼片のほか花柄、小花柄には、開出する腺毛が生える。雄蕊は10個、雄性先熟花柱花粉が散布された後に開く。果実蒴果となり、花柱分枝を含めた長さは3-3.5cmになる。花時に横に傾いていた小花柄は、果時には直立する。

分布と生育環境[編集]

北海道西部、本州の磐梯山から伊吹山に分布し、低山帯から高山帯の開けた草地に生育する。

和名のグンナイは「郡内」で、山梨県南東部にある都留郡(現在の北都留郡南都留郡)に由来する。

ギャラリー[編集]

茎葉は、最上部以外は互生する。 
直立した蒴果。 

下位分類[編集]

参考文献[編集]