グリーンハウス (映画館)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グリーンハウス
Green House
種類 事業場
本店所在地 日本の旗 日本
山形県酒田市中町2丁目5番33号
設立 1949年5月17日
業種 サービス業
事業内容 映画の興行
関係する人物 佐藤久一(初代館主)
特記事項:1976年10月29日焼失。
テンプレートを表示

グリーンハウス(Green House)は、山形県酒田市中町二丁目にあった映画館

1949年5月17日に開館、洋画専門館として約27年半にわたって酒田地区における文化の中心的な存在であったが、1976年10月29日酒田大火の火元となり、そのまま閉館する。電気系統のショートが原因と見られるが出火原因は公式には不明扱いである。

略歴・概要[編集]

初代館主の佐藤久一は、酒田市に本社を置く酒造メーカー「東北銘醸株式会社」の創業者・佐藤久吉の長男として1930年昭和5年)に生まれた。この時、祖父となった佐藤三五郎はこれを記念し、清酒『初孫』を発売。現在も同社の看板商品として親しまれている[1]

1949年(昭和24年)5月17日、ダンスホールの跡地を久吉が500席の映画館『グリーンハウス』に改修。翌1950年(昭和25年)、久一は大学を中退し同館の館主となる[1]。当時の酒田市内には、酒田港座と中央座が戦前から存在しており、1955年(昭和30年)7月23日には洋画と新東宝系の作品を扱うシバタ映画劇場が開業。また、日活封切館だった日活酒田劇場も存在していた[2]

1960年(昭和35年)6月11日には、アラン・ドロン主演の映画『太陽がいっぱい』が日比谷スカラ座(現:TOHOシネマズスカラ座)と同日封切し話題となる[1]。大スクリーンのほかに、1962年には小劇場「シネサロン」や少人数の貸切用「家族室」を設置するなど、先進的な取り組みを行った映画館として知られており、映画評論家淀川長治も雑誌『週刊朝日』において絶賛した。

1964年(昭和39年)、久一はグリーンハウスを退職し、3年後の1967年(昭和42年)、レストランのオーナーに転職。久一の退社後も同館は洋画ロードショー館として営業を続け、1975年(昭和50年)にはスティーヴン・スピルバーグ監督の『ジョーズ』が大ヒットしたものの[1]1976年(昭和51年)10月29日、同館のボイラー室から出火。死者1名・被災者3300名を出す惨事の影響もあってか、同館は再開することなく廃業となった。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 佐藤久一さんのこと(前編)”. 庄内系イタリア人のあるもん探しの旅 (2008年3月16日). 2013年9月3日閲覧。
  2. ^ 昭和32年の山形県の映画館”. 中原行夫の部屋(原資料「キネマ旬報」). 2013年9月3日閲覧。

関連書籍[編集]

  • 岡田芳郎『世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか』講談社 ISBN 978-4062143608

外部リンク[編集]