佐藤久一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐藤 久一(さとう きゅういち、1930年1月5日 - 1997年1月23日[1])は、山形県酒田市生まれの実業家。酒田商業に入学後、酒田中学校に編入学。日本大学芸術学部中退。

人物・来歴[編集]

父、久吉は日本酒醸造元「金久(かなきゅう)酒造」を経営、市議会議長商工会会頭などを歴任、テニスの振興に尽力するなど、名家の主として知られる。

久一は、大学中退後、20歳で映画館「グリーンハウス」支配人に就任。洋画専門館として名を馳せる。淀川長治荻昌弘が羨んだという映画館だった。 1964年には映画館の職を辞して、上京、日生劇場に勤務。同劇場の劇場課、のち食堂課に勤務。1967年8月、父、久吉の求めで酒田に戻り、以後、「レストラン欅」、「ル・ポットフー」の支配人として活躍。地方都市には珍しいフランス料理の名店として、著名な食通達の間で評判を博す。この店の味を絶賛した著名人には、開高健丸谷才一山口瞳らがいる[2]。1993年1月、「ル・ポットフー」を退職。1997年1月、食道癌で亡くなる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]