グリーゼ357

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グリーゼ357
Gliese 357
星座 うみへび座[1][2]
視等級 (V) 10.906[3]
分類 赤色矮星[3]
高速度星[3]
位置
元期:J2000.0[3]
赤経 (RA, α) 09h 36m 01.6372518187s[3]
赤緯 (Dec, δ) -21° 39′ 38.878281901″[3]
赤方偏移 -0.000115[3]
視線速度 (Rv) -34.58 km/s[3]
固有運動 (μ) 赤経: 138.694 ミリ秒/[3]
赤緯: -990.311 ミリ秒/年[3]
年周視差 (π) 105.8830 ± 0.0569ミリ秒[3]
(誤差0.1%)
距離 30.8 ± 0.02 光年[注 1]
(9.444 ± 0.005 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 11.0[注 2]
軌道要素と性質
惑星の数 3
物理的性質
半径 0.337 ± 0.015 R[4]
質量 0.342 ± 0.011 M[4]
表面重力 4.94 ± 0.07 (log g)[4]
自転速度 <2.0 km/s[4]
スペクトル分類 M2.5V[3][4]
光度 0.01591 ± 0.00036 L[4]
表面温度 3,505 ± 51 K[4]
金属量[Fe/H] -0.12 ± 0.16[4]
別名称
別名称
Gaia DR2 5664814198431308288[3]
GJ 357[3]
HIP 47103[3]
LTT 3534[3]
TIC 413248763[4]
TOI-562[4]
2MASS J09360161-2139371[3]
Template (ノート 解説) ■Project

グリーゼ357英語: Gliese 357)もしくはGJ 357とは、地球からうみへび座の方向に約31光年離れた位置にある11等級の赤色矮星である。

特徴[編集]

大きさの比較
太陽 グリーゼ357
太陽 Exoplanet

グリーゼ357はスペクトル分類M2.5V型に分類される普遍的な赤色矮星の一つで、太陽の約3分の1ほどの質量半径を持つ[3][4][5]。表面温度は約3,500 Kほどしかなく、光度も太陽の約1.6%ほどしかない[4]天球上での固有運動が大きい「高速度星」に分類される[3]。後述する太陽系外惑星探査機TESSの観測対象で、惑星が存在する可能性が示されたため、「TIC 413248763」や「TOI-562」というTESSの任務内における仮符号が割り振られている[3][4]

惑星系[編集]

グリーゼ357系の惑星の軌道

NASAが打ち上げた太陽系外惑星探査機トランジット系外惑星探索衛星(TESS)によるトランジット法の観測と、ラスカンパナス天文台ケック天文台などによる1998年からのドップラー分光法での観測記録を照らし合わせた結果、2019年にグリーゼ357の周囲を3つの惑星が公転していることが確認された[1][2][4][5][6]。発見された惑星は内側から順にグリーゼ357b(TOI-562.01)、グリーゼ357c(TOI-562.02)、グリーゼ357d(TOI-562.03)と命名されている[4]

これらの惑星はいずれも地球より大きな質量を持つスーパー・アースとされている[5]。3つのうち、TESSによってトランジットが観測されたのは最も内側を公転するグリーゼ357bのみで、残る2つはグリーゼ357bに対して軌道が傾いており、発見論文が公表された時点ではトランジットは確認されておらず[1][4]、トランジットが起きるか否かも判明していない[6]。したがって、この2つの惑星の半径や組成といった特性は知られていない。

唯一トランジットが確認されているグリーゼ357bは地球の1.2倍の半径と1.8倍の質量を持つが、地球よりも約12倍多くの放射を主星から受けている事から[6]、表面の温度は525 K(252 )と推定されており[4]、研究チームはこの惑星を「ホット・アース(Hot earth)」と呼称している[1][2]。グリーゼ357cとグリーゼ357dは少なくともそれぞれ地球の3.4倍と6.1倍の質量を持ち、地球と同じ岩石で構成されたと仮定すると、地球と同程度から2倍の半径を持つと予想されている[1]。グリーゼ357dはグリーゼ357のハビタブルゾーンの外縁付近を公転しており[2]温室効果などの影響を考慮しない場合の表面の温度は219.6 K(-53.6 ℃)とされ[4]、表面に大気が存在していれば液体が存在できる可能性がある。そのため、NASAはグリーゼ357dを「有望な世界(Promising world)」と表現している[2]。グリーゼ357dのトランジットが観測されれば、地球に最も近い潜在的に居住可能な惑星になるとされる[6]

グリーゼ357の惑星[4]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b 1.84 ± 0.31 M 0.035 ± 0.002 3.93072+0.00008
−0.00006
0.04+0.23
−0.04
[7]
89.12+0.37
−0.31
°
1.217+0.084
−0.083
 R
c ≥3.40 ± 0.46 M 0.061 ± 0.004 9.1247+0.0011
−0.0010
0.02+0.21
−0.02
[7]
d ≥6.1 ± 1.0 M 0.204 ± 0.004 55.661 ± 0.055 0.03+0.20
−0.03
[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 松村武宏 (2019年8月2日). “次々に見つかる系外惑星。「GJ 357 d」には液体の水が存在するかも”. sorae.info. 2019年8月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e Confirmation of Toasty TESS Planet Leads to Surprising Find of Promising World”. NASA (2019年7月31日). 2019年8月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Results for L678-39”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2019年8月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Luque, R.; Pallé, E.; Kossakowski, D. et al. (2019). “Planetary system around the nearby M dwarf GJ 357 including a transiting, hot, Earth-sized planet optimal for atmospheric characterization”. Astronomy and Astrophysics 628: 18. arXiv:1904.12818. Bibcode2019A&A...628A..39L. doi:10.1051/0004-6361/201935801. https://www.aanda.org/articles/aa/abs/2019/08/aa35801-19/aa35801-19.html. 
  5. ^ a b c 地球から31光年に3つの系外惑星、生命存在可能な圏内にも”. cnn.co.jp (2019年8月2日). 2019年8月4日閲覧。
  6. ^ a b c d The Habitability of GJ 357 d: Possible Climates and Observability”. astrobiology.com (2019年7月31日). 2019年8月12日閲覧。
  7. ^ a b c Tuomi, M.; Jones, H. R. A.; Butler, R. P. (2019年). “Frequency of planets orbiting M dwarfs in the Solar neighbourhood”. arXiv:1906.04644v2 [astro-ph.EP]. Bibcode2019arXiv190604644T. 

外部リンク[編集]