グリゴリー・ネウイミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グリゴリー・ニコラエヴィチ・ネウイミンロシア語Григорий Николаевич Неуймин1866年1月3日1946年2月17日)はソビエト連邦天文学者小惑星の発見者。共同発見も含めると実に74個もの小惑星を発見している。(762) プルコヴァ、(951) ガスプラの発見で有名。

また、彼は周期彗星も多く発見している(25D/ネウイミン第2彗星、28P/ネウイミン第1彗星、42P/ネウイミン第3彗星、57P/デュトワ・ネウイミン・デルポルト彗星、58P/ジャクソン・ネウイミン彗星)。

彼の名を称えて (1129) ネウイミナという小惑星もある。

人物・来歴[編集]

ロシア帝国チフリス県ロシア語版時代のトビリシ出身。1910年サンクトペテルブルク大学を卒業し、プルコヴォ天文台へ所属。

ロシア天文学会ロシア語版英語版から同学会賞を、太平洋天文学会英語版ロシア語版からメダルを6つ授与されている。また、1945年6月10日にソ連から労働赤旗勲章を授与されている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]