グラディウスV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グラディウスV
ジャンル 横スクロールシューティング
対応機種 PlayStation 2[PS2]
ゲームアーカイブス[GA](PS3のみ)
開発元 トレジャー
G.rev
KCE東京
発売元 コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント
デザイナー 井内ひろし
音楽 崎元仁
人数 1 - 2人同時プレイ
メディア [PS2]CD-ROM
発売日 2004年7月22日(日本版)
2004年9月14日(北米版)
2004年10月8日(欧州版)
2015年4月15日(GA版)
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRB: Teen
PEGI: 3+
OFLC: G
テンプレートを表示

グラディウスV』(グラディウスファイブ、GRADIUS V)は、2004年7月22日に発売されたPlayStation 2シューティングゲームである。

概要[編集]

コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)の横スクロールシューティングゲームグラディウス』シリーズのひとつ。開発を担当したのは、元コナミ社員によって設立された株式会社トレジャー。同社のオリジナルシューティング『斑鳩』の開発チームによって製作された。また、元タイトー社員によって構成されたG.revも製作に協力している。パッケージアートはイラストレーターの天神英貴が手がけた。

従来アーケードシリーズが背負ってきたメジャーナンバーを家庭用オリジナルながらにして継承した本作は、「未知なる領域へ」をキャッチコピーに掲げ、操作面での新フィーチャー「オプション操作」を重点に置いた構成により従来のテイストを残しつつも新しい『グラディウス』のスタイルを提唱した。

本作は北米のゲーム・オブ・ザ・イヤー2004において「PS2ベストシューティング賞」と「ゲーム・オブ・ザ・イヤー第6位」を受賞した。

特徴[編集]

これまでのシリーズ作品と比べ、システム面やステージ構成面、そして演出面などに積極的に変更が加えられている。中でも大きな変更は「オプション・コントロール」の導入であり、これによって従来のオプションを使った戦略をさらに拡張している。また、弾幕系シューティングの要素が取り入れられている。具体的には自機の当たり判定が大幅に縮小(約1ドット)されており、敵弾の速度が比較的遅いといったことから、敵の攻撃が回避しやすくなっている。従来シリーズでは基本であった、2連射できるノーマルショットは4連射まで強化されている。また、シリーズの定番要素であったモアイは登場しない。

こうした変化はあるものの、プレイを重ねて攻略を組み立てるスタンスは不変である。難易度設定やコンティニューも備えられており、その場復活などといったシリーズ初心者への救済措置も用意されている。

一部箇所ではシリーズ初となる「ステージ中のデモムービー」が挿入される。BGM作曲は崎元仁が担当。従来シリーズとは異なり、オーケストラとブレイクビーツ、アナログ風シンセサイザー音の融合が全体的な特色。またグラディウスシリーズや『沙羅曼蛇』などのボス戦で使用された楽曲も崎元によって編曲され使用されている。

ストーリー[編集]

美しい青き惑星グラディウス。この星は過去、幾度にも渡る亜時空星団バクテリアンの侵略を退けてきた。しかし、滅びたかに思われたバクテリアンは闇の深遠にて密かに増殖・進化し続け、新種のバクテリアン細胞が誕生していたのであった。

グラディウス暦8010年、対沙羅曼蛇戦で確認された巨大な眼球状の生命体「ゼロスフォース」を初めとするバクテリアン軍が突如としてグラディウス衛星軌道上にワープアウトし、宇宙ステーションが襲撃された。これに対しグラディウス軍は直ちに反攻作戦を開始、かつて幾度もバクテリアンとの戦いを潜り抜けてきた超時空戦闘機「ビックバイパー T301」にも出撃命令が下った。

ゲームシステム[編集]

オプション操作[編集]

本作の最も特徴的なシステム。「オプション操作ボタン」を押すことで各オプションのタイプに応じて特殊な操作を行うことができる。

オプションのタイプと特殊操作は以下のとおり。

フリーズ/FREEZE
通常はオプションが自機をトレースし、操作ボタンを押している間はオプション陣形を固定させたまま自機を移動させることができる。
ディレクション/DIRECTION
オプションは自機をトレースし、操作ボタンを押しながら方向キーを動かすことでオプションの攻撃方向を変えることができる。攻撃方向を変えている時は、自機およびオプションは動かない。
スペーシング/SPACING
自機の上下にオプションが装備され、操作ボタンを押すことでオプションの間隔を変更できる。押す度に間隔の拡大 / 縮小が切り替わる。同社のサンダークロスのオプションに近い。
ローテート/ROTATE
通常はオプションが自機をトレースし、操作ボタンを押している間オプションが自機の周りを回転する。押す度に回転方向が切り替わる。オプションの回転機能そのものは、以前よりコンシューマー版独自の要素として存在していたが、回転方向の切り替えは本作が初。

ゲーム進行[編集]

復活方式はその場で即座に復活する、いわゆる「沙羅曼蛇タイプ(その場復活)」が採用されている。自機が破壊された場合は、オプションが前方に飛び散り、復活時に再取得が可能。

また、従来のグラディウスシリーズ同様にミスすると最後に通過したチェックポイントからやり直しになる、いわゆる「グラディウスタイプ(戻り復活)」を選択することも可能。戻り復活にした場合のチェックポイント(復活ポイント)の間隔はステージ構成同様若干長め。

二人同時プレイ[編集]

本作では『沙羅曼蛇』などに採用されていた2人同時プレイも可能になっている。2人同時プレイ時は左側に1Pのプレイ情報、右側に2Pのプレイ情報が表示される。1P側の自機が青系の配色がなされているのに対し、2P側の自機やパワーメーターは赤系の配色がなされているが性能的に差異はなく、2P側の自機の名前も「ロードブリティッシュ」ではなくあくまで「ビックバイパー T301」である。

オプションの搭載数は2人あわせて4つまでであり、一方が4つのオプションを装備すると、もう一方はオプションを装備できなくなる。一方がミスした場合は所有者のなくなったオプションに接触することでオプションを奪うことが出来る。『グラディウス外伝』と違いオプションのパワーアップで相手のオプションを奪うことは出来ない。

パワーアップ[編集]

パワーアップシステムについてはグラディウスシリーズ#パワーアップを参照。

初期選択できる4タイプ[編集]

各パワーアップゲージはオプションのタイプに応じた味付けがなされている。

カプセル数 SPEEDUP MISSILE DOUBLE LASER OPTION  ?
タイプ1 スピードアップ ノーマルミサイル ダブル レーザー オプション(フリーズ) フォースフィールド
タイプ2 スピードアップ 2-Wayミサイル テイルガン レーザー オプション(ディレクション) フォースフィールド
タイプ3 スピードアップ イーグルウィンド テイルガン レーザー オプション(スペーシング) フォースフィールド
タイプ4 スピードアップ 2-Wayバック ダブル レーザー オプション(ローテート) フォースフィールド
  • スピードアップ/SPEED UP- 自機の移動スピードが1段階上昇する。5速までスピードアップ可能。最高速度になるとSPEED UPがINIT SPEED(イニシャルスピード:初速)となり、0速に減速できるようになる。
  • ミサイル(MISSILE)- 通常ショットの他に、サブ兵装のミサイルが発射できるようになる。4タイプそれぞれ性能は異なるが、弱体化されると共にショットが大幅に強化されたので補助武装としての意味合いが強くなっている。
    • ミサイル/MISSILE - 地面を滑走するミサイルを下に発射する。
    • 2-Wayミサイル/2-WAYMISSILE- 地面を滑走しないミサイルを上下に発射する。
    • イーグルウィンド/EAGLEWIND - 上下どちらかの自機(オプション)に近いほうにミサイルを発射する。
    • 2-Wayバック/2-WAYBACE - 後方に2-Wayミサイルを発射する。
  • ダブル(DOUBLE)- メインショットの他の方向にもショットを発射できるようになる。従来は広い範囲を攻撃するための補助武装であったが、ショットが強化された今作ではオプションをボスのコアに重ねるなどして攻撃力を高めるような使い方もされる。それぞれの方向へ2連射することが可能。レーザー系とは併用不可。
    • ダブル/DOUBLE - 自機前と、斜め上の2方向へショットを発射。
    • テイルガン/TAILGUN - 自機の前後を攻撃するショット。オプションがなくとも後方をカバーできる唯一の武装。
  • レーザー/LASER - メインショットが敵を貫通するレーザーになる。本作ではプリセット装備がレーザーで統一されているが、オプションタイプの違いによってレーザーの使用感覚は大きく変わってくる。ダブル系とは併用不可。また以下の特徴はオプションが発射するレーザーのみに適用され、本体はオプションタイプにかかわらず同じレーザーである。
    • 自機からのレーザー及びフリーズ、スペーシングではこれまでの作品同様、途切れるが自機の上下方向の移動に追従するレーザーを発射する。一方ディレクション、ローテートは上下方向への追従はせずにムチのようにしなり、途切れない。どのレーザーも前三作(『II』から『IV』まで)に比べると一律して高い性能を持つ。
  • オプション/OPTION - 自機を追従して移動、自機と連動して攻撃する赤い球体。詳細はオプション操作項目参照。
  • フォースフィールド/FORCEFIELD - 自機全体を守るバリア。耐久値は3発。当たり判定が通常の状態よりも半径1ドット分増加する。

エディットモード[編集]

なお、パワーアップは一定条件を満たすことにより、自分の好みに応じて装備を変更できるエディットモードが出現する。
エディットモードには通常時に選択可能な4タイプの装備以外に、過去に登場した装備が複数追加されている。

  • ミサイル
    • スプレッドボム - 着弾時に巨大な爆発を伴う、破壊力が高いミサイル。『II』以降でお馴染みのミサイルだが、従来と比べ軌道が大きく変わっており、自機のほぼ真下へ投下される。
    • フォトントゥーピド - 真下に投下され、砲台などのザコ敵を貫通できるミサイル。スプレッドボム同様、過去作で馴染み深い兵器の一つ。
    • フライングトゥーピド - ミサイルボタンを押している間上下に広がり、ボタンを放したり、地形と接触すると前進するミサイル。『IV』の6番装備として登場したもの。
  • ダブル
    • ヴァーティカル - 前と真上の二方向に攻撃するダブル。『III』に登場。
    • フリーウェイ - 前と、十字キーを入れた方向の二方向に攻撃するダブル。同じく『III』に登場。今作では方向指定が緩やかになったことで、360度に攻撃出来るようになった。
    • スプレッドガン - 前方斜め二方向に拡散するショット。発射角は自機正面を中心に45°で、真正面を攻撃できなくなっている。IIIにもエディット専用として登場していた。
  • レーザー - 通常レーザー以外は、オプションタイプによる仕様の変化を受けない。
    • リップルレーザー - 威力より攻撃範囲を重視した、レーザーと対をなす兵器としてシリーズお馴染みの武器。地形に食われる心配はない。
    • エナジーレーザー - チャージ能力を持つレーザー。『III』でエディット専用装備として登場。『III』のAC版とSFC版を足して割ったような性能を持ち、チャージ時間は無制限、ある程度以上まで溜めることで爆発的な威力を持つようになる。なお、チャージ中の攻撃判定はないため、敵と重なって攻撃することはできない。
    • ファイヤーブラスター - MSX版グラディウスシリーズの武器。火炎放射により自機正面のある程度の範囲を攻撃する。ショットボタンを押している限り持続し続けるのでタイプ2と4のレーザーに近い。威力が高い分、射程距離はレーザーよりも短い為、遠距離から敵を狙う事は難しい。
  • バリア
    • シールド - 自機前方に2つの盾を装着する。前方しか防御できないが、耐久力が高い。盾は耐久力が独立しており、双方とも消えない限り再装備できない。
    • メガクラッシュ - 『III』で7番目のゲージ「!」に割り当てられていた装備。発動した瞬間、画面上の敵を一掃する青カプセルと同様の効果を放つ。

ステージ構成[編集]

全8面。全体的に人工的なステージでの戦闘が多めになっている。ステージギミックはオプション操作を活かした『V』ならではの物も多い。また、1面あたりの長さがやや長めになっているのも特徴で、1周約1時間強、従来アーケードシリーズでは最長とされた『グラディウスIII -伝説から神話へ-』に匹敵する。2周目以降も永久に続いていき、段々と難易度も上昇していく(256周中難易度上昇は10周目まで)。また、伝統的に登場して来た火山とモアイは本作では登場しない。

ステージ 解説 ボス
1 惑星グラディウス衛星軌道上空 敵の数は多いものの攻撃は緩い。ビッグコアも登場する。その後の宙域は無数のゼロスフォースが占めている。ボスは1周目は逆C形の形状で登場するが、2周目以降では切れ目を埋める形で2つめのコアが配置されている。

BGMはループせず、ゲーム展開に合わせた展開となっている。

  • ビッグコアMk-I Rev.2
2 惑星グラディウス都市上空 ステージ開始にデモが入る。ここで展開されるストーリーは、物語終盤に大きく絡んでくることになる。

艦内を進む前半とボスラッシュの後半による2部構成。中盤では、壁を隔ててもう1機の自機と共闘する場面がある。

  • デス Mk-III
  • テトラン
  • ビッグコア Mk-II
  • ビッグコア Mk-IV
3 惑星グラディウス都市地下階層 ステージ2よりも狭くやや入り組んだ地形のステージ。普段はあまり意識しない後方・上方への攻撃手段がないと縦スクロールのエリアで苦労することも。ステージ後半ではビッグコアが狭い通路内を前方や後方から進んでくる。ボスも縦穴での戦闘で、地形のブロックはボスの足に触れると落下してくる。
  • グランドスパイダー
4 バクテリアン細胞中枢 細胞ステージ。大きく起伏のある地形はそれ自体が前後に動き、行く手を阻む。終盤は全面が細胞の壁で、ショットで進路を確保しつつ進むことになるが、切り崩した壁は一定時間で復元。ボスはシールドで守られている心臓で、上下4つの穴から攻撃を仕掛けてくる。
  • ヒュージハート
5 アステロイド前線基地 飛来する隕石を破壊しながら進む面。前半は動く地形エリアだが、ここでも隕石は飛来する。ボスは圧倒的弾幕で攻撃してくるため、隕石を盾にして戦うことが求められる。
  • ブラスターキャノンコア
6 バクテリアン増殖工場 地形によってかさが増えたり溢れたり、雪崩れ込んだりする緑色のゼリー体に追われる工場エリアを抜けると、自機は右向きのまま、左に進んでいくことになる。終盤は2度目のボスラッシュ。ボスのカバードコアMk-IIは週次数が進む毎にコア数が増え、最大で14個のコアを破壊しなければならない。
  • ローリングコア
  • サークルコア
  • ビッグコア Mk-III
  • カバードコア Mk-II
7 バクテリアン要塞中枢 前半が高速面、後半が要塞面という構成。空中戦の前半ではビッグコアが大量出現し、後半は処理落ちを起こすほど膨大な敵が出現する。その後の高速面は敵配置が多めだが、トリッキーな仕掛けはほとんどない。ビーコンとの戦闘を挟み、入り組んだ地形とギミックが待つ要塞面へ。
  • ビーコン
  • キーパーズコア
  • エレファントギア
8 惑星グラディウス都市上空 最終面は2面前半パートの別ルート。ストーリー的にはプレイヤーが2面で共闘した片方のビックバイパーという位置づけであるが、2面に比べると若干複雑な配置になっている。ステージ2を攻略中、もう一方の自機と近づく場所でミスしていなければ、その時のプレイが再現される。ラストボスの残り1つのコアを破壊したのち、脱出。操作不能になるまでは地形に当たるとミスになる。
  • ベノム

特典[編集]

本作には、初回生産版特典に『ビックバイパー開発史』、早期購入特典に毛利名人監修の『プレミアムDVD -OPTIONS(オプションズ)-』が用意されていた。

外部リンク[編集]