グラディウスNEO -IMPERIAL-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グラディウスNEO -IMPERIAL-』(GRADIUS NEO -IMPERIAL-)は2004年コナミ携帯電話向けサイトで公開した横スクロールシューティングゲーム。グラディウスNEOのアナザーストーリー的作品。

概要[編集]

本作はビッグコアを操作する左方向スクロールの作品となっており、グラディウスシリーズではモアイくんに次ぐスピンオフ作品と言える。ビッグコアは3種類の武装を備えているほか、普通の敵の衝突程度ではびくともしない強固さを誇っている。自機正面中央部以外には食らい判定が存在せず(普通の敵は体当たりでも排除できる)、たとえ攻撃を受けたとしてもその部分にシールドがある限り耐えることができる(ただし、シールドがない状態で正面から攻撃を受けると撃墜されその時点でゲームオーバー)。また、SOシリーズ以外ではモードを切り替えることにより、3×3の9つに分割されたエリアの中から1つにナパーム弾を打ち込むことが可能。

パワーアップも独特の物となっている。

  • スピードアップ
  • ビーム - 前方に撃つビーム砲を強化。初期状態では2連装だが、これが4連装→4連装+連射となる。
  • ミサイル - 強力なミサイルの発射数を2→4→6と増やす。
  • レーザー - 前方にレーザーを発射する。パワーアップによりレーザーが太くなる。
  • ナパーム - エリア攻撃用のナパームの連射数を増やす。SOシリーズでは強化する意味のない項目。
  • シールド - シールドを1つ回復する。シールドが減少している場合のみ取得可能。

ビーム・ミサイル・レーザーのパワーアップは同時に保持可能。


ストーリー[編集]

長期化するラーズ帝国と連合軍の戦争。帝国は過去のテクノロジーを発掘し連合軍に最終決戦を挑む構えでいたが、フォースバイパーが奪われてしまう。最終局面へ向かう戦争、しかしその中で帝国に離反者が現れる。彼は帝国が開発を進めていたビッグコア・カスタムを奪い、帝国領を脱出しようとしていた……。

ステージ構成[編集]

本作のストーリー構成は基本的にグラディウスNEOのそれの逆順である。ただし、1面のみ異なる。


内容 解説 ボス
1 ラーズ帝国基地上空 ラーズ帝国本拠地上空、上部に地形は無い。 ビックコア
2 スペースハイウェイ ラーズ帝国の中心部から最前線へ通ずるハイウェイ。途中に高速スクロール地帯が存在する。 サテライトコアMK-II
3 帝国艦隊 ラーズ帝国艦隊が待ち受ける。 ダイダロス
4 モアイ そこはかつてバクテリアンが兵器を設置した前線基地。今では未知の生命体が寄生する土地になっていた…。モアイは地形でしかないため破壊できない。 クリスタルモアイ
5 中立地帯 ラーズ帝国と連合軍の境界線付近。地形は無く、中ボスとの連戦で構成されている。 アストレプト
ゼブラ
ヴォルファ
ジェノサイドコア

外部リンク[編集]