スクランブル (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スクランブル
ジャンル 横スクロールシューティングゲーム
対応機種 アーケードゲームその他
(「移植」節参照)
開発元 コナミ(→コナミデジタルエンタテインメントコナミアミューズメント
発売元 レジャック/セガ
人数 1-2人(交互)
発売日 1981年3月
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

スクランブル』(英:Scramble)は、1981年業務用として当時のコナミ2006年3月31日持株会社化に伴い、版権はコナミデジタルエンタテインメントへ移行したのち、アーケードゲーム事業はコナミアミューズメントへ移行)から発表された縦画面横スクロールシューティングゲームで、同社初の横スクロールシューティングでもある。

同年、少し後に同社から類似した内容の『スーパーコブラ』も発表されている。

概要[編集]

ジェット機型の宇宙船(スペースファイター)を地形や敵に衝突するのを避けながら操縦し、最終的には敵基地を破壊することがプレイヤーの目的となる。自機は前方向ショットと投下式ミサイルを装備しており、これで空中の敵や地上物を破壊できる。地上物の一つに「FUEL」と書かれたものは燃料貯蔵タンクであり、これを破壊することで自機に燃料が補給される。このため、燃料貯蔵タンクの破壊はゲーム攻略上大変重要となる。燃料を補給しないままでいると、画面下部にある燃料ゲージが減り続け、空になるとやがて墜落し、自機を失う。

各ステージは6つの区画に分かれており、それぞれ地形や攻撃方法が異なる。敵指令基地までたどり着き破壊に成功すると、燃料の減りがより早くなるなど難易度が上がった状態で最初からのスタートとなる。その際、画面右下に周回数を示す旗が表示される。

得点[編集]

自機の飛行
自機が1秒飛行する毎に10点。
ミサイル
地上に配備された状態で破壊すると50点。発射されたミサイルを破壊すると80点。
UFO
常に空中を移動する。破壊すると100点。波状に移動するうえ、横方向はスクロールの移動量を無視した動きをしたため、アルゴリズムをつかむまで当時のゲームとしては強敵であった。
燃料貯蔵タンク
地上に設置。攻撃はしてこない。破壊すると150点獲得し、同時に自機に燃料が補給される。ゲームの攻略上重要。
ミステリーベース
地上に設置。攻撃はしてこない。破壊すると100から300点を獲得。
敵指令基地
破壊すると800点。投下式ミサイルでは破壊できない位置にあるため、基地の高さまで下降して前方向ショットで破壊する必要がある。破壊後すぐに上昇しても、上昇が間に合わず壁に衝突してしまうが、クリアとなり残機は減らない。下降せずにやり過ごした場合、燃料を使い切るまで何度でも前方から現われる。

グラディウスへの布石[編集]

強制スクロールの導入により、それまでの固定画面、あるいは任意スクロールの作品よりも展開の停滞が改善されている。本作は後の大ヒット作『グラディウス』(1985年)へとつながる作品となった。実際、後に発売された資料において本作はグラディウスシリーズの1作目として扱われている[1]。ただしコナミのシューティング史の中の1本としてグラディウスシリーズとは別個に扱われている場合もある[2]。そのため長らく直接的に関連はなされていなかったが、『オトメディウス エクセレント!』にて2011年12月13日に追加されたEX1ステージにプレイヤー機がボスとして登場した。

他ゲームとの関係[編集]

本作はウィリアムスの『ディフェンダー』(1980年)にゲームデザインやレイアウト、内容ともに酷似している部分があるが、日米それぞれで独自に開発されたもので、類似性は偶然の一致である。このため、自国から相手国へのライセンスもすれ違うかのように行われた。

ゼビウス』の製作に関わった遠藤雅伸は、テレビ番組『糸井重里の電視遊戯大展覧会』(フジテレビ、1986年11月6日放送)で、「『ゼビウス』を製作するにあたり、『スクランブル』を縦にしたゲームを作ろう、というところから始まった」と語っている。

移植[編集]

PC-8001
LSIゲーム版(トミー1982年
上下にしか移動できないが、雰囲気は味わえる。隕石ステージとUFOステージが入れ変わっている、要塞ステージがスクロールしない固定面に変わったなどの違いがある。
Vectrex版
日本版の光速船向けには「スクランブルウォーズ」のタイトルで発売。
PC-6001
ぴゅう太
コナミ80'sアーケードギャラリー
コナミのレトロアーケードを8作収録したアーケードゲームで、同じアーケード復刻である『スペースインベーダーDX』『ナムコクラシックコレクション』と並び、ゲームセンターのレトロコーナーの2in1筐体でよく見られる。PlayStation用が1999年5月13日発売。
ゲームボーイアドバンス用『コナミアーケードゲームコレション』(2002年5月2日発売)
タイトル画面でコナミコマンドを入れると音が出るので、そこからスタートするとアレンジ版がプレイできる。
ニンテンドーDS用『コナミ アーケード コレクション』(2007年3月15日発売)
PlayStation 2
2005年7月21日に「オレたちゲーセン族」(ハムスター)のラインナップとして単品発売。
Xbox 360
2006年9月13日よりXbox Live アーケードで配信。
PlayStation 4
2014年12月25日よりアーケードアーカイブスで配信。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ゲームボーイアドバンス用ソフト『グラディウスジェネレーション』のイントロ、PlayStation 2用ソフト『グラディウスV』付属のDVDなど。
  2. ^ 『グラディウスポータブル 公式ガイド』ISBN 4861551110

外部リンク[編集]