クロマメノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロマメノキ
Vaccinium uliginosum Japan1.JPG
福島県東吾妻山 2010年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物 angiosperms
階級なし : キク類 asterids
階級なし : コア真正双子葉類
core eudicots
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
亜科 : スノキ亜科 Vaccinoideae
: スノキ属 Vaccinium
: クロマメノキ V. uliginosum
学名
Vaccinium uliginosum L.
和名
クロマメノキ(黒豆の木)
英名
Bog Bilberry, Northern Bilberry

ĩ

クロマメノキ(黒豆の木、学名:Vaccinium uliginosum)は、ツツジ科スノキ属落葉低木

分布と生育環境[編集]

アジアヨーロッパ北アメリカにかけた北半球の寒地に広く分布する。日本では、北海道本州中部地方以北に分布し、亜高山帯から高山帯の岩礫地、砂礫質の草地、湿地などに群落をつくる。種小名uliginosumは、「湿地」に生えるを意味する[1]基準標本は、スウェーデンのもの[1]

特徴[編集]

樹高は30-80 cmになる。若いはやや角ばり、毛は無い。は厚い紙質で、長さ1-2 mmの葉柄をもって互生する。葉身は倒卵形または楕円形で、長さ1-3 cm、幅0.4-2 cmになり、先は丸く、先端に短い突起がある。葉の両面は無毛で、表面はやや青みを帯びた緑色で、裏面はやや白みを帯び、網目模様の葉脈が隆起して目だつ。葉の縁に鋸歯は無い。

花期は6-7月。新枝の上部の葉腋ごとに長さ3-7 mmの花柄をもつ1個のをつける。花柄の下部には1-2枚の小包葉があり、長さ1-5 mmになり形状や大きさに変化が多い。萼筒は長さ 2 mmの広鐘形で、先端は5裂し、裂片は3角状円形となる。花冠は長さ4-5 mmあり、つぼ状筒形で、先端はややせばまって浅く5裂し、先は反曲する。花冠の色は、黄緑色で赤みを帯びる。雄蕊は10本ある。果実は径8-10 mmの球状の液果で、黒紫色に熟し、表面には白粉がつく。果実は食用になる。長野県ではアサマブドウとして食用にされる。また、北朝鮮白頭山付近でもツルチュクとして食用にされる。

果実の表面には白粉がつく。 
葉は赤く紅葉する。 
果実 

変種[編集]

  • ヒメクロマメノキ Vaccinium uliginosum L. var. alpinum Bigelow. - 樹高は10-20 cmと低く、茎はマット状に横に広がる。花や果実はクロマメノキよりやや小さい。日本では、北海道、本州の中部地方以北に分布し、高山帯の岩礫地に生育する。世界では、千島、樺太、朝鮮北部、北アメリカ、グリーンランドに分布する。別名がコバノクロマメノキ(小葉の黒豆の木)[1]

種の保全状況評価[編集]

日本の以下の都道府県レッドリストの指定を受けている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 高山植物 (1989)、276-277頁
  2. ^ 日本のレッドデータ検索システム「クロマメノキ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2012年10月23日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]