クレモナのジェラルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレモナのジェラルド

クレモナのジェラルド(ゲラルド Gerard of Cremona, Gherardo Cremonese, ラテン語名:ゲラルドゥス・クレモネンシス (Gerardus Cremonensis), 1114年頃 - 1187年)は、12世紀に多くのアラビア語学術書ラテン語翻訳したイタリア学者

「クレモナのジェラルド」と呼ばれる人物はもう一人いて、こちらは13世紀薬学の著書を訳した。

生涯[編集]

イタリア、ロンバルディアクレモナに生まれた。

イタリアにおける学問の知識に満足できなかったジェラルドは、スペインに赴いてトレドで学んだ。その年は1144年より前であったとされる。当時のトレドはカスティーリャ王アルフォンソ6世が、1085年にイスラムからトレドを攻略(レコンキスタ)した後でキリスト教徒にとって安全な地となっており、アラブ文化、ヘブライ文化の中心として栄えていた。ラッビ・ベン・エズラらの有名な学者もトレドにいた。

トレドで没した。

訳書[編集]

ジェラルドの訳した学術書にはプトレマイオスの『アルマゲスト』がある。これは15世紀にトラペヅンティウス(トレビゾントのゲオルグ)やレギオモンタヌス(ヨハン・ミューラー)がギリシャ語の原著から訳すまで西ヨーロッパ言語への唯一の訳書であり、コペルニクスの理論が現れるまで、天文学の基礎の位置を占めた。またアッ=ザルカーリーらによって製作された天文表『トレド表』もラテン語に訳した。

アリストテレスに次ぐ「第二の師」と呼ばれて、エウクレイデスの注釈書を書いたアル=ファーラービーの著書をもとに De scientiis (科学について)を著した。

他にもエウクレイデスの幾何学の書『原論』をはじめ、アル=ファルガーニー (al-Farghānī) の天文学書をラテン語に訳した。