クレイ兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロナルドおよびレジナルド・クレイ
生誕 1933年10月24日
イギリス、ロンドン、ホクストン
死没

ロニー:
1995年3月17日(1995-03-17)(61歳)
イギリス、バッキンガムシャー、ウェクサム
レジー:
2000年10月1日(2000-10-01)(66歳)


イギリス、ノーフォーク、ノリッチ
死因 心臓発作 (ロニー)
膀胱癌(レジー)
別名 ロニー&レジー
職業 ナイトクラブのオーナー、ギャング
犯罪者現況 共に死去
配偶者 レジー:
フランシス・シア (m. 1965; d. 1967)
ロベルタ・ホーネス (m. 1997)[1][2]
ロニー:
エレン・ミルダナー (m. 1985; div. 1989)[3]
ケイト・ハワード (m. 1989; div. 1994)[3]

ロナルド・"ロニー"・クレイ(英語: Ronald "Ronnie" Kray、1933年10月24日 – 1995年3月17日)とレジナルド・"レジー"・クレイ(英語: Reginald "Reggie" Kray、1933年10月24日 – 2000年10月1日)の双子の兄弟はイングランドのギャングであり、1950年代から1960年代にかけて、ロンドンイーストエンド随一の犯罪者であった。彼らの一味、ザ・ファームとともにクレイ兄弟は強盗、放火、取り立て、暴行、そしてジャック・マクビティ、またの名を「ザ・ハット」("the Hat")とジョージ・コーネルの殺害に関わった。

幼少期[編集]

ロニーとレジーは1933年10月24日に東ロンドンのホクストンでくず屋のチャールズ・デビッド・クレイ(1907年3月10日 - 1983年3月8日)[4]とヴァイオレット・アニー・リーの間に生まれた[5]。 彼らは一卵性双生児でレジーはロニーの10分前に生まれた。両親の間には既に当時6歳になる息子のチャールズ・ジェームズ(1927年7月9日 - 2000年4月4日)がおり[6]、1929年に生まれた姉のヴァイオレットもいたが、幼少期に亡くなっている。

兄弟はのちにアマチュアボクシングを始めたが、英国軍に徴兵された。兄弟は無許可で軍を離れたため逮捕され、投獄された。

犯罪歴[編集]

ナイトクラブのオーナー[編集]

彼らは犯罪歴と不名誉除隊によってボクシングキャリアの終わりを迎えた。そしてクレイ兄弟は犯罪に全てを傾けることとなった。彼らはベスナル・グリーンにある業績不振のスヌーカークラブを買い取り、そこで彼らはみかじめ料の取り立てを始めた。1950年代後半、クレイ兄弟はリヴァプールにいるジェイ・マリーの元で働いていた。そして、ハイジャック強盗放火に関わり、他所のクラブや財産を奪い取った。1960年にロニーは連続したみかじめ料の取り立てと関連する脅迫のため18か月投獄された。ロニーが投獄されている間、暴力団組織の長であるピーター・ラックマンはウィルトン・プレイスのナイツブリッジ側にあるジョーンズキッチンというレストランの隣に店を構えるエスメラルダスバーンというナイトクラブをレジーに受け渡した。現在その場所にはバークリーホテルが建っている。犯罪行為かつウエスト・エンドで有名人になったことによってクレイ兄弟の影響力は増大した。クレイ兄弟は、南ロンドンを本拠地とするライバルのリチャードソンから身を兄弟に保護されたいと望んでいたアラン・クーパーという銀行家からサポートを受けていた[7]

セレブの地位[編集]

1960年代、クレイ兄弟は成功者かつ魅力的で有名なナイトクラブオーナーとして、スウィンギング・ロンドンシーンの一つとして広く認知された。彼らの名声の大半はセレブリティ界の人気者としての非犯罪活動によるものだった。デイビッド・ベイリーに何度も撮影されたり、貴族、下院議員、社交界の著名人や芸能人ではジョージ・ラフトジュディ・ガーランドダイアナ・ドースバーバラ・ウィンザーなどを含めた俳優や歌手のフランク・シナトラとの付き合いもあった。

ブースビー卿とトム・ドライバーグ[編集]

ロニーが保守党員のブースビー卿ロバートとの性関係があったとタブロイド紙である『サンデイ・ミラー』で暴露されたことでクレイ兄弟は注目を浴びた[8]。 匿名であったが、クレイ兄弟は関係しているジャーナリストを脅迫し、ブースビーは訴えると脅迫した。そして新聞社は記事を取り消した。新聞社は編集者をクビにし、謝罪文を掲載、ブースビーに4万ポンドの示談金を支払った[9]。これによって他の新聞社はクレイ兄弟の人間関係や、犯罪活動について掲載しようとしなくなった。それから長い年月が経ち、4チャンネルは、疑惑がある程度本当であったということを確立し、The Gangster and the Pervert Peer (2009)という題名のドキュメンタリーを放映した。[10]

警察はあらゆる出来事においてクレイ兄弟を調査したが、クレイ兄弟が暴力的だといううわさによって証人たちは証言するのをおそれざるを得なかった。二大政党の間でも問題はあり、保守党はブースビーの関係がもう一度公表されることにおそれて警察にクレイ兄弟の勢力を止めさせる後押しをしようとしなかった。労働党議員のトム・ドライバーグもまた、ロニーと関係を持っていたとうわさされていた。[11][12]

ジョージ・コーネルの殺害[編集]

ブラインド・ベガーパブ(2000年)

ロニー・クレイはライバルギャングのリーダーたちを率いているリチャードソン一味の一人、ジョージ・コーネルを射殺した。1966年3月9日にホワイトチャペルのブラインド・ベガーパブで殺人事件は起きた。コーネルは午前3時に病院で息を引き取った。

ロニー・クレイはこの殺人事件時にはすでに統合失調症を患っていた[13]

1966年3月8日、カットフォードのミスター・スミス・クラブでロニーと関係のあったリチャード・ハートは殺された。ジョージ・コーネルはロニーからハート殺害に重要な役割を持っていたのではないかと疑われた。しかし、裁判では、ロニーはコーネルがクレイ兄弟を脅迫していたことを殺人の原因であると主張した。

「ザ・ハット」ことジャック・マクビティの殺害[編集]

レジーは1967年10月、彼の妻であるフランセスが自殺した4か月後に兄弟からジャック・マクビティ(またの名をザ・ハット)を殺すようけしかけられた。クレイ組織の小者であるマクビティはあらかじめ1,000ポンドの支払いを受けていた契約、レスリー・ペインを殺す任務に失敗した。マクビティはストーク・ニューイントンにあるイブニングロードの地下室での虚偽のパーティーに招待された。中に入り、彼はロニーが居間に座っているのを見かけた。ロニーは彼に接近し、マクビティに暴言を吐き、彼の眼の下をガラスの破片で切り裂いた。クレイ兄弟とマクビティの論争はそこから勃発したと思われる。論争がさらにヒートアップし、レジーはマクビティの頭部に銃口を向け、引き金を2回ひいた。しかし弾は発射されなかった。トニー・ランブリアヌの伝記によると、レジーはジャックを突き刺し、マクビティの死体は二度と発見されることはなかった。

逮捕と裁判[編集]

ロンドンのギャングレジナルドクレイ(左から2番目)が1968年に彼の裁判へ向かうまでの数か月の間に撮られた写真。このデータと他のデータからの証拠が彼と彼の兄弟であるロナルドが終身刑の判決を下される原因となった。

スコットランドヤードのレナード・リード(またの名をニッパー)警部は刑事捜査課に昇進し、彼の初めての任務はクレイ兄弟を逮捕することであった。1967年、リードはクレイ兄弟を追跡したが、しばしばイーストエンドでの警察に誰も情報を与えないという「沈黙の壁」に衝突した。[14] それでも、リードは1967年の終わりにクレイ兄弟に対する十分な証拠を集めていった。

有罪判決と投獄[編集]

1968年5月8日[15]、クレイ兄弟と組織のメンバー15人は捕まった。どちらも無期懲役を言い渡され、コーネルとマクビティを殺したことによって非仮釈放期間は30年であった。これまで最も長い判決はロンドンの中央裁判所、オールド・ベイリーで判決された殺人罪であった。[16] 彼らの兄弟であるチャーリーは彼が起こした殺人事件で10年間投獄された。

私生活[編集]

ロビン・マクギボンが書いた本のMy storyThe Kray Tapesにおいて、ロニーは「私はバイセクシャルだ。ゲイではない。バイセクシャルだ。」と答えている。ロニーは1960年代に約3年間交際していたモニカという女性と結婚することを計画していた。ロニーは彼女を「今まで見てきた女性の中で一番美しい女性」と言っていた。モニカと結婚する機会を得る前にロニーは逮捕された。モニカはロニーの元彼と結婚したにもかかわらず、ロニーは投獄中の1968年の5月から12月までの間に彼女に59枚もの手紙を送ったことが彼がまだ彼女に思いを寄せていることを示している。彼の彼女への愛は明確であった。これらの手紙は2010年に競売にかけられた。[17]ロニーはその後二度結婚した。1985年にエレン・ミルダナとブラッドムーアチャペルで結婚し、その後1989年に離婚した。次にケイト・ハワードと結婚したが1994年に離婚している。[13]

1997年にレジーは投獄時に出会ったロバータ・ジョーンズと結婚した[13]。彼女はロニーについて作られていた映画の宣伝をする手助けをしていた[18]

二人の死[編集]

チングフォード・マウント墓地にある、墓碑
双子たちの兄であるチャールズ・ジェームズ・クレイの墓碑
双子たちの両親であるチャールズ・デイビッドとバイオレットの墓碑
レジーの最初の結婚相手であるフランセス・シェイの墓碑

ブラッドムーアの囚人病院で服役していたロニーは、バークシャースラウにあるウェクサムパーク病院にて1995年3月17日、61歳で心臓発作で亡くなった[19]

投獄中レジーはキリスト教徒として新生した[20]。レジーは1963年に宣告された懲役30年より多く服役し、2000年8月26日にウェイランドで自由の身となった[21]。レジーは手術不可能である膀胱癌を患い、人道的配慮の観点から66歳で釈放された[22]。レジーは2000年9月22日にノリッジ病院を去り、人生最後の週を1967年7月にメイドストーン刑務所で結婚した妻のロバータとノリッジのタウンハウスホテルのスイートルームで過ごした[23][24][25]。2000年10月1日、レジーは眠りながら息を引き取った[26]。10日後、レジーはチングフォード・マウント墓地でロニーの隣に埋葬された[27]

大衆文化[編集]

映画[編集]

音楽[編集]

  • ロニー・クレイはブラーの曲、 『チャームレス・マン』("Charmless Man"の歌詞で 「彼はロニー・クレイになりたかったんだと思う」と名を挙げられた。
  • レイ・デイヴィスは彼の"London"という曲の中で「…そしてクレイ兄弟を忘れるな」という歌詞を繰り返し、その後 「クレイ兄弟はとても危険な人間だ」という歌詞を付け加えた。
  • ザ・スミスのメンバーであるモリッシーは自身の楽曲"The Last of the Famous International Playboys"(アルバム『ボナ・ドラッグ』に収録) で 「レジー・クレイ、私の名前を知っているか」 と 「ロニー・クレイ、私の顔を知っているか」とクレイ兄弟それぞれについて述べた。そして2000年、レジーの葬儀ではモリッシーが花冠を送ったと言われている[28]

テレビ番組[編集]

  • 空飛ぶモンティ・パイソン』の第2シリーズ第1話の『恐怖のピラニア兄弟』(原題:Piranha Brothers)で取り上げられる双子のギャング・ピラニア兄弟はクレイ兄弟を基にしている。

脚注[編集]

  1. ^ Watson-Smyth, Kate (1997年7月15日). “Flowers, but no champagne at Reggie Kray's wedding”. The Independent (London). http://www.independent.co.uk/news/flowers-but-no-champagne-at-reggie-krays-wedding-1250735.html 2011年12月6日閲覧。 
  2. ^ Clydesdale, Lindsay (2009年10月13日). “Roberta Kray on her life as a gangster's widow”. Daily Record newspaper online (Scotland). http://www.dailyrecord.co.uk/news/real-life/2009/10/13/roberta-kray-on-her-life-as-a-gangster-s-widow-86908-21743831/ 2011年12月6日閲覧。 
  3. ^ a b Hobbs, Dick (1995年3月18日). “OBITUARY:Ron Kray”. The Independent (London). http://www.independent.co.uk/news/people/obituaryron-kray-1611693.html 2011年12月6日閲覧。 
  4. ^ Ancestry of the Kray twins”. Wargs.com. 2011年8月16日閲覧。
  5. ^ Photographs: Violet Annie Kray (nee Lee) & Charles James Kray”. 2016年11月1日閲覧。
  6. ^ Charlie Kray's grave
  7. ^ Metropolitan Police, The Krays. Retrieved 13 November 2014
  8. ^ Barrett, David (2009年7月26日). “Letters shed new light on Kray twins scandal”. Sunday Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/politics/lawandorder/5907125/Letters-shed-new-light-on-Kray-twins-scandal.html 
  9. ^ “Obituary of Reggie Kray”. BBC News. (2000年10月1日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/937275.stm 2011年8月16日閲覧。 
  10. ^ The Gangster and the Pervert Peer (Episode Guide)”. Channel 4 (2009年). 2014年10月28日閲覧。
  11. ^ Channel 4 TV (23 June 1997). Lords of The Underground. 
  12. ^ “Lords of the Underground”. The Spectator. (1997年6月28日) 
  13. ^ a b c Campbell, Duncan (2015年9月3日). “The selling of the Krays: how two mediocre criminals created their own legend”. 2015年9月3日閲覧。
  14. ^ 'Walls of silence' around Krays 18 October 2001. ...New documents released by the Public Records Office show Flying Squad officers felt powerless to stop the new breed of underworld figures operating in London... (BBC News website)
  15. ^ “1968: Krays held on suspicion of murder”. BBC News. (1968年5月8日). http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/may/8/newsid_2518000/2518695.stm 2010年4月4日閲覧。 
  16. ^ Hamilton, Fiona. “The Kray twins”. The Times (London). http://www.timesonline.co.uk/tol/system/topicRoot/The_Krays/ 2010年4月4日閲覧。 
  17. ^ The Krays: A collection of fifty nine letters from Ron Kray to Monica Buckley”. Gorringes LLP. 2015年7月30日閲覧。
  18. ^ Lindsay Clydesdale (2009年10月13日). “Roberta Kray on her life as a gangster's widow”. Scotland: Daily Record (online). http://www.dailyrecord.co.uk/news/real-life/roberta-kray-on-her-life-as-a-gangsters-widow-1039132#pUiP9DUoPavpK89g.99 2016年4月10日閲覧。 
  19. ^ 1995: Killer Ronnie Kray dies”. news.bbc.co.uk. BBC News. 2015年9月19日閲覧。
  20. ^ Kray's 'born-again Christian' letters up for auction”. bbc.co.uk/news. BBC News (2011年1月18日). 2015年9月19日閲覧。
  21. ^ Reggie Kray freed”. news.bbc.co.uk. BBC News (2000年8月26日). 2015年9月19日閲覧。
  22. ^ “Can you really predict a prisoner's death?date=August 6, 2010”. BBC. http://www.bbc.co.uk/news/health-10882630 
  23. ^ Flowers, but no champagne at Reggie Kray's wedding”. independent.co.uk. The Independent (1997年7月15日). 2015年9月19日閲覧。
  24. ^ Reginald Kray dies of cancer at 66”. telegraph.co.uk. The Telegraph (2000年10月2日). 2015年9月19日閲覧。
  25. ^ Kray released from hospital”. news.bbc.co.uk. BBC News (2000年9月22日). 2015年9月19日閲覧。
  26. ^ Reggie Kray dies”. news.bbc.co.uk. BBC News (2000年10月1日). 2015年9月19日閲覧。
  27. ^ Funeral tributes for Kray”. news.bbc.co.uk. BBC News (2000年10月11日). 2015年9月19日閲覧。
  28. ^ Piece on Kray plot in the Sun; Morrissey sent wreath”. Morrissey-solo. 2015年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]