クルナ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クルナ県(クルナけん)は、バングラデシュである。クルナ管区の一部に置かれる。面積4394.45kmを有し、周囲では北にジョソール県ナライル県と、南にはベンガル湾と、東にはバゲルハット県と、そして西にはシャスキラ県とそれぞれ接する[1]

歴史[編集]

クルナという名はヒンドゥー教であるクレシュワリの後に名づけられていった。1947年、クルナ県には52%のヒンドゥー教徒が暮らしているがインドよりもパキスタンからの民族が増やされていき、今はこの県内での約80%がムスリム人である。現在このクルナ県はバングラデシュの県の中での面積が3番目に大きい[2]

地理[編集]

クルナ県に流れるとしてルプサ川アルパンガチア川シブサ川パスル川、そしてコイラ川が流れる[3]

行政区画[編集]

クルナ県では現在以下の郡に分かれる[1]

経済[編集]

クルナには港湾都市があり、この国内の南の地方では最も大きな港湾都市である。モングラ港はこの国内の主要な海港が存在する。ダウラトプールではジュートという繊維材料生産地がある。交通網では鉄道水運が他国の方へ繋がっている。魚介類産業が発達するにおいての経済面については生命を保つのに必要な役目の場としても置かれる。クルナにの生産が近い将来に再開する見込みが国内の新聞情報などで伝われている。船舶所はバングラデシュの海軍から限られた支給のもとで受け取っている。クルナに織物や硬質繊維板の材料である粉についても所有者のもとで生産の再開の予定がある[4]

教育[編集]

クルナの学校での教育においてはジョソールの教育委員会に基づき実施されていて、SSCやHSCといった様々なクラスに分かれる。クルナ県にある学校施設として、

  • クルナジラ学校
  • ブラジャラル大学
  • クルナ大学
  • クルナ工科大学
  • クルナ医科大学

などがある[5]

周囲の見所など[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

外部リンク[編集]

Khulna District Information - Amardesh Online