キルギス鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キルギスの国鉄から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビシュケクの陸橋上のディーゼル機関車

キルギス鉄道(キルギスてつどう、: Kyrgyz Railway (KTJ))は、キルギス国有鉄道の開発業者である。

路線網および鉄道車両[編集]

当鉄道は、総延長428kmの路線において、約320kmの単線の路線を運営している。 ソビエト連邦が崩壊した後、当鉄道はソビエト鉄道より貨車英語版2,500両、客車450両および機関車50両を得た[1]。 しかし、1998年の財政危機によって、当鉄道への支出が大幅に削減された[1]

輸送量[編集]

貨物輸送量は、1990年の26億2,000万tkmと比較して、2001年の3億3,000万tkmは、1990年レベルのわずか13%であり、まだ減少している。 旅客輸送量は、1990年にあったもののわずか約25%である。 貨物輸送サービスが利益になる間、反独占委員会によって運賃が規制されてから、旅客サービスはお金を失っている[1]

電化[編集]

2008年に、当鉄道がカザフスタンの鉄道網と首都ビシュケクを結ぶ路線(トルキスタン・シベリア鉄道のビシュケク支線de:Bahnstrecke Lugowoi–Bischkek)の電化を開始することを発表した[2]

隣接国との鉄道連絡[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]