キューバ・ペソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キューバ・ペソ
Peso cubano (スペイン語)
ISO 4217
コード
CUP
中央銀行キューバ中央銀行
 ウェブサイトwww.bc.gob.cu/Espanol/default.asp
使用
国・地域
 キューバ
インフレ率4.8%
 情報源[1]
補助単位
 1/100センターボ
通貨記号$、$MN または ₱
センターボ¢ または c
硬貨
 広く流通1, 2, 5, 20センターボ、1, 3ペソ
 流通は稀10, 25, 50センターボ、5ペソ
紙幣
 広く流通1, 3, 5, 10, 20, 50, 100, 200, 500, 1,000ペソ

キューバ・ペソスペイン語: Peso cubano)はキューバ通貨単位。国際通貨コード(ISO 4217)はCUP。現地では「カップ(CUP)」と呼ばれる。補助通貨センターボ(1ペソ=100センターボ)。

概要[編集]

1994年以降、キューバでは外貨兌換券の「兌換ペソ」(Peso Convertible)との二重通貨制度が採られ、外国人に使用されていた兌換ペソと対比して「人民ペソ」(moneda nacional、MN)等とも呼ばれていた。兌換ペソは2021年1月1日をもって廃止され、約25年ぶりにキューバ唯一の通貨となった[2]

複雑な為替制度が存在し、2016年8月23日時点で兌換ペソとの為替レートは1兌換ペソ=24人民ペソである。ただし、人民ペソから兌換ペソに両替する場合は25人民ペソ=1兌換ペソとなる。また国営企業向けの為替レートは両方のペソが等価とされている。キューバ国内の両替所(CADECA)や銀行で両替ができる[3]

キューバ

硬貨には1、2、5、20センターボおよび1、3ペソが、紙幣には1、3、5、10、20、50、100、200、500、1000ペソがある[4]

1ペソ紙幣にはホセ・マルティ、3ペソ紙幣にはチェ・ゲバラ、20ペソ紙幣にはカミロ・シエンフェゴス、50ペソ紙幣にはカリスト・ガルシア、100ペソ紙幣にはカルロス・マヌエル・デ・セスペデスが描かれている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ CUP - キューバペソ”. XE Corporation (2020年5月22日). 2020年5月22日閲覧。
  2. ^ Cuba transitions to ‘unification’ of double currency system”. local10.com (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  3. ^ キューバの通貨・為替レート”. 地球の歩き方. 2020年5月22日閲覧。
  4. ^ “キューバ中央銀、3種類の高額紙幣を発行”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年1月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H24_W5A110C1FF2000/ 2020年5月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リク[編集]