キセワタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キセワタ
Leonurus macranthus 1.JPG
福島県中通り地方 2018年9月下旬
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク上類 Superasterids
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : シソ類 Lamiids
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
亜科 : オドリコソウ亜科 Lamioideae
: メハジキ属 Leonurus
: キセワタ L. macranthus
学名
Leonurus macranthus Maxim.[1]
シノニム
  • Leonurus macranthus Maxim. var. villosissimus Krestovsk.[2]
和名
キセワタ(着せ綿)[3][4][5]

キセワタ(着せ綿、学名Leonurus macranthus)は、シソ科メハジキ属多年草[3][4][5]

特徴[編集]

は直立し、四角形で毛が多く生え、高さは50-100cmになり、ときに分枝することがある。は洋紙質で対生し、葉柄は長さ0.5-3cmなる。葉身は卵形または狭卵形で、長さ4-11cm、幅2.5-7cmになり、先は鋭頭または鋭突頭になり、縁には大型の欠刻状の鋸歯があり、基部は広いくさび形またはやや切形となる。葉の裏面には微細な毛が生え、葉は茎の上部にいくにしたがって小型になる[3][4][5]

花期は8-10月。花は茎の先端の葉腋に段上に多数集まって、輪散花序になってつく。は筒状の鐘形で長さ15-18mmになり、粗い毛が生え、5裂して裂片の先は刺状に鋭くとがり、斜めに開く。下側の2裂片は長さ約8mm、上側の3裂片は長さ約5mmになり、下側の方が長い。花冠は長さ2.5-3cmの2唇形で、紅紫色をし、筒部は萼筒より長く直立し、上唇はフード状になり全縁で外面に白い毛が密生して白く見え、下唇は3裂し中央裂片は下方に曲がる。雄蕊は4個あって、うち下側2個が長く、上唇の内側に沿って伸びる。雌蕊は1個ある。果実は長さ2.5-3mmになる分果で、4個あり、倒卵状くさび形で扁3稜形になる[3][4][5]

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地や丘陵地の草原や草地に生育する[3][4][5]。国外では、朝鮮半島中国大陸(東北部・北部)、ロシア沿海地方に分布する[5]

名前の由来[編集]

和名キセワタは、「着せ綿」の意で、花冠の上部に白い毛が多くあり[3][4][5]、それを「花に着せる綿」に見立てたという[3][4]

種小名 macranthus は、「大花の」の意味[4]

保全状況評価[編集]

(2017年、環境省)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ キセワタ 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)
  2. ^ キセワタ(シノニム) 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)
  3. ^ a b c d e f g 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』pp.424-425
  4. ^ a b c d e f g h 『新分類 牧野日本植物図鑑』p.1073, p.1501
  5. ^ a b c d e f g 『改訂新版 日本の野生植物 5』p.125

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 牧野富太郎原著、邑田仁・米倉浩司編集『新分類 牧野日本植物図鑑』、2017年、北隆館
  • 大橋広好・門田裕一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 5』、2017年、平凡社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)