メハジキ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メハジキ属
Leonurus macranthus 2.JPG
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク上類 Superasterids
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : シソ類 Lamiids
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
亜科 : オドリコソウ亜科 Lamioideae
: メハジキ属 Leonurus
学名
Leonurus L.[1][2]
タイプ種
Leonurus cardiaca L.[2]
和名
メハジキ属
  • 本文参照
Leonurus quinquelobatus
ドイツ

メハジキ属(メハジキぞく、学名Leonurus)は、シソ科オドリコソウ亜科の1つ[1]

特徴[編集]

一年草越年草または多年草は直立する。は掌状に分裂するか、縁に大きな欠刻があり粗い鋸歯がある。は茎の上部の葉腋に輪生花序につく。は筒状の鐘形で5裂し、萼裂片の長さは同長か下唇が少し長く、先端は刺状にとがって斜めに広がる。花冠は2唇形で、花冠筒部は萼筒より長く、上唇は直立してフード状にになり、下唇は3裂して中央裂片が大きくなる。雄蕊は4個あって、下側の2個が長く、上唇の内側に沿って伸びる。子房は2心皮からなり4全裂し、基部から花柱がでる。果実は乾質の4分果となり、分果は扁3稜形で先端は切形となる[1]

分布[編集]

ヨーロッパおよびアジアに分布し、20-25種知られる。日本には2種分布し、1種が帰化している[1]

名前の由来[編集]

属名 Leonurus は、ギリシャ語で leon「ライオン」と oura「尾」による合成語で、長い花序の形よる[3]

[編集]

日本に分布する種[編集]

  • メハジキ Leonurus japonicus Houtt.[4] - 一年草または越年草。茎の高さは直立して50-150cmになり、まばらに分枝する。根出葉は卵心形で鈍鋸歯があり、花時には枯れる。茎葉は3深裂から全裂して裂片は線状披針形で、葉の裏面に白色の短毛が密生し、灰白色をおびる。花冠は紅紫色で、長さ10-13mmになる。北海道、本州、四国、九州、琉球諸島に分布し、道ばたや荒れ地などに生育する。国外では、朝鮮半島台湾中国大陸、ロシア沿海地方東南アジア南アジアに分布する[1]
  • キセワタ Leonurus macranthus Maxim.[5] - 多年草。茎の高さは直立して50-100cmになり、ときに分枝することもある。茎葉は卵形または狭卵形で、縁に粗い鋸歯がある。花冠は紅紫色で、長さ2.5-3cmになり、上唇の外面に白毛が密生し白く見える。北海道、本州、四国、九州に分布し、山地や丘陵地の草原や草地に生育する。国外では、朝鮮半島、中国大陸(東北部・北部)、ロシア沿海地方に分布する[1]。絶滅危惧II類(VU)(2017年、環境省レッドリスト)。

日本に帰化する種[編集]

  • モミジバキセワタ Leonurus cardiaca L.[6] - 本属のタイプ種。多年草。茎の高さは100-150cmになり、茎の中部で分枝する。茎葉の下部のものは長卵形で、先が2-3裂し、縁に鋭い鋸歯があり、長い葉柄がある。上部にいくにしたがって小さくなり、無柄になる。花冠は淡紅紫色で、長さ1cmになる。ヨーロッパ原産で、日本では1975年に小樽市で採集された。北海道、本州(神奈川県)で確認されている。北アメリカにも帰化している[7]

その他の種[編集]

学名 - 分布地を示す。学名はThe Plant List, Leonurusから、分布地はKew Science, LeonurusおよびFlora of China, Leonurusから。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『改訂新版 日本の野生植物 5』pp.124-125
  2. ^ a b Leonurus L., Tropicos
  3. ^ 『新分類 牧野日本植物図鑑』p.1465
  4. ^ メハジキ 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  5. ^ キセワタ 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  6. ^ モミジバキセワタ 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  7. ^ 『日本の帰化植物』p.172

参考文献[編集]