キズリャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キズリャル
Kizlyar (英語)
Кизляр (ロシア語)
-  Town[1]  -
Кизляр.jpg
キズリャル駅
Map of Russia - Republic of Dagestan (2008-03).svg
ロシアにおけるダゲスタン共和国の位置
キズリャルの位置(ダゲスタン共和国内)
キズリャル
キズリャル
ダゲスタン共和国におけるキズリャルの位置
Coat of Arms of Kizlyar (Dagestan) (1842).png
紋章
自治単位 (2013年12月現在)
ロシア
連邦構成主体 ダゲスタン共和国[1]
所属 キズリャル[1]
行政中心地制定 キズリャルスキー地区英語版,[1] キズリャル[1]
自治体 (2015年4月現在)
都市管区 キズリャル都市管区[2]
行政中心地制定 キズリャル都市管区,[2] キズリャルスキー市区[要出典]
統計
人口 (2010年,
予備)
48,984人[3]
標準時 MSK (UTC+3)[4]
First mentioned 1609年[要出典]
郵便番号 368830–368833, 368839, 368886[要出典]
公式サイト
キズリャル - ウィキメディア・コモンズ

キズリャル(キズリャールとも表記、ロシア語: Кизля́рラテン文字KizlyarKizliarと表記されることもある[5])は、ロシアダゲスタン共和国都市である。キズリャルはダゲスタン共和国の首府マハチカラから北西221kmの地点にあり、テレク川の河口を挟んでチェチェン共和国と隣接する。人口は、以下のようになっている。 48,984 (2010年調査)[3]48,457 (2002年調査)、[6] 39,748 (1989年調査)、[7] 30,000 (1970年調査)

歴史[編集]

キズリャルが初めて地名として登場するのは1609年であるが、歴史家の中にはキズリャルを8世紀に存在した国家ハザールの首府であったサマンダールと関連付ける者もいる。1735年、ロシア帝国政府は要塞をキズリャルに築き、コーカサスに対する防衛戦として位置づけた。18~19世紀、キズリャルはロシアと中東中央アジア間の交易都市として発展した。この時期には、人口の大多数がアルメニア人ロシア人であった。1796年、キズリャルには2,800人のアルメニア人と1,000人のロシア人が居住していた[8]

1996年1月、キズリャルの航空基地にロシア第78師団の兵が駐屯しているとしてチェチェン共和国の独立主義者から襲撃を受けた。

また、キズリャルはロシア帝国将軍ピョートル・バグラチオンの出生地とされている。

行政区分[編集]

キズリャルはキズリャルスキー地方の行政の中心として機能しているが、キズリャル自体はキズリャル地方の中には入っていない[1]。行政区分上、キズリャルは1つのコムソモルスキー英語版)と共に1つの行政区分として位置づけられており、キズリャルスキー地方の行政と同等の地位を有している[1]。市町村区の行政区分としては、キズリャルはKizlyar Urban Okrugに組み入れられている[2]

民族[編集]

2002年の人口統計調査による行政区画内の民族比率は以下のとおり[9]

2002年の人口統計調査によるキズリャル市内の民族比率は以下のとおり[10]

  • ロシア人 (48.6%)
  • アヴァール人 (15.4%)
  • ダルギン人 (11.7%)
  • クムク人 (5.0%)
  • レズギ人 (4.0%)
  • ラク人 (3.2%)
  • アゼルバイジャン人 (1.8%)
  • ノガイ族 (1.4%)
  • タバサラン人 (1.3%)
  • ルトゥル人 (1.3%)
  • チェチェン人 (1.1%)

経済[編集]

19世紀前半、キズリャルはワイン生産の中心地となった。キズリャルでは様々なアルコール飲料を生産したが、地域の「コニャック工場」(Кизлярский коньячный завод)として、地域独自の様々なブランデー生産に特化、コニャックとしてロシア中で販売された。「キズリャルカ(Кизлярка)」はキズリャルで生産されるブドウを使用したウォッカの一種である。キズリャルはナイフダガーの伝統工芸生産でも有名である。

姉妹都市[編集]

キズリャルは以下の都市と姉妹都市提携を結んでいる[11]

出身人物[編集]

キズリャルの聖ゲオルク協会

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Law #16
  2. ^ a b c Law #6
  3. ^ a b Russian Federal State Statistics Service (2011年). “Всероссийская перепись населения 2010 года. Том 1” [2010 All-Russian Population Census, vol. 1] (Russian). Всероссийская перепись населения 2010 года (2010 All-Russia Population Census). Federal State Statistics Service. 2012年6月29日閲覧。
  4. ^ Правительство Российской Федерации. Федеральный закон №107-ФЗ от 3 июня 2011 г. «Об исчислении времени», в ред. Федерального закона №271-ФЗ от 03 июля 2016 г. «О внесении изменений в Федеральный закон "Об исчислении времени"». Вступил в силу по истечении шестидесяти дней после дня официального опубликования (6 августа 2011 г.). Опубликован: "Российская газета", №120, 6 июня 2011 г. (Government of the Russian Federation. Federal Law #107-FZ of June 31, 2011 On Calculating Time, as amended by the Federal Law #271-FZ of July 03, 2016 On Amending Federal Law "On Calculating Time". Effective as of after sixty days following the day of the official publication.).
  5. ^ Encyclopædia Britannica, 9th ed.の"Andreeva"、Vol. II, p. 20.
  6. ^ Russian Federal State Statistics Service (2004年5月21日). “Численность населения России, субъектов Российской Федерации в составе федеральных округов, районов, городских поселений, сельских населённых пунктов – районных центров и сельских населённых пунктов с населением 3 тысячи и более человек Page white excel.png (XLS)” [Population of Russia, Its Federal Districts, Federal Subjects, Districts, Urban Localities, Rural Localities—Administrative Centers, and Rural Localities with Population of Over 3,000] (Russian). Всероссийская перепись населения 2002 года [All-Russia Population Census of 2002]. 2014年8月9日閲覧。
  7. ^ Demoscope Weekly (1989年). “Всесоюзная перепись населения 1989 г. Численность наличного населения союзных и автономных республик, автономных областей и округов, краёв, областей, районов, городских поселений и сёл-райцентров” [All Union Population Census of 1989: Present Population of Union and Autonomous Republics, Autonomous Oblasts and Okrugs, Krais, Oblasts, Districts, Urban Settlements, and Villages Serving as District Administrative Centers] (Russian). Всесоюзная перепись населения 1989 года [All-Union Population Census of 1989]. Институт демографии Национального исследовательского университета: Высшая школа экономики [Institute of Demography at the National Research University: Higher School of Economics]. 2014年8月9日閲覧。
  8. ^ Jane Burbank and David L. Ransel, Imperial Russia: New Histories of the Empire (Indiana University Press, 1998), 160.
  9. ^ http://www.ethno-kavkaz.narod.ru/rndaghestan.html
  10. ^ http://www.ethno-kavkaz.narod.ru/kizlyar02.html
  11. ^ Kizlyar official site

出典[編集]

  • Народное Собрание Республики Дагестан. Закон №16 от 10 апреля 2002 г. «Об административно-территориальном устройстве Республики Дагестан», в ред. Закона №106 от 30 декабря 2013 г. «О внесении изменений в некоторые законодательные акты Республики Дагестан». Вступил в силу со дня официального опубликования. Опубликован: "Дагестанская правда", №81, 12 апреля 2002 г. (People's Assembly of the Republic of Dagestan. Law #16 of April 10, 2002 On the Administrative-Territorial Structure of the Republic of Dagestan, as amended by the Law #106 of December 30, 2013 On Amending Various Legislative Acts of the Republic of Dagestan. Effective as of the day of the official publication.).
  • Народное Собрание Республики Дагестан. Закон №6 от 13 января 2005 г. «О статусе и границах муниципальных образований Республики Дагестан», в ред. Закона №43 от 30 апреля 2015 г. «О статусе городского округа с внутригородским делением "Город Махачкала", статусе и границах внутригородских районов в составе городского округа с внутригородским делением "Город Махачкала" и о внесении изменений в отдельные законодательные акты Республики Дагестан». Вступил в силу со дня официального опубликования. Опубликован: "Дагестанская правда", №8, 15 февраля 2005 г. (People's Assembly of the Republic of Dagestan. Law #6 of January 13, 2005 On the Status and Borders of the Municipal Formations of the Republic of Dagestan, as amended by the Law #43 of April 30, 2015 On the Status of the "City of Makhachkala" Urban Okrug with Intra-Urban Divisions, the Status and the Borders of the Intra-City Districts Comprising the "City of Makhachkala" Urban Okrug with Intra-Urban Divisions, and on Amending Various Legislative Acts of the Republic of Dagestan. Effective as of the day of the official publication.).

外部リンク[編集]