カール・ハインリッヒ・ブロッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カール・ハインリッヒ・ブロッホ

カール・ハインリッヒ・ブロッホカール・ハインリック・ブロックCarl Heinrich Bloch, 1834年5月23日 - 1890年2月22日)は、デンマーク画家である。コペンハーゲン生、同地にて没。

略歴[編集]

コペンハーゲンで生まれた。家族は海軍軍人となることを望んだが、絵画の才能と興味を示し、1849年からデンマーク王立美術院ヴィルヘルム・マーストランに学んだ。1850年代は人々の生活を描く、風俗画を描いていた。

1859年から1865年に間、イタリアに滞在し、ソレントの漁師などイタリアの人々の生活を描いていたが、滞在の後期になると歴史的、宗教的な題材を選ぶようになり、それらの絵画はデンマークでも高い評価を得て、クリスチャンボー城のナショナルギャラリーに買い上げられた。1865年の作品『プロメテウスの解放』でさらに評価は高まり、王立美術院の会員に選ばれた。金持ちの愛好家から新約聖書を題材にした22枚の絵画を火災後の再建中のフレデリクスボー城の祈祷室に飾るために注文を受けた。これらの宗教画が高い評価を得ている。

作品[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、カール・ハインリッヒ・ブロッホに関するカテゴリがあります。