デンマーク王立美術院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Det Kongelige Danske Kunstakademi

デンマーク王立美術院(デンマーク語: Det Kongelige Danske Kunstakademi、英訳例: Royal Danish Academy of Fine Arts)は1754年に創立されたデンマークの美術学校である。絵画、彫刻、建築、写真、映像芸術の教育や研究が行われている。

歴史[編集]

1754年3月31年に、デンマーク国王、フレデリク5世の31歳の誕生日にDet Kongelige Danske Skildre-, Billedhugger- og Bygnings-Academie i Kiøbenhavn (コペンハーゲンのデンマーク王立肖像画、彫刻、建築アカデミー)として設立された。1771年に、Maler-, Billedhugger- og Bygnings-Academiet、1814年にDet Kongelige Academie for de skjønneに改名された。現在の名前は1968年に、アカデミーの教育部門が国立の教育機関に改組された時に改名された。美術院の建物はシャルロッテンボー宮殿の中にあった。1795年のコペンハーゲンの大火の後の復興のための建築のブームに対して美術院への役割は増加した[1]

歴代校長[編集]

  • 1893–1896: Theobald Stein
  • 1896–1899: Otto Bache
  • 1899–1902: Ferdinand Meldahl
  • 1902–1905: Vilhelm Bissen
  • 1905–1906: Otto Bache
  • 1906–1908: Vilhelm Bissen
  • 1908–1911: Martin Nyrop
  • 1911–1914: ヴィゴ・ヨハンスン
  • 1914–1917: Carl Aarsleff
  • 1917–1920: Herman, Baggøe Storck
  • 1920–1925: Joakim Skovgaard
  • 1925–1925: Anton Rosen
  • 1925–1928: Einar Utzon-Frank
  • 1928–1931: Poul Holsøe
  • 1931–1934: Aksel Jørgensen
  • 1934–1937: Einar Utzon-Frank
  • 1937–1940: Poul Holsøe
  • 1940–1943: Sigurd Wandel
  • 1943–1946: Johannes Bjerg
  • 1946–1949: Edvard Thomsen
  • 1949–1952: Kræsten Iversen
  • 1952–1955: Johannes Bjerg
  • 1955–1956: Svend Møller
  • 1956–1965: Palle Suenson
  • 1965–1974: Tobias Faber

授業風景を描いた絵画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Højbro Plads”. Golden Days. 2011年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月21日閲覧。

外部リンク[編集]