ベルテル・トルバルセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルテル・トルバルセン
Karl Begas 001.jpg
原語名 Albert Bertel Thorvaldsen
生誕 1770年11月19日
コペンハーゲン
死没 1844年3月24日
コペンハーゲン

ベルテル・トルバルセン(Bertel Thorvaldsen、1770年11月19日 - 1844年3月24日)は、デンマーク彫刻家

日本では古くからトルバルセン表記が用いられているが原音ではトーヴァルセンである。

略歴[編集]

1840年に撮影されたデンマーク最古の写真の一枚

デンマークの首都コペンハーゲン生まれ。父親はアイスランド人で木彫師、母親はデンマークのユトランド出身。通説では1770年に生まれたとされるが別の資料では1768年生まれともされる。弱冠11歳の頃にデンマーク王立美術院に入学して画家ニコライ・アビルゴールのもとで学んだ。在学中に数々の賞を受賞、奨学金を得てイタリアローマに留学、スペイン広場の近くに居を構え、以降、イタリアで生涯のほとんどを過ごしている[1]。主に新古典主義を追求。最もよく知られる彫刻品には『ニコラス・コペルニクス像』や『ユゼフ・ポニャトフスキ像』などがある。1838年にデンマーク帰国。1844年にコペンハーゲン王立劇場で心臓発作により急死[2]

彫刻[編集]

出典[編集]

  1. ^ Danish sculptor”. 2016年7月17日閲覧。
  2. ^ The Thorvaldsens Museum Archives”. 2016年7月17日閲覧。

外部リンク[編集]