ニコライ・アビルゴール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコライ・アビルゴール
Nicolai Abildgaard
Der Maler Nicolai A. Abildgaard (1772, Jens Juel).jpg
イエンス・ユールによる肖像画
生誕1743年9月11日
デンマーク,コペンハーゲン
死没1809年6月4日
デンマーク,フレゼレクスベア

ニコライ・アビルゴール(Nicolai Abraham Abildgaard、1743年9月11日 - 1809年6月4日)はデンマーク新古典派の画家、彫刻家、建築家である。

略歴[編集]

コペンハーゲンで生まれた。父親は博物画家、博物学者、考古学者のセーレン・アビルゴール英語版でデンマークの動物に関す著作や、デンマークの墓碑などの調査をした人物で、兄に獣医学校の設立者、ピーダ・クリスチャン・アビルゴール(Peter Christian Abildgaard)がいる。

1764年から1772年まで、デンマーク王立美術院でヨハン・マンデリベリ(Johan Mandelberg)やヨハネス・ヴィーデヴェルト(Johannes Wiedewelt)に学んだ。1771年に奨学金を得て、ローマに留学した。1777年にデンマークに戻り、デンマーク王立美術院の教授となり、1789年に美術院の会長となった。代表作は、クリスチャンスボー城に描いた壁画であったが、これは1794年の城の火災で失われた。

歴史画の他、神話や、ジェイムズ・マクファーソンの叙事詩「オシアン」やシェークスピアの作品などの場面を題材とした。彫刻の分野でも働き、有名な彫刻家、ベルテル・トルバルセンはアビルゴールのもとで、芸術活動を始めた。

アビルゴールの作品[編集]

参考文献[編集]

  • Eintrag in Dansk biografisk leksikon (dänisch)
  • Howoldt Jenns E./Gaßner, Hubertus (Hrsg.): Nicolai Abildgaard: der Lehrer von Friedrich und Runge, Katalog zur Ausstellung 'Nicolai Abildgaard. Der Lehrer von Friedrich und Runge' in der Hamburger Kunsthalle vom 6. März bis 14. Juni 2009', Bremen 2009.