カルロ・ガンビーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロ・ガンビーノ
1930年代に撮影されたマグショット
生誕 1902年8月24日
イタリア王国の旗 イタリア王国シチリア州パレルモ県カッカモ
死没 1976年10月15日(74歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州マサピークア
職業 マフィア。自称労働問題コンサルタント
配偶者 カタリーネ・カステラーノ

カルロ・ガンビーノCarlo "Don Carlo" Gambino, 1902年8月24日 - 1976年10月15日)は、ニューヨークイタリアマフィアコーサ・ノストラ)のボスの一人。配下のガンビーノ一家を全米最強最大のマフィア一家に育て上げた。1960年代のマフィアの全国委員会の議長をつとめた大ボス。

生涯[編集]

密輸ギャング[編集]

シチリア島パレルモ近郊のカッカモに生まれた。10代ですでにマフィアの一員となり、1921年にシチリアのマフィアのボスヴィト・カッショ・フェロの命により一家でアメリカに密航し、ニューヨークにいた母方のカステラーノ家のつてを頼ってワインオリーブ油アンチョビなどを密輸した。カステラーノ家は当時、トト・ダキーラジョー・マッセリアなどブルックリンマフィアの密輸請負をやっていた。その後、一度シチリアに戻ってカッシオ・フェロに仕えるが、ベニート・ムッソリーニチェーザレ・モーリのマフィア弾圧を避け、1929年に密航者として再びアメリカへ渡る(このため、ガンビーノは生涯アメリカの市民権を得ることはできなかった)。ブルックリンのネイビーストリートの安アパートに住み、マッセリアの配下として酒の密売を手掛け、ラッキー・ルチアーノらと知り合った。1930年窃盗で逮捕された。1930年前後のカステラマレーゼ戦争では従兄弟ポール・カステラーノと密輸に励み、抗争に巻き込まれるのを避けたと言われる。1926年いとこのポール・カステラーノの妹カタリーネと結婚した(三男一女をもうける)。

五大ファミリー[編集]

カステランマレーゼ戦争の結果、マッセリアとサルヴァトーレ・マランツァーノが殺害され、ニューヨークがラッキー・ルチアーノによって五大ファミリーに分割されると、ブルックリン地区を仕切ったヴィンセント・マンガーノの配下となる。ヤミ賭博、高利貸し、酒の密輸で稼いだ資金でレストランを買収し、裏稼業の隠れ蓑とした他、同性愛者が大っぴらに振舞えないのに目を付けゲイ・バーを開店した。その後、金稼ぎの良さを認められて正式に一家の幹部に昇格した。1939年、酒税詐取の共謀罪で摘発され、22ヶ月の禁固刑を言い渡されたが8ヶ月で赦免となった。禁酒法下の密輸に代わる新たな収入源として配給制のフードスタンプに目を付け、OPA(価格統制局)役人を抱きこんで、第二次世界大戦中これの転売で大儲けし、闇市の帝王となった。1948年、カステラーノと共にパレルモに飛び、ルチアーノらとヘロイン密輸を打ち合わせシチリアの密輸ルートを確立したと言われる。

権力闘争[編集]

1951年、マンガーノを殺して一家のボスになったアルバート・アナスタシアフランク・スカリーチェを副ボスに据えたが、1957年6月17日スカリーチェが暗殺されると副ボスに抜擢された。ヴィト・ジェノヴェーゼと組んでアナスタシアを同年10月25日に暗殺し、一家の実権を握った(3年間の観察期間を経て、一家のボスに据えられたとされる)。

マフィア外交[編集]

ガンビーノはジェノヴェーゼの傀儡に甘んじることなく、1959年、フランク・コステロマイヤー・ランスキールッケーゼ一家のボスのトーマス・ルッケーゼらと組んで今度はジェノヴェーゼを麻薬取引の罪で投獄送りにした。1962年政略婚を通じてルッケーゼと強固な絆を結んだ上で、ジョセフ・プロファチ-ジョセフ・ボナンノのホットラインの切り崩しにかかった。1959年より1960年代にかけてプロファチはその部下ギャロと内部戦争に明け暮れるが、ギャロをけしかけたのは一説にガンビーノとされる。1962年プロファチが病死すると、ギャロの問題を解決していないなどと難癖をつけジョセフ・マリオッコのボス就任を認めず、一家のトップ人事に干渉した末、傀儡のジョゼフ・コロンボをボスに据えた。この間ガンビーノ暗殺計画を立てたとしてボナンノ一家のボス、ジョセフ・ボナンノを糾弾した。その後ボナンノ一家は内輪もめで分裂して抗争する(バナナ戦争)が、ガンビーノの陰謀ではないかと噂された。ボナンノを最終的に引退に追い込んだ。その後も全方位のマフィア外交を展開し、5大ファミリーの主導権を握った。

一家内では古参ジョー・ビオンドを副ボスに据えていたが、1963年アナスタシア忠誠派カポ3人のうち反ガンビーノのアーマンド・ラバとジョニー・ロビトットを粛清し、アニエロ・デラクローチェを1965年頃、副ボスに抜擢してアナスタシア忠誠派の懐柔と監視の役目を与えた。

ニューヨークファミリーの頂点[編集]

1967年病死したルッケーゼの後継ぎに傀儡カーマイン・トラムンティを据え、ルッケーゼ一家も支配下に置いた。ルッケーゼの縄張りだったチームスターの組合支部ローカル295を受け継ぎ、マンハッタンのガーメント地区に地盤を固めた。食肉市場、土建業、港湾貨物、運送屋、清掃業、パン屋・レストランなど外食産業を隠れ蓑にヤミ賭博、高利貸し、売春、ポルノ、組合たかり、インサイダー取引、麻薬、窃盗団・詐欺団など多岐にわたる非合法活動を展開した。1960年代から1970年代にかけて一家は拡大を続け、構成員は正式メンバー以外の関係者を含めると数千人に達し、テリトリーはニュージャージ、カリフォルニア、バルティモア、フロリダ、コネチカットまで及んだ。この時代、マフィアは年間5億ドルは儲けていたという。

1970年3月、妻と街を歩いている時警察に拿捕され、現金輸送車300万ドル強奪事件の首謀者として起訴されたが病気により審理猶予となった。イタリア系アメリカ人公民権同盟を組織し、市民運動家のように活動していたコロンボを、1971年6月28日無名の黒人を使って狙撃して引退に追い込み(意識不明のまま1978年に死亡)、出所したばかりのジョーイ・ギャロに罪を被せてコロンボ派と戦わせた。最後に残っていたジェノヴェーゼ一家についても、ジェノヴェーゼの死後ボス代行となっていたトーマス・エボリを1972年に暗殺し、後釜に盟友のフランク・ティエリを据えるに及んでガンビーノの地位は絶対的なものとなった。

晩年[編集]

1973年、甥のエマニュエル・マニー・ガンビーノが誘拐され殺害されると、デラクローチェ配下のジョン・ゴッティらを使って主犯と見られたアイルランド系のマクブラットニーを暗殺した。晩年は老齢ギャングの通弊として麻薬取引を嫌っていたが、新しいビジネスには積極的で、金儲けのできる仕事は何でも採用したと言われる。

1971年に妻を癌で亡くして以降体調を崩し、1976年に心臓病により自宅で死去。死ぬ1年近く前に実質的なボスの座をカステラーノに譲っていた。その当時デラクローチェは脱税で刑務所に入っていた。クイーンズ区セント・ジョーンズ墓地に埋葬された。葬儀には千人以上が参列した。

ガンビーノは死の直前、後継ボスとして一家内で最大の勢力を誇る副ボスのアニエロ・デラクローチェではなく、いとこのポール・カステラーノを指名した。その時点では分からないことであったが、10年後にデラクローチェの後を継いだジョン・ゴッティによってカステラーノは暗殺され、一家の運命は下降線をたどることになった。

エピソード[編集]

  • 物静かな大ボスというイメージだったが、若いころは冷血非道な殺し屋だった時代もあるという。
  • 小柄で地味な服装、唯一鷲鼻が特徴的な物静かな男であった。生活はつつましく家庭を大事にしており、近所の露店でよく買い物をした。
  • ジョセフ・ボナンノはガンビーノのことを自著の中で「リスのような弱虫で(当時のボスの)アルバート・アナスタシアに殴打されかかっても薄ら笑いを浮かべていた」と中傷している。、柔和でひ弱そうな外見から当時ボスになることを信じた者はいなかったという。
  • 1962年、ルチアーノの葬儀にニューヨークマフィアでは唯一参列し追悼スピーチをしたとされる。
  • 1960年年代初めからFBIの盗聴攻勢に悩まされたが、やがて盗聴されながら仕事の会話をする術を身につけた。1966年頃、警察や移民局の追及を避けるためフロリダに一時退避した。
  • 1967年8月2日、ラスベガスのデザート・インに現れ、フランク・シナトラ、サミー・デイヴィスJr.、ディーン・マーティンらのショーをVIPラウンジで堪能した後、彼ら1人1人に1万ドル配ったという。
  • ガンビーノ一家内で麻薬取引をしている者はいたが、ガンビーノ自身は麻薬ビジネスには反対していたという。シチリアのマフィア、アンジェロ・ラ・バルベーラがアメリカにヘロインを持ち込もうとしたときには「私はおまえを尊敬してるし大事に思っている。しかし、アメリカに麻薬を持ち込むのなら殺さなければならないだろう」とメッセージを送っている。
  • 晩年当局によって不法入国を理由にアメリカを追放されそうになったが、これを差し止めるため上院議員に毎年2万5千ドル払っていたという。
  • NYPD警部のガンビーノ評:トラブルが過ぎ去るまで死に体を装う狡猾さ
  • 表向きの職業は労働問題コンサルタントだった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]