五大ファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五大ファミリー(The Five Families)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市に本拠を置く、マフィア(コーサ・ノストラ)によって構成される犯罪組織である。1931年のギャング抗争(カステランマレーゼ戦争)でサルヴァトーレ・マランツァーノがライバルのジョー・マッセリアに勝利し、ニューヨークのマフィアを5つのグループ(五大ファミリー)に整理した。その後ラッキー・ルチアーノがマランツァーノを暗殺し、五大ファミリーを再編した。

両者の再編とも、既存勢力の追認にとどまり、マッセリアが倒された後もマランツァーノが倒された後も、縄張りはその部下たちにそのまま引き継がれ、ファミリー間の縄張り分割や移譲は行われなかった。ルチアーノの再編では、五大ファミリーを代表するボスたちが紛争解決のために話し合うコミッションが新設された。

1931年の再編[編集]

マランツァーノによる再編:

ルチアーノによる再編:

  • ボナンノ一家(ジョゼフ・ボナンノ) ※旧マランツァーノ一家の大部分を引き継ぐ
  • プロファチ一家(ジョゼフ・プロファチ)
  • ルチアーノ一家(ラッキー・ルチアーノ) 
  • マンガーノ一家(ヴィンセント・マンガーノ) ※スカリーチェを降ろしマンガーノをボスにした
  • ガリアーノ一家(トミー・ガリアーノ)

形成過程[編集]

移民流入 1890年代~1900年代[編集]

五大ファミリーの原型は、アメリカの移民政策によりイタリア移民が急激に増えた1890年代までさかのぼる。移民一世の世代のシチリアギャングは出身地別に派閥を形成し、パレルモ派閥(パレルモ近郊を含む)、コルレオーネ派閥(近郊を含む)、カステランマレーゼ派閥(近郊を含む)が目立って大きかった[1]。3派閥以外にシチリア南部アグリジェント派閥もあった。コルレオーネ派閥のモレロ一家がパレルモ派閥を取り込むなど、同郷シチリアの絆で連携もした。モレロ一家は、強請、賭博、紙幣偽造、麻薬密輸など幅広い違法活動を組織立てて展開し、各派閥のうち突出した勢力になった。彼らはアメリカの組織犯罪(シンジケート)の走りとされた[2]

派閥争い 1910年代[編集]

1910年、モレロ一家のボス、ジュゼッペ・モレロが監獄送りになった時に権力の空白が生まれ、覇権争いが起きた。モレロと共に捕まり政府密告者になったサルヴァトーレ・クレメンテの証言によれば、当時のニューヨークは、マンフレディ派(ブルックリン)、ニコラ(コラ)・シーロ派(ブルックリン)、ロモンテ派(ハーレム)、ダキーラ派(ハーレム)の4つの派閥があり、前3者は互いに提携しているが、ダキーラ派とは対立しているとした[3]

  • マンフレディ派(パレルモ閥)
  • コラ・シーロ派(カステランマレーゼ閥)
  • ロモンテ派(コルレオーネ閥)
  • ダキーラ派(パレルモ閥)

マンフレディはアル・ミネオの本名。ロモンテはモレロの収監後モレロ一家を継いだ。「ダキーラ派は何度も襲撃されており、これからも抗争が起きる」というクレメンテの予想通り、その後多くの流血抗争が起こり、ロモンテ兄弟やジュゼッペ・フォンタナ(パレルモ閥)などが殺された。1920年、モレロが出所した時も派閥間の抗争が発生した(パレルモ対コルレオーネの抗争)。

禁酒法時代[編集]

1920年代、どのシチリア系派閥も酒の密輸・密売に没頭した。密輸の儲けは、賭博・用心棒代・売春など従来の稼ぎとは次元の違う大きさになり、多くのマフィアが急速に富裕化した。海を隔てた国際取引を行うマフィアも現れた。密輸ギャングから酒を買って売りつけるだけのシカゴでは単純な酒場の奪い合いに終始したが、ニューヨークは海外の調達から国内搬送まで強いチームワークが必要な上流部門を抱え、これが組織の規模を大きくした。マランツァーノやルチアーノが五大ファミリーを再編した時、これらのファミリーは移民街の狭い縄張りで自足するストリートギャングではなく、全米・国際規模のシンジケートギャングに変貌していた。

シチリア系と非シチリア系の関係[編集]

他にカモッラなど非シチリア系ギャングがあった。ジョシュ・ガルッチなど既得権を持った大物は例外的で、既得権を持つシチリア系に対し既得権を持たない非シチリア系が挑戦する図式があった。1910年代ブルックリンで台頭したカモッラがハーレムに進出し、1916年マフィア-カモッラ戦争が起きたのもこの流れである。戦争の結果、カモッラの主力が投獄され、カモッラ残党は分散した[4]。1920年代にかけて非シチリア系は定収入の確保を求めて外部協力者、パートナーという立場でマフィアに再接近し、同じ利権を共有する機会が増えた。典型例は、ブルックリン臨界組合を共同で支配したマンガーノ(パレルモ派閥)とフランキー・イェールのカラブリア勢の提携である。非シチリア系がマフィア組織に入るのは1920年代後半になってからだとするジョゼフ・ヴァラキの言葉通り、1920年代後半ナポリ勢、カラブリア勢が、シチリア系組織に大量に流入した[5]

五大ファミリーの源流[編集]

1.パレルモ派閥
ロウアー・マンハッタンロウアーイーストサイドイーストビレッジ)を拠点にイースト・ハーレムブルックリン臨海区、ブロンクス中部にテリトリーを持った。主なリーダーにイニャツィオ・ルポ、ジョゼフ・バルサモ、ジュゼッペ・フォンタナ、ジュゼッペ・ファナラ、サルヴァトーレ・ディベッラ、サルヴァトーレ・ダキーラウンベルト・ヴァレンティ、アクルーソ・ディミノ、アル・ミネオヴィンセント・マンガーノフランク・スカリーチェカルロ・ガンビーノらがいた。1910年のモレロの投獄後、数々の抗争で主役を演じ、一枚岩ではなく、非シチリア系の取り込みに積極的だった。ダキーラ(パレルモ市出身)の組織はアル・ミネオ(同パレルモ市出身)を経てマンガーノ(同パレルモ市出身)一家となった。一方フォンタナ(パレルモ近郊ヴィッラバーテ出身)の組織はダキーラまたはディベッラを経て1920年代半ばプロファチ(ヴィッラバーテ出身)に受け継がれ、プロファチ一家となった[6]
2.コルレオーネ派閥
モレロ一家は1900年代初頭から一大勢力を形成し、イースト・ハーレムを拠点にロウアー・マンハッタン、南ブロンクスに勢力を広げ、パレルモ派閥も多数取り込んだ。この一家の血縁者(ジュゼッペ・モレロニコラス・テラノヴァヴィンセント・テラノヴァチロ・テラノヴァ)の他、フォチュネート・ロモンテ、ヴィト・カッショ・フェロ、ジョー・マッセリア、ガエタノ・レイナ、スティーヴ・ラサール、トミー・ガリアーノなどがいた。コルレオーネ近郊の町レルカラ・フリッディ出身のラッキー・ルチアーノ、メンフィ出身のマッセリアは、経歴上も地理上もこの派閥に属するとみられる。モレロ一家は、ロモンテ兄弟、テラノヴァ兄弟、マッセリアを経てルチアーノが継ぎ、ルチアーノ一家となった。レイナは1910年代にモレロ一家より分派してブロンクスに拠点を築き、トミー・ガリアーノが継いでガリアーノ一家となった。ルッケーゼはパレルモ市出身でありながら若い頃モレロ一家と関係が深く、分派したレイナに追随した。
3.カステランマレーゼ派閥
ブルックリンの北部ウィリアムズバーグとロウアーイーストサイドに拠点を持った。主なリーダー/幹部にニコラ(コラ)・シーロ、ヴィト・ボンヴェントレ、ベンジャミン・ギャロ、マリアーノ・ギャランテ、フランチェスコ・ピューマ、ステファノ・マガディーノサルヴァトーレ・マランツァーノらがいた。この派閥は1900年代後半より、ボンヴェントレが結成した殺人集団グッドキラーズ中心に同郷のブチェラート一家との抗争に明け暮れ、アメリカ北東部各地で多くの殺人を請け負った[7]。マッセリアが侵攻を企てるまで、パレルモ閥とコルレオーネ閥の長年の抗争に巻き込まれなかった。コラ・シーロが長年ボスを務めたが、ステファノ・マガディーノの傀儡と言われた。本当のボスは、マガディーノでもマッセリアと戦ったマランツァーノでもなく、ヴィト・ボンヴェントレだったと見られる。最終的にジョゼフ・ボナンノが継いでボナンノ一家となった。サルヴァトーレ・サベッラ(フィラデルフィア)、ガスパール・メッシーナ(ボストン)、ガスパー・ミラッツォ(デトロイト)など同郷分子がアメリカ北東部に散らばり、派閥の結束力が最も強かった。

シンジケート統合[編集]

カステランマレーゼ戦争[編集]

マランツァーノのファミリー整理[編集]

ルチアーノの協力を得てマッセリアとの争いを制したカステランマレーゼ派ボスのマランツァーノは、マフィア勢力を5つに整理して五大ファミリーとし、自らを五大ファミリーを統括する「ボスの中のボス」と宣言した。敗者となったマッセリアの縄張りには手を付けず、ルチアーノを旧マッセリア派のボスと認めた。全米からマフィアを集めてマフィアの行動規範を定めた。この時点で非シチリア系勢力は各ファミリーに流入し続けており、排他的で有名なカステランマレーゼ派ですらナポリ系ギャングを包含した。マランツァーノはシチリアマフィアの世界支配という野望をもち、非シチリア系イタリアギャングは容認したが、ユダヤ系など他国系ギャングは排除した。開放型シンジケートを目指すルチアーノを危険分子と見なして武力排除に動いたマランツァーノは、マッセリアの死から半年後の1931年9月、ルチアーノの手下に謀殺された[8]

ルチアーノのファミリー再編[編集]

ルチアーノは育った環境(ユダヤ系との混成居住区)や特異な境遇(シチリア小村の出で派閥的に孤立)、持ち前の社交性などから、金儲けの為なら誰とでも付き合い、ユダヤ系やアイルランド系と犯罪を共にし、シチリア系は元より非シチリア系とも手を組んだ。出身地別に徒党を組む当時の風習からは異例で、ギャング社会でシンジケート統合の気運が高まった時、膨大なギャング人脈を持つルチアーノが中心にいて、カリスマ的なリーダーに担ぎ上げられた。

ルチアーノは、各ファミリーの自治権を尊重し、自らも含めてファミリーボスの地位は対等とした。アメリカ各都市のギャング勢力(ユダヤ系、アイルランド系を含む)と共に全米ネットワークを構築し、争い事が起きればボス同士の話し合いで瞬時に解決できるよう合議体のコミッションを作った[9]。ユダヤ系ギャングと合同の執行機関マーダー・インクを作り、プロの殺し屋を雇って殺人行為を規律化した[10]

旧世代マフィアと新世代マフィア[編集]

マランツァーノとルチアーノの対立は、地縁・血縁に囚われる旧世代マフィアとアメリカ育ちの新世代マフィアの対立とも言われたが、その後存続した五大ファミリーの支配層は、血縁者で周りを固め、同郷の絆を重視するなど流儀的に前者に近かった。彼らはマランツァーノのようにシチリア的排外主義をとらず、ルチアーノの構想を受け入れ、協力した。

1920年代を通じて多くの非シチリア勢を傘下に取り込んだマッセリアの一派をそのまま継いだルチアーノ一家が最大のファミリーになった。非シチリア勢がファミリーに流入するが、大半のファミリーの支配層は従来と同様にシチリア勢が中核を占めた[6]。ルチアーノ一家は、ルチアーノに親しいナポリ系・カラブリア系有力者をトップランクに並べた。

ファミリーの拡張[編集]

全米進出[編集]

五大ファミリーは、1933年に禁酒法が終わると、酒の密輸で蓄えた富を全米各地の賭博ビジネスに注ぎ込んだ。全米各都市のギャングと、縄張りの範囲やフリーゾーンの設定を通じて連携した。地元ニューヨークでは各業界の組合に進出し、組合の支配を通じて産業への影響力を強めた。また政治家や官僚、警官、判事を賄賂漬けにし、賄賂攻勢はFBI長官やニューヨーク市長にまで及んだ。1940年代前半の第二次世界大戦では、収監中のルチアーノと政府の密約により連合軍のイタリア上陸やニューヨーク港のスパイ摘発に協力した。1940年代を通じ、賭博や組合の儲けでファミリーは繁栄した。賭博の拡大志向はアメリカにとどまらず、国境を越えてキューバやハイチ、バハマに達し、国際化した。1946年キューバでハバナ会議が開かれ、五大ファミリー中心に全米マフィアが集った。1950年代初め、キーファーヴァー上院委員会でイタリア系ユダヤ系組織犯罪が追及されるが、メンバー個人を脱税で検挙するにとどまり組織そのものは安泰だった[11]

成熟と対立[編集]

1950年代後半から1960年代にかけ、ジェノヴェーゼ一家内の権力闘争、コロンボ一家の内紛、ボナンノ引退騒動(バナナ戦争)など、五大ファミリー内外の軋轢や対立が表面化した[6]。水面下の駆け引きが常態化し、傀儡ボスを置くなどファミリー間に支配関係が生じ、ボス・ファミリーは互いに対等というルチアーノ以来の思想は崩れた。ファミリー内部においても、膨張した組織の中で、活動の違いによる様々な派閥を生じ、対立や分裂を引き起こした(「ホワイトカラー犯罪」専門のフランク・コステロと「ブルーカラー犯罪」専門のヴィト・ジェノヴェーゼの対立、国際ビジネスを優先するボス(ボナンノ)と地元の縄張りを優先する幹部(ガスパール・ディグレゴリオ)の対立など)。

数十年の歳月を経てメンバー構成は、移民中心からアメリカ生まれ世代に変わり、出自が重要視されなくなったが、コロンボ一家の内紛のように、既得権を持ったシチリア系ボス(プロファチ)に対して既得権を持たないナポリ系部下(ジョーイ・ギャロ)が反乱を起こすなど、シチリア系・非シチリア系の対立は時に先鋭化した[6]

1957年11月、ニューヨークのトップ二大ファミリー(ジェノヴェーゼ、ガンビーノ)のボス交代を発表するために開かれたアパラチン会議が地元警察の手入れにあい、集結した全米各都市のマフィアメンバーが60人以上拘束されたが、ジェノヴェーゼやガンビーノら五大ファミリーのボス・幹部も捕まった[12]

1960年代、ガンビーノが勢力を伸張し、コミッションを通じて五大ファミリーを主導した。違法活動は、用心棒代、高利貸し、恐喝、路上賭博等から、組合・企業強請、カジノ建設、金融詐欺等まで多岐にわたった。特に組合を通じた産業界への影響力は史上空前となった。1963年、ジェノヴェーゼ一家のジョゼフ・ヴァラキが沈黙の掟を破って組織の内幕を暴露し、ファミリーの具体的な構成が公に知られることとなった[9]。1969年のジョゼフ・ボナンノの引退をもって、ルチアーノ再編時のボス5人はすべて入れ替わった[6]

入会制限とフロントボス[編集]

1950年代、一部のマフィア上層部がマフィアのメンバーシップの切り売りを行なったため、大量の人間が組織に流入し、組織が膨張した。機密漏えいが危ぶまれた1960年代はその反動でマフィア入会が厳しく制限され、メンバーシップが裏社会の一種のステイタスと化した。

ヴァラキの暴露以降、当局の追及をはぐらかすため実権のない見せかけのボス(フロントボス)を置き、実際のボスは他の者が務めるという手法が取り入れられ、1970年代には一般化した。この手法は1960年代半ばにトーマス・エボリをフロントボスに据えたジェノヴェーゼ一家がニューヨークでは最初とも言われたが、もっと古くルッケーゼ一家が最初とする説もある[13]

現代の五大ファミリー[編集]

RICO法(組織犯罪対策法)に基づくFBIの主導による組織犯罪対策が開始され、その成果が出始めた1980年代から1990年代に組織の体制はほぼ壊滅状態にあり、隆盛を誇った1970年代半ばまでの面影はもはや存在しない。

現在の五大ファミリーの名前の由来は、ジョゼフ・ヴァラキが1963年に初めて沈黙の掟を破って証言したときのそれぞれのボスの名前であり、以来その名称を使用している。現在の五大ファミリーと過去の主なボスは以下の通り。


各ファミリーの勢力は時代と共に変動しているが、ある資料では正式組員の数についてジェノヴェーゼ一家とガンビーノ一家が約300人、他の三つのファミリーは約100人前後としている。

脚注[編集]

  1. ^ New York Mafia - Alternative Theory (May 2014)
  2. ^ Mafia Boss of Bosses Giuseppe Morello - Early Career
  3. ^ The Struggle for Control - The Gangs of New York
  4. ^ The Struggle for Control - Sicilians & Neapolitans
  5. ^ David Critchley(2008), The Origin of Organized Crime in America: The New York City Mafia, 1891–1931
  6. ^ a b c d e THE AMERICAN MAFIA - Crime Bosses of New York
  7. ^ Vito Bonventre Biography
  8. ^ Salvatore Maranzano La Cosa Nostra Database
  9. ^ a b Italian Organized Crime, History of La Cosa Nostra Federal Bureau of Investigation (FBI)
  10. ^ Murder, Inc. - The Syndicate's Killing Team
  11. ^ Kefauver Crime Committee Launched
  12. ^ Attendee Profiles At The 1957 Apalachin Mob Confab Mike La Sorte, 2008
  13. ^ ガリアーノ一家(現ルッケーゼ一家)のボス、トミー・ガリアーノが1932年大型汚職で摘発された時、副ボスのルッケーゼに実権を譲って第一線から身を引き、自らはフロントボスを演じていたとする説。

参考文献[編集]

  • Critchley, David (2008). The Origin of Organized Crime: The New York City Mafia, 1891-1931. London: Routledge. ISBN 9780415882576. 
  • Dash, Mike (2009). The First Family: Terror, Extortion and the Birth of the American Mafia. London: Simon & Schuster. ISBN 9781400067220. 

外部リンク[編集]