五大ファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五大ファミリー(The Five Families)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市に本拠を置く、マフィア(コーサ・ノストラ)によって構成される犯罪組織。サルヴァトーレ・マランツァーノジョー・マッセリアが抗争したカステランマレーゼ戦争が1931年のマッセリアの暗殺をもって終わり、勝者サルヴァトーレ・マランツァーノが主導して、ニューヨークのマフィアを5つのグループに整理し、五大ファミリーとした。その後ラッキー・ルチアーノがマランツァーノを暗殺し、五大ファミリーを再編した。両者の再編とも、既存勢力の追認にとどまり、マッセリアが倒された後もマランツァーノが倒された後も、縄張りはその部下たちにそのまま引き継がれ、ファミリー間の縄張りの分割や移譲等は行われなかった。ルチアーノの再編では、五大ファミリーを代表するボスたちが紛争解決のために話し合うコミッションが新設された。

1931年の再編[編集]

マランツァーノによる再編:

ルチアーノによる再編:

  • ボナンノ一家(ジョゼフ・ボナンノ) ※旧マランツァーノ一家の大部分を引き継ぐ
  • プロファチ一家(ジョゼフ・プロファチ)
  • ルチアーノ一家(ラッキー・ルチアーノ) 
  • マンガーノ一家(ヴィンセント・マンガーノ) ※スカリーチェを降ろしマンガーノをボスにした
  • ガリアーノ一家(トミー・ガリアーノ)

形成過程[編集]

シチリア移民[編集]

五大ファミリーの原型は、アメリカの移民政策によりイタリア移民が急激に増えた1890年代までさかのぼることができる。シチリア移民から、大きく分けてパレルモ派閥(パレルモ近郊を含む)、コルレオーネ派閥(近郊を含む)、カステランマレーゼ派閥(近郊を含む)の3つが形成され、その中で更に出身地別に小派閥を内包した。パレルモ派閥のルポ・サイエッタがコルレオーネ派閥のモレロ一家と提携したように各派閥間で一種のパートナーシップの関係を保ったと考えられる。ルポ/モレロ一家は、商店の強請、賭博、紙幣偽造、麻薬密輸など幅広い非合法活動を組織立てて展開し、従わない者や反逆者をしばしば殺害した。彼らはアメリカの組織犯罪(シンジケート)の走りとされたが、各派閥との関係は不明な点が多い。各派閥がルポ&モレロ一家という大組織の中の一派閥だったとする見方と、ルポ&モレロ一家は単なる一有力組織に過ぎず、各派閥への支配関係はなかったとする見方の両方がある。1910年ルポとジョセップ・モレロが監獄送りになった時と1920年モレロが出所し組織に復帰した時にそれぞれ派閥間の抗争が発生した(いずれもパレルモ派閥とコルレオーネ派閥間の抗争)。

シチリア系と非シチリア系の関係[編集]

他にイタリア半島南部出身の集団(カモッラ)があったが、1916年のマフィア-カモッラ戦争においてカモッラの主要なリーダーが一斉に投獄された後その残党がシチリア系のパレルモ派閥やコルレオーネ派閥に分散吸収された。また同時代のストリートギャングにイタリアの雑多な出自を持つファイブ・ポインツ・ギャングがあったが、このギャング集団を母体として一大勢力を築いたフランキー・イェールの組織が1928年イェールの暗殺により崩壊した時、その残党分子(非シチリア系)が同じくパレルモ派閥やコルレオーネ派閥に分散吸収された。

五大ファミリーの源流[編集]

1.パレルモ派閥
ロウアー・マンハッタンロウアーイーストサイドイーストビレッジ)を拠点にイースト・ハーレムブルックリン臨海区、ブロンクス中部にテリトリーを持った。主なリーダーにルポ・サイエッタ、ジョゼフ・バルサモ、ジョゼフ・フォンタナ、ジョゼフ・ファナラ、トト・ダキーラウンベルト・ヴァレンティアル・ミネオヴィンセント・マンガーノフランク・スカリーチェカルロ・ガンビーノらがいた。ダキーラ(パレルモ市出身)の組織はアル・ミネオ(同パレルモ市出身)を経てマンガーノ(同パレルモ市出身)一家となった。一方フォンタナ(パレルモ近郊ヴィッラバーテ出身)の組織は1920年代半ばプロファチ(ヴィッラバーテ出身)に受け継がれ、プロファチ一家となった。
2.コルレオーネ派閥
モレロ/テラノヴァ一家は1900年代初頭から一大勢力を形成し、イースト・ハーレムを拠点にロウアー・マンハッタン、南ブロンクスに勢力を広げた。この一家の血縁者(ジョセップ・モレロ、ニコラス・モレロ、ヴィンセント・テラノヴァ、チロ・テラノヴァ)の他、フォチュネート・ロモンテ、ヴィト・カッショ・フェロ、ジョー・マッセリア、ガエタノ・レイナ、ステファノ・ラサーレ、トム・ガリアーノなどがいた。コルレオーネ近郊の町レルカラ・フリッディ出身のラッキー・ルチアーノ、メンフィ出身のマッセリアはこの派閥に属する。モレロ一家はマッセリアを経てルチアーノが継ぎ、ルチアーノ一家となった。レイナは1910年代にモレロ一家より分派してブロンクスに拠点を持ち、トミー・ガリアーノが継いでガリアーノ一家となった。ルッケーゼはパレルモ派閥でありながら若い頃にモレロ一家に属し、分派したレイナに追随した。
3.カステランマレーゼ派閥
ブルックリンの北部ウィリアムズバーグとロウアーイーストサイドに拠点を持った。主なリーダーにコラ・シーロ、ヴィト・ボンヴェントレ、ステファノ・マガディーノ、サルヴァトーレ・マランツァーノらがいた。最終的にジョゼフ・ボナンノが継いでボナンノ一家となった。3派閥のうち最も結束力が高く、サルヴァトーレ・サベッラ(フィラデルフィア)、ガスパール・メッシーナ(ボストン)、ガスパー・ミラッツオ(デトロイト)など同郷分子がアメリカ北東部に広く散らばった。

現代の五大ファミリー[編集]

RICO法(組織犯罪対策法)に基づくFBIの主導による組織犯罪対策が開始され、その成果が出始めた1980年代から1990年代に組織の体制はほぼ壊滅状態にあり、隆盛を誇った1970年代半ばまでの面影はもはや存在しない。

現在の五大ファミリーの名前の由来は、ジョゼフ・ヴァラキが1963年に初めて沈黙の掟を破って証言したときのそれぞれのボスの名前であり、以来その名称を使用している。現在の五大ファミリーと過去の主なボスは以下の通り。


各ファミリーの勢力は時代と共に変動しているが、ある資料では正式組員の数についてジェノヴェーゼ一家とガンビーノ一家が約300人、他の三つのファミリーは約100人前後としている。