カステランマレーゼ戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カステランマレーゼ戦争The Castellammarese War 1929年-1931年)とはアメリカ禁酒法時代ニューヨーク州ニューヨーク市で発生したイタリア系マフィアの抗争事件のことである。サルヴァトーレ・マランツァーノジョー・マッセリアが抗争し、多くの流血沙汰を起こした。両陣営で十数人の死者を出した。

抗争はマランツァーノが勝利し、ニューヨークマフィア勢力を5つのグループ(五大ファミリー)に整理し、自ら「ボスの中のボス(イタリア語でcapo di tutti capiと呼ばれる) 」を宣言した。五大ファミリーはその後ラッキー・ルチアーノの主導で、縄張り争いを解決するコミッション(全国委員会)の常設や全米マフィアのネットワーク化など犯罪シンジケートの基盤作りが推進された。この戦争の名前はマランツァーノ陣営がシチリア西部の町カステッランマーレ・デル・ゴルフォ(以下カステラマレと略記)出身者の派閥だった事に由来する。

マッセリアの勢力拡張[編集]

ニューヨークでは20世紀初頭からイタリア系ギャング集団が出身地別に派閥を形成し、特にパレルモ派、コルレオーネ派、カステラマレ派などシチリア系マフィアが組織力で突出した。

1922年、ジョー・マッセリアはコルレオーネ派のモレロ一家を継ぎ、酒の密輸で勢力を拡大した。1928年10月、仇敵サルヴァトーレ・トト・ダキーラ(パレルモ派閥)を暗殺して縄張りを奪い、傀儡ボスのアル・ミネオを通じて支配した(旧ダキーラ派の一部は反発してカステラマレ派と同盟した)。1928年7月アル・カポネと対立して殺されたフランキー・イェールの南ブルックリンの縄張りに進出し、傘下に加えた[1]

マッセリアはシチリアではマイナーな出身地だったため、シチリア系の主要派閥や非シチリア系ギャングと積極的に連携して支配下に取り込んだ。チロ・テラノヴァ(モレロ一家・コルレオーネ派閥)、アル・ミネオ(パレルモ派閥)、ガエタノ・レイナ(コルレオーネ派閥)、アンソニー・カルファノ(旧イェール派・ナポリ系)、ヴィンセント・マンガーノ(旧ダキーラ派・パレルモ派閥+カラブリア系)、ブロードウェイモブ(ルチアーノ、フランク・コステロジョー・アドニスなど)を傘下に入れた。

マッセリアはさらに攻略を進め、1920年代後半、シカゴやデトロイトのカステラマレ派を傘下に取り込もうとしたが頑強に抵抗された。シカゴのジョー・アイエロとの話し合いは不成功に終わり、アイエロと対立していたアル・カポネと同盟してアイエロやその同盟者でデトロイトのカステラマレ派ガスパー・ミラッツォをけん制した。反マッセリアの動きを煽っているのがミラッツォやバッファローのカステラマレ派ボスのステファノ・マガディーノと考えたマッセリアはマガディーノを呼んだが彼は姿を現さず、今度は北ブルックリンのマランツァーノを呼び出して仲介を頼んだが、これも失敗した。

カステラマレ派の抵抗と武装化[編集]

カステラマレ派はアメリカ北東部の各都市に散らばり、問題が起こると互いに連携するなど団結力が強かった。ニューヨークでは北ブルックリン(ウィリアムズバーグ周辺)が最も大きい拠点で、ボスは長年コラ・シーロが務めた。例外にもれず、禁酒法下の酒の密輸で富裕化した[1]

マッセリアに上納金を要求されたカステラマレ派は、酒の醸造所を操業するマランツァーノを中心にマッセリアに抵抗した。輸送中の密輸トラックを武力で横取りするカージャックが横行し、マランツァーノはマッセリア一味の襲撃から酒の輸送を守るため武装ガードを強化した。じきに互いのトラックを襲って酒を横取りし合うようになった[1]

1930年、平和派ボスのコラ・シーロがマッセリアに上納金を払って姿を消し[1]、副リーダーのジョー・パリッノはマッセリアに譲歩を続け、やがてマッセリアの傀儡になっていたことが判明して指導者の地位をはく奪され、ミラッツォやマガディーノの強力な支持のもとマランツァーノが新リーダーに選ばれた。副ボスのアンジェロ・カルーソの下、ヴィンセント・ダッナ、セバスチャン・ドミンゴ、カロゲロ・ディベネディット、ジョゼフ・ボナンノガスパール・ディグレゴリオ、マガディーノらが第一親衛隊(Boys of the First Day)としてマランツァーノを支え、その下に暗殺や襲撃を行う兵隊を組織した。

戦争の口火[編集]

ブロンクスに拠点を持っていたガエタノ・レイナはマッセリアと同盟していたが、マッセリアに氷供給業の割譲を迫られたため、カステラマレ派と駆け引きをしようとした。裏切りを疑われたレイナは、1930年2月26日、マッセリア配下のヒットマンに銃殺された[1][2]。レイナの死が戦争のきっかけとなった[1]

抗争のエスカレート[編集]

マッセリアはしつこくミラッツォに自陣参加を求めたが拒絶されたため、1930年5月、ミラッツォと敵対するデトロイトのラマーレ派を抱き込んでこれを謀殺した。同年7月15日、戦争資金を拠出していたカステラマレ派の重鎮ヴィト・ボンヴェントレを殺害した[3]。8月15日、マランツァーノは報復としてマッセリア派の参謀ピーター・モレロをイースト・ハーレムの彼の事務所にて暗殺した[1]

マッセリアはレイナの後釜に腹心のジョー・ピンゾロを据えていたが、レイナ一家のトミー・ガリアーノトーマス・ルッケーゼは自分らが無視されたことでピンゾロを支持せず、密かにマランツァーノに寝返った[1]。9月5日、ピンゾロは、ルッケーゼが借りていたタイムズスクエアのオフィスにて、ガリアーノの手下(一説にボビー・ドイル)により射殺された[1]。ガリアーノはピンゾロが死んだ後もマッセリア陣営を装いつつ、マランツァーノに戦闘員を提供した。

10月、マッセリアはブルックリンのカステラマレ派の有力者フランチェスコ・イタリアーノの命を狙うが、狙撃は失敗し怪我を負わせるにとどまった。10月23日、マッセリアはアイエロをシカゴで暗殺した。この暗殺はマランツァーノ派とカポネとのシカゴにおける激しい権力争いの一部だったとみられたが、ルチアーノによれば、マッセリアがアル・ミネオに指令して殺害が実行された[4]

11月5日、マッセリア軍団の中核だったアル・ミネオとスティーブ・フェリーニョが作戦会議に集まったところを急襲され、暗殺された(会議場所をリークした裏切り者がいたと信じられている)。会議場所近くに張り込んでいたマランツァーノの暗殺部隊はマッセリアを狙っていたが、彼は現れなかった。この頃からマッセリア側に付いていたギャング達はマランツァーノに鞍替えし始めた。本来の対立の原点だったカステラマレ側対非カステラマレという構図が意味を成さなくなっていった。この間、ルチアーノはマランツァーノと和解するようマッセリアを説得したが、マッセリアは頑として拒否したとも伝えられた。

終結[編集]

1931年2月3日、マランツァーノの密輸トラックへの襲撃を繰り返していたマッセリア派の武闘派ジョー・"ザ・ベイカー"・カターニャが銃撃され、2日後に死亡した[1]。マッセリアの勢いが削がれる中、ルチアーノはマランツァーノに、「戦争を早急に終わらせること」を条件にマッセリアを裏切るとメッセージを送り、マランツァーノはこれを承諾した。

1931年4月15日、マッセリアは、ブルックリン区コニーアイランドにあるレストラン「ヌォヴァ・ヴィラ・タマッロ」で仲間3人とトランプをしていた際、突然現れた2人のヒットマンに近距離から銃撃され、即死した[4]。マランツァーノ派を一気にせん滅する良いアイデアがあると言われてレストランにおびき出され、そのアイデア提供者を待っている間に殺されたとみられた。仲間3人はレストランにオーバーコートを残したまま姿を消していた(言い伝えでは、ヒットマンはルチアーノの部下4人で、アルバート・アナスタシアジョー・アドニスヴィト・ジェノヴェーゼベンジャミン・シーゲルとされた[1]が、これらの人物群が現場にいたかは不明である。目撃証言では洒落たスーツを着た2人組がレストランに乱入した直後に銃声が聞こえた)。マッセリアの銃殺の少し前、付近の路上でアンソニー・カルファノの姿が知人に目撃された。マッセリアの死により戦争は終結した。

組織構築[編集]

勝者となったマランツァーノは、アメリカ北東部を中心に全米からギャングを集め、集会やパーティを何度も開いた。集会では戦争終結を祝うと同時にマフィアの行動規範やファミリーの整理・組織化を行った[5]。ニューヨークの各勢力を5つに整理して五大ファミリーとし、それぞれマランツァーノ、ラッキー・ルチアーノジョゼフ・プロファチトミー・ガリアーノフランク・スカリーチェがボスとなった[1]。ニューヨーク市を除いた北東部と中西部の各都市部は、ー都市につき一つのファミリーを置いた。マランツァーノは、自らを「ボスの中のボス(capo di tutti capi)とし、全米の犯罪組織を統括する存在とした。

各ファミリーは1人のボスによって率いられ、ボス補佐役として副ボス(underboss)が付けられた(後に、第3のポジションとして相談役(consigliere)が設置された)。副ボスの下、ソルジャーで構成されるクルーが置かれ、幹部(カポまたはカポレジーム、キャプテン)がこれを統率した[6]

戦争につきものの、勝者が敗者の縄張りを得るなどの行為は行われず、旧マッセリア傘下の縄張りはそのまま維持された。マッセリアを倒してもその縄張りを侵さないというルチアーノの意向にマランツァーノが譲歩した結果とみられた。

マランツァーノとルチアーノ[編集]

「ボスの中のボス」を自称したマランツァーノは、マッセリアの死から半年後の1931年9月10日、連邦捜査官に変装したルチアーノ配下のユダヤ系殺し屋4人により謀殺された。一説に、マランツァーノはルチアーノを危険分子とみなし、ルチアーノをはじめ今後排除すべきギャングとして暗殺リスト[7]を作っていたとされ、これを察知したルチアーノに先回りされて殺されたとする説がある。

カステラマレ派の第一親衛隊はボスが殺されたにもかかわらず、ルチアーノに対し復讐しなかった[1][8]。一説に、マランツァーノは戦後のパーティなどで集めた祝勝金や寄付金を、勝利に貢献した部下に還元せず、「新たな戦争に備える」として独り占めしたため部下の信頼を失ったという(ボナンノ父子の回想)。ボス無きカステラマレ派とルチアーノの間で話し合いがもたれ、何らかの妥協策で合意したと信じられている。カステラマレ派は程なく新たなボスにジョゼフ・ボナンノを選んだ。

ルチアーノは、ボナンノプロファチガリアーノマンガーノ、そしてルチアーノ自身をそれぞれボスとして五大ファミリーを再編した。各ファミリーの自治権を認め、互いの関係は対等とし、抗争を避けるためボスが話し合うコミッションを設置した[5]

ルチアーノの眼目はビジネスの阻害要因となる流血抗争をなるべく早く終わらせること、両陣営の包含する諸勢力のパワーバランスを変えずにそれを成し遂げることであったとみられ、その目的は達成された。戦争中からカステラマレ勢力の若手ギャングとひそかに通じ、旧レイナ勢力を味方につけるなど水面下の連携を進めたことや、ルチアーノ自身の勢力の大きさ、カリスマ性などが成功の理由とされた。

世代抗争[編集]

カステランマレーゼ戦争は、ルチアーノを筆頭とする新世代とマランツァーノ、マッセリアを筆頭とする旧世代(口ひげピート)との抗争と表現され、それはしばしば、アメリカナイズされたビジネス主義と血縁地縁を重視する伝統主義の対立に置き換えられた。しかし生き残った五大ファミリーの支配層は、密輸で獲得した巨大な資金を元にアメリカ資本主義に適合した事業多角化を進め、兄弟や親族で側近を固めて血縁の絆を維持するなど、両方の要素を均等に包含した。マッセリアはシチリア系としてはマイナーな出身地だった経歴から、多様なギャングと積極的に交流・同盟し、新世代とされるボナンノやプロファチよりずっと開明的だった。ルチアーノ一家の支配層は非シチリア系ギャングで多数占められたが、母体のマッセリア一家の構成ギャングをそのまま継承したと信じられている。

シチリアの晩祷の夜[編集]

マランツァーノ暗殺後、48時間以内に全米の30~40人の口ひげピート(旧時代のボスの蔑称)が殺されたとする伝説(「シチリアの晩祷の夜」)がある。実際は大量殺戮の事実はなかった。

出元の1つはダッチ・シュルツの弁護士デキシー・デービスの誇張した回想(マランツァーノ死後90人が死んだ云々)ではないかと指摘されている。アラン・ブロックは、マランツァーノ殺害から2週間にわたって、ニューヨーク、ロサンゼルス、デトロイト、ニューオリンズなど主要都市の新聞をくまなく調べ上げ、マランツァーノ殺害に関連した殺人は合計4件だったとした(Sam Monaco, Louis Russo, Joseph Siragusa, Jimmy Marino)。

ブロックは、この伝説が長い間、根強く信じられた原因として、カステラマレ派が持っていた広範な犯罪ネットワークを挙げている。このネットワークの存在が、メンバーの多くが殺されたという憶測を信じやすくしたとする。またこの伝説は、マランツァーノ支持者が根こそぎいなくなったという安心感、状況の沈静化を促すものとして機能したとしている。そもそも、暗殺のターゲットになるようなギャングは居場所を把握するのも難しいことが多く、20人40人90人のギャングが静かに歩調をそろえて暗殺されるべき場所に存在し、わずか2,3日の間に、彼らを暗殺するもう一方の20人40人90人のチームが存在してその全部の暗殺に成功する、というようなことを想定するのは非現実的だとしている[9]

犠牲者[編集]

(MZ)はマランツァーノ派、それ以外はマッセリア派

1930年2月26日 ガエタノ・レイナ(MZ)※元マッセリア同盟者

1930年5月31日 ガスパー・ミラッツォ(MZ)

1930年7月15日 ヴィト・ボンヴェントレ(MZ)

1930年8月15日 ピーター・モレロ

1930年9月5日 ジョー・ピンゾロ

1930年10月23日 ジョー・アイエロ(MZ)

1930年10月   パスケール・ダウリア(MZ)

1930年11月5日 アル・ミネオ

1930年11月5日 スティーブ・フェリーニョ

1931年1月19日 ジョー・パリッノ(MZ)※マランツァーノ派による粛清

1931年2月3日 ジョー・"ザ・ベイカー"・カターニャ

1931年4月15日 ジョー・マッセリア

1931年9月10日 サルヴァトーレ・マランツァーノ(MZ)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Castellammarese War La Cosa Nostra Database
  2. ^ 一説によると、ルチアーノはマッセリアにレイナの監視を命じられていたが、レイナの部下トミー・ガリアーノトーマス・ルッケーゼから、レイナのマランツァーノへの寝返りを知らされたという。裏切りに気付いたマッセリアがレイナとマランツァーノを結託させない為にルチアーノに殺害を命じたとも、ルチアーノは監視を命じられただけで、殺害に関与していないとも言われる。一説に下手人はルチアーノ仲間のヴィト・ジェノヴェーゼとも言われたが、異論が多い。Castellammarese War (Part Three) The American Mafia
  3. ^ Vito Bonventre La Cosa Nostra Database
  4. ^ a b Castellammarese War (Part Three) The American Mafia
  5. ^ a b Italian Organized Crime, History of La Cosa Nostra FBI
  6. ^ ソルジャー達の下にファミリーに協力する非ソルジャーを置いた(のちに彼ら非ソルジャー達はワイズ・ガイ(wise guys)として知られるようになった)。また、ワイズ・ガイと呼ばれる者たちの中にはイタリア系ではない者達も含まれた。
  7. ^ ジョゼフ・ヴァラキによればアル・カポネ、ルチアーノ、フランク・コステロ、ヴィト・ジェノヴェーゼ、ヴィンス・マンガーノ、ジョー・アドニス、ダッチ・シュルツとされる。Genovese Link To Gang Deaths, Lawrence Journal-World - Oct 2, 1963
  8. ^ ニコラ・ジェンタイルの自伝(1963年)では、殺し屋をマランツァーノの事務所に連れて行ったのはボナンノだとした。The Complete Idiot's Guide to the Mafia, 2nd Edition Jerry Capeci, P. 286。ボナンノの自伝(1983年)は、マランツァーノ暗殺を事前に知らなかったとした上でトーマス・ルッケーゼの関与をほのめかした。
  9. ^ The Complete Idiot's Guide to the Mafia, 2nd Edition Jerry Capeci, P. 283 - P. 284

外部リンク[編集]