カトウコトノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カトウコトノ
生誕 ????6月15日
日本の旗 日本新潟県見附市
職業 漫画家
活動期間 2007年 -
ジャンル 少年漫画
代表作将国のアルタイル
受賞 第5回シリウス新人賞入選(『アナスタシアの親衛隊長』)
第41回(平成29年度)講談社漫画賞少年部門(『将国のアルタイル』)
テンプレートを表示

カトウ コトノ(6月15日[1] - )は、日本漫画家新潟県見附市出身[2]。新潟県在住[1]血液型はO型[1]

日本アニメ・マンガ専門学校マンガクリエイト科出身[3][4]

経歴[編集]

活動[編集]

2006年冬に投稿し[5]、24歳の時に『アナスタシアの親衛隊長』で第5回シリウス新人賞入選(tono名義)[6][7]、同作でデビュー[1]。2007年、『月刊少年シリウス』(講談社)9月号より代表作となる『将国のアルタイル』の連載を開始[1]

2011年、単行本第9巻の発売を記念して、有隣堂ヨドバシAKIBA店にて原画展を実施[8]

2014年には尾玉なみえの『マコちゃんのリップクリーム』の完結を記念し、『月刊少年シリウス』12月号にてカラーイラストを寄稿[9]。同年12月6日より東京・青山のギャラリーGoFaにて、『将国のアルタイル』の原画展を開催[10]

2015年、『なかよし』(同)創刊60周年を記念した「人気まんが家60人大集合ポスター」第2弾にイラストを寄稿[11]

2017年、『将国のアルタイル』が第41回(平成29年度)講談社漫画賞少年部門を受賞[12]。同年7月、同作がテレビアニメ化される[13][14]。テレビアニメ化を記念して、同年9月9日から10月9日までGoFaにて原画展「将国のアルタイル原画展 〜大将国展〜」を開催[15][16]。本原画展は、0月21日から11月26日まで新潟・新潟市マンガ・アニメ情報館でも開催[17]

2017年10月6日にはカトウ初となる画集『画集 将国のアルタイル』を発売[18]

新潟での活動[編集]

2010年2月、新潟市民芸術文化会館で開催された「第12回 にいがたマンガ大賞フェスティバル」にて、新潟出身の漫画家6人の原画展が行われ、カトウの原画も展示される[19]。翌年の2月26日と27日に行われた「新潟国際アニメ・マンガフェスティバル2011」ではトークショーに出演し[20]、同時に原画展も開催され[20]、展示された描きおろしイラストを寄稿[21]

2012年2月に行われた「にいがたアニメ・マンガフェスティバル2012」では会場が万代・白山・古町の3つのエリアにわかれており、万代エリアで開催の原画展にカトウが参加[22]

作風[編集]

『将国のアルタイル』にて、新人らしからぬ完成度の高い端麗な絵柄とストーリー構成で人気を集める[7]

人物[編集]

デビュー以前[編集]

幼少期は『オバケのQ太郎』『ドラえもん』など、テレビアニメが好きだった[23]。漫画を描き始めたのは幼稚園の頃で、絵本のような感覚で画用紙1枚に1コマを描いていたという[23]。母親が手塚治虫のファンで、家に漫画があったことが描き始めたきっかけである[23]。幼稚園のころはとにかく「姫キャラに憧れていた」のだという[23]

学生時代には母の進言もあり、あえて文科系を選ばずに体育会系であるテニス部に所属していた[23]。部活動で経験したスポコン体験は生かされているという[23]

影響を受けた作品[編集]

最も影響を受けた漫画家は、冨樫義博[23]。カトウによると、展開が全く読めずセオリー通りではない展開に、衝撃を受けたという。それに影響を受け、『将国のアルタイル』の結末に白黒つけない、世間一般の価値観を覆すような展開を心がけているとカトウは語っている[23]

好きな作品[編集]

2018年の『月刊少年シリウス』のインタビューでは、好きな漫画に『ヒストリエ』を挙げている[5]

新潟に対する考え[編集]

新潟と漫画[編集]

故郷である新潟が「アニメ・マンガ大国」として国内外に発信されていくことについて、「漫画家にとってやりやすい環境が新潟に整うことになると思うため、嬉しい」という[23]。新潟で良いところとして「腕のいいアシスタントが揃うこと」を挙げており、「日本アニメ・マンガ専門学校の教育の賜物」だと語っている[23]

東京にある出版社とはほぼFAXと電話でやり取りをしているが、不自由を感じたことはなく、このために良いFAXを入れたのだという[23]

新潟に対して「アニメや漫画を観光資源にして集客ができるようになるといい」と期待している[23]

新潟で活動する理由[編集]

新潟県で活動している理由は、ひと言でいえば「新潟が好き、家族が好き」だからだと答えている[23]。東京で一人暮らしをしていた大学4年生の時に新潟県中越地震を経験し[23]、それがきっかけとなり、新潟や家族への思いを再認識したという[23]。家族の死を身近に感じ、自分が東京にいる間に家族が新潟で亡くなってしまったら後悔すると考え、新潟に帰ることを決意[23]。その後日本アニメ・マンガ専門学校に入学し、共に暮らしながら仕事をしている[23]。家族がいると、精神的に楽だという[23]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

  • アナスタシアの親衛隊長(『月刊少年シリウス』2007年4月号[5]) - 『将国のアルタイル』単行本第4巻に収録。
  • 将国のアルタイル(『月刊少年シリウス』2007年9月号 - 連載中、既刊24巻)※2021年6月現在

原案・監修[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 将国のアルタイル(1)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2021年6月8日閲覧。
  2. ^ 見附市出身の漫画家カトウコトノさんが第41回講談社漫画賞を受賞”. 見附市役所 (2017年5月17日). 2021年6月8日閲覧。
  3. ^ カトウコトノ 実績”. 日本アニメ・マンガ専門学校. 2021年6月8日閲覧。
  4. ^ “JAM卒業生マンガ家の原画展、新潟で開催中”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年3月14日). https://natalie.mu/comic/news/14377 2021年6月8日閲覧。 
  5. ^ a b c 【月刊少年シリウス創刊13周年記念スペシャル企画】★シリウス新人賞出身作家スペシャルインタビュー★カトウコトノ先生編”. 月刊少年シリウス編集部ブログ. 講談社 (2018年5月26日). 2021年6月8日閲覧。
  6. ^ 第5回シリウス新人賞 審査結果発表”. 月刊少年シリウス. 講談社. 2021年6月8日閲覧。
  7. ^ a b “カトウコトノ「将国のアルタイル」4巻でサイン会”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年3月13日). https://natalie.mu/comic/news/14309 2021年6月8日閲覧。 
  8. ^ “「将国のアルタイル」カトウコトノがサイン会&原画展”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年7月20日). https://natalie.mu/comic/news/53376 2021年6月8日閲覧。 
  9. ^ “マコリプ完結!羽海野らが尾玉なみえ愛を叫ぶ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年10月25日). https://natalie.mu/comic/news/129594 2021年6月8日閲覧。 
  10. ^ “将国のアルタイル原画展&サイン会が開催”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年11月3日). https://natalie.mu/comic/news/130283 2021年6月8日閲覧。 
  11. ^ “早稲田ちえ、松本光司らも登場!なかよし付録の豪華ポスター第2弾”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年3月3日). https://natalie.mu/comic/news/139928 2021年6月8日閲覧。 
  12. ^ “講談社漫画賞、将国のアルタイル、PとJK、ザ・ファブルの3作品に決定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年5月9日). http://natalie.mu/comic/news/231840 2018年4月6日閲覧。 
  13. ^ TVアニメ『将国のアルタイル』、7月放送開始! 新PV&追加キャストを発表”. マイナビニュース (2017年3月26日). 2018年4月6日閲覧。
  14. ^ “「将国のアルタイル」TVアニメ化!村瀬歩や古川慎ら出演、ボイス入りPVも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年12月25日). https://natalie.mu/comic/news/214460 2021年6月8日閲覧。 
  15. ^ “カトウコトノ「将国のアルタイル」原画展がGoFaで開催、新潟でも実施”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年7月9日). https://natalie.mu/comic/news/239975 2021年6月8日閲覧。 
  16. ^ “「将国のアルタイル」原画展、サイン入りアートグラフの販売やコラボカフェ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年9月5日). https://natalie.mu/comic/news/247471 2021年6月8日閲覧。 
  17. ^ “カトウコトノ「将国のアルタイル」の原画展が新潟で、缶バッジ付き入場券も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年10月17日). https://natalie.mu/comic/news/253029 2021年6月8日閲覧。 
  18. ^ “カトウコトノの初画集、「将国のアルタイル」のイラスト170点以上を収録”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年10月6日). https://natalie.mu/comic/news/251687 2021年6月8日閲覧。 
  19. ^ “カトウコトノ、夏海ケイら新潟出身マンガ家が凱旋原画展”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年2月26日). https://natalie.mu/comic/news/28311 2021年6月8日閲覧。 
  20. ^ a b “カトウコトノ、新潟のマンガフェスでトークショーに出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年1月30日). https://natalie.mu/comic/news/44125 2021年6月8日閲覧。 
  21. ^ “新潟シティが2次元まみれ!「アニメ・マンガフェス2011」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年2月15日). https://natalie.mu/comic/news/45030 2021年6月8日閲覧。 
  22. ^ “ゆるゆり、パタリロほか人気作ずらり!新潟でマンガの祭典”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年2月16日). https://natalie.mu/comic/news/64572 2021年6月8日閲覧。 
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r ゲストインタビュー マンガ家 カトウコトノ先生 - にいがたアニメマンガフェスティバル - ウェイバックマシン(2011年6月11日アーカイブ分)
  24. ^ “ラノベ「生徒会探偵キリカ」がマンガ化、シリウスで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年4月26日). https://natalie.mu/comic/news/68475 2021年6月8日閲覧。 
  25. ^ “シリウスで「将国のアルタイル」外伝開幕、「獣の奏者」は7年半の連載に幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年1月26日). https://natalie.mu/comic/news/173783 2021年6月8日閲覧。 
  26. ^ “「将国」の外伝「嶌国のスバル」1巻、東弓を巡る極東の小国の国土回復譚”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年1月17日). https://natalie.mu/comic/news/217177 2021年6月8日閲覧。