カサブランカ会談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カサブランカ会談
80-G-38559 (25601980716).jpg
アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトとイギリス首相ウィンストン・チャーチル、側近らと(カサブランカ、1943年)
日程 1943年1月14日1月24日
会場 アンファホテル(Anfa Hotel)
都市 カサブランカ
(Merchant flag of French Morocco.svg フランス領モロッコ)
参加者

カサブランカ会談(カサブランカかいだん、Casablanca Conference)は、第二次世界大戦中に行われた連合国首脳会談の一つ。1943年1月14日から23日にかけて、モロッコカサブランカにおいて開催された。

内容[編集]

カサブランカ会談を行う米英首脳と側近ら

アメリカ大統領フランクリン・ローズヴェルトイギリス首相ウィンストン・チャーチルによって行われた。

内容としては、アフリカ作戦の成功後、シチリア島南イタリアへの上陸作戦をとることを確認したことと、枢軸国に対して無条件降伏を要求する方針を確認したことが挙げられる。

なおこの時期に北アフリカヴィシー政権から独立して樹立されていたフランスの政権には、シャルル・ド・ゴールアンリ・ジローの両指導者の間に対立があり、この会談の際に、ローズヴェルト、チャーチルはこれらフランス側指導者を加えて談合を行ったが、十分な解決をみなかった。

本文[編集]

カサブランカ宣言

1943年2月12日

決定を見たカサブランカで行われた現実的な計画は、あらゆる戦場、あらゆる大陸, 大洋, 海に限定されていない。今年が終わる前に、言葉ではなく行動で世界に知られるようになることは、カサブランカ会談が膨大な情報を生み出し、それは、ドイツ人、イタリア人、日本人にとって悪い知らせとなるだろう。

我々は最近南西太平洋において、長く困難な戦い[注釈 1]を終わらせ、目覚ましい成果を上げた。この戦いは去夏、ソロモンニューギニアで始まった。この戦いは我々の優れた力を示し、それは、航空機で、また最も重要なことに、我々の個々の兵士と船員の戦闘能力で示された。

南西太平洋のアメリカ軍は、オーストラリアニュージーランドから強力な援助を受け、またイギリス自身からも直接強力な援助を受けた。

我々は、日本の最終的な敗北だけを期待している。広大な太平洋を島から島へと前進するだけではない。

日本人に対する重大で決定的な行動は、中国領土から侵略者を追い出すことである。重要な行動は、中国の制空権、日本自体の制空権が連合国にとられるだろう。カサブランカでの議論は、重慶アーノルド将軍と総司令官[注釈 2]で続けられ、明確な攻撃的作戦計画をもたらすだろう。

東京に通じる道はたくさんある。我々はそのどれも無視しない。

避けられない大惨事の用語を回避するため、軸となる扇動者は聯合国を分割するため古い計略すべてを試みている。我々がこの戦争に勝利した場合、ロシア、イギリス、中国および連合国が仲互いする戦いに入るだろうという考えを作っている。

これは、ある国を別の国に向ける最後の努力であり、むなしくも一度に1つか2つでも解決することを望んでいる。そのため、我々全てが騙されて、我々連合国の費用の「量」を混乱させるように、我々のどんな国々も騙され忘れられることになる。

彼らの罪の諸結果から逃れるためのこれらのびくびくしたな試みに対し、我々は言うー全ての国は言う。我々は政治の中軸や党派の中軸に対処する唯一の条件は、カサブランカで宣言されたものであり:「無条件降伏」である。我々の非妥協的な政策では、枢軸国の庶民に何ら害を及ぼさないことを意味している。しかし我々は、彼らの犯した罪で野蛮な指導者に対し、完璧な罰と報復を課すことを意味している...

アメリカ革命フランス革命の年月に、我々の民主主義を導く基本的な原則が確立された。我々の全ての民主的根拠の基礎は、人民に由来し人民だけから政府の権威があふれ出るという原理であった。

我々戦争目的の一つは、大西洋憲章に示されているように、今日征服された人民が再び彼らの運命の主人となることである。疑いの余地もなく、連合国の不変の目的は征服された人民に彼らの神聖な諸権利を回復することである。

CasablancaConference 1943

Feb 12, 1943

The decisions reached and the actual plans made at Casablanca were not confined to any one theater of war or to any one continent or ocean or sea. Before this year is out, it will be made known to the world-in actions rather than words-that the Casablanca Conference produced plenty of news; and it will be bad news for the Germans and Italians-and the Japanese.

We have lately concluded a long, hard battle in the Southwest Pacific and we have made notable gains. That battle started in the Solomons and New Guinea last summer. It has demonstrated our superior power in planes and, most importantly, in the fighting qualities of our individual soldiers and sailors.

American armed forces in the Southwest Pacific are receiving powerful aid from Australia and New Zealand and also directly from the British themselves.

We do not expect to spend the time it would take to bring Japan to final defeat merely by inching our way forward from island to island across the vast expanse of the Pacific.

Great and decisive actions against the Japanese will be taken to drive the invader from the soil of China. Important actions will be taken in the skies over China-and over Japan itself. The discussions at Casablanca have been continued in Chungking with the Generalissimo by General Arnold and have resulted in definite plans for offensive operations.

There are many roads which lead right to Tokyo. We shall neglect none of them.

In an attempt to ward off the inevitable disaster, the Axis propagandist are trying all of their old tricks in order to divide the United Nations. They seek to create the idea that if we win this war, Russia, England, China, and the United States are going to get into a cat-and-dog fight.

This is their final effort to turn one nation against another, in the vain hope that they may settle with one or two at a time-that any of us may be so gullible and so forgetful as to be duped into making "deals" at the expense of our Allies.

To these panicky attempts to escape the consequences of their crimes we say-all the United Nations say-that the only terms on which we shall deal with an Axis government or any Axis factions are the terms proclaimed at Casablanca: "Unconditional Surrender." In our uncompromising policy we mean no harm to the common people of the Axis nations. But we do mean to impose punishment and retribution in full upon their guilty, barbaric leaders...

In the years of the American and French revolutions the fundamental principle guiding our democracies was established. The cornerstone of our whole democratic edifice was the principle that from the people and the people alone flows the authority of government.

It is one of our war aims, as expressed in the Atlantic Charter, that the conquered populations of today be again the masters of their destiny. There must be no doubt anywhere that it is the unalterable purpose of the United Nations to restore to conquered peoples their sacred rights.

[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ガダルカナル島の戦いのこと。
  2. ^ 蔣介石のこと。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代
シャーシャル会談
1942年10月21日-22日
第二次世界大戦の会談・会議
カサブランカ会談
1943年1月14日-24日
次代
第3回ワシントン会談
1943年5月12日-17日