カサブランカ会談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カサブランカ会談

カサブランカ会談(カサブランカかいだん、Casablanca Conference)は、第二次世界大戦中に行われた連合国首脳会談の一つ。1943年1月14日から23日にかけて、モロッコカサブランカにおいて開催された。

内容[編集]

アメリカ大統領フランクリン・ローズヴェルトイギリス首相ウィンストン・チャーチルによって行われた。

内容としては、アフリカ作戦の成功後、シチリア島南イタリアへの上陸作戦をとることを確認したことと、枢軸国に対して無条件降伏を要求する方針を確認したことが挙げられる。

なおこの時期に北アフリカヴィシー政権から独立して樹立されていたフランスの政権には、シャルル・ド・ゴールアンリ・ジローの両指導者の間に対立があり、この会談の際に、ローズヴェルト、チャーチルはこれらフランス側指導者を加えて談合を行ったが、十分な解決をみなかった。


関連項目[編集]