オーストラリアの囚人遺跡群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世界遺産 オーストラリアの
囚人遺跡群
オーストラリア
旧フリーマントル刑務所
旧フリーマントル刑務所
英名 Australian Convict Sites
仏名 Sites de bagnes australiens
登録区分 文化遺産
登録基準 (4), (6)
登録年 2010年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

オーストラリアの囚人遺跡群(オーストラリアのしゅうじんいせきぐん)はオーストラリア連邦にあるユネスコ世界遺産群(文化遺産)。18世紀から19世紀にオーストラリアで大英帝国によって建てられた刑場遺跡。登録遺跡はタスマニア州ニュー・サウス・ウェールズ州西オーストラリア州ノーフォーク島内の計11ヶ所に点在する。

歴史[編集]

主にタスマニア州、ニュー・サウス・ウェールズ州、西オーストラリア州の海岸線及びノーフォーク島に位置していて、かつて大英帝国のオーストラリアにおける植民地拡大時代にアボリジニの人々がそこに移住するよう強制された。何万もの男女、子供が強制的に収容所に送られ、居住していた。この遺産群は大規模な囚人の移送と強制労働者を用いた帝国主義に基づくヨーロッパ勢力による植民地拡大の現存する重要な証拠と考えられる。

登録された遺産一覧[編集]

シリアルナンバー 構成物件 所属州 登録面積 画像
1306-001 キングストンとアーサーズ・ヴェールの歴史地区 ノーフォーク島 225 ha Norfolk Island jail1.jpg
1306-002 パラマッタの旧総督官邸 ニューサウスウェールズ州パラマッタ 37.25 ha
緩衝地域 29.03 ha
Parramatta-NSW-GovernmentHouse.jpg
1306-003 ハイド・パーク・バラックス ニューサウスウェールズ州・シドニー 0.5 ha
緩衝地域 5.7 ha
HydeParkBarracks.JPG
1306-004 ブリッケンドンとウルマーズの不動産群 タスマニア州ロングフォード 233.52 ha
緩衝地域 322.08 ha
WoolmersEstateLongford.jpg
1306-005 ダーリントン保護観察所 タスマニア州・マリア島 361 ha
緩衝地域 1968.28 ha
Commissariat Store 1825.jpg
1306-006 オールド・グレート・ノース・ロード ニューサウスウェールズ州 258.64 ha
緩衝地域 135.25 ha
Thomas james bridge.jpg
1306-007 カスケーズ女子工場 タスマニア州・サウス・ホバート 0.6 ha
緩衝地域 7.09 ha
Cascades Female Factory.jpg
1306-008 ポート・アーサー タスマニア州・ポート・アーサー 146 ha
緩衝地域 1216.51 ha
Convict Church, Port Arthur.jpg
1306-009 ソルトウォーター・リヴァーの炭鉱史跡 タスマニア州・タスマン半島 214 ha
緩衝地域 138.47 ha
Saltwater Creek ruins 2.jpg
1306-010 コッカトゥー島 ニューサウスウェールズ州・シドニー湾 20 ha
緩衝地域 47.22 ha
Cockatoo Island.JPG
1306-011 フリーマントル刑務所 西オーストラリア州フリーマントル 6 ha
緩衝地域 18 ha
Fremantle prison main cellblock.JPG

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

関連項目[編集]

囚人遺跡に収監されていた囚人の詳細な記録(職業・罪状・判決内容・身体的特徴・識字率・獄中態度など)が、2007年にユネスコ記憶遺産に登録されている[1]

脚注[編集]