オーシャニック航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーシャニック航空Oceanic AirlinesまたはOceanic Airways)とは、映画ドラマなどに登場する架空の航空会社ABCのドラマ『LOST[1]に登場するものが特に有名であるが、他にも多数のメディアに登場している。

過去に実在した似たような名前の航空会社としては、トランスオーシャン航空アメリカ)、オーシャン航空イタリア)などがあった。

1996年の映画『エグゼクティブ・デシジョン』では1988年に起こったクウェート航空のハイジャック事件をモデルとしている場面でクウェート航空の代わりにオーシャニック航空の名称が使用されている。このときの映像が他の多くのメディアの作品にリユーズされていることから、「オーシャニック航空」が架空の航空会社の名称として定着したともいえる。登場するときはシドニーロサンゼルス線を運航していることが多い。

オーシャニック航空の登場する作品[編集]

『エグゼクティブ・デシジョン』のフッテージ再利用[編集]

また以下の作品では『エグゼクティブ・デシジョン』のストック・フッテージが使われている。

オーシャニック航空が登場した作品のリスト[編集]

便名 事故・事件の概要 作品名
816 FBIに捜索されている連続殺人犯が搭乗している。 Code 11-14
815 南太平洋の無人島に墜落する。 LOST
815 地対空ミサイルで撃墜される。 チャック(LOSTのパロディー)
762 稲妻に直撃され緊急着陸する。 壊滅暴風圏/カテゴリー6
762 精神疾患患者が神経ガスを使った脅迫を行う。 エアポート2001
456 副操縦士が殺害され、乗務員にも病気が発生する。 Dr.マーク・スローン
343 イスラム教徒のテロリストにハイジャックされる。 エグゼクティブ・デシジョン
343 北朝鮮の工作員にハイジャックされる。 犯罪捜査官ネイビーファイル
017 マイアミ沖約130kmの大西洋上に不時着する。 わんぱくフリッパー
009 ウォルター・マッソーダイアン・キャノンにキスする。 Out to Sea(邦題:『カリブは最高!』)

脚注[編集]

  1. ^ 『LOST』放送時には、オーシャニック航空のウェブサイトが実際に作られ、同主人公たちの搭乗機が行方不明になった事件に関する謝罪文、同便の座席図などが掲載された。また、同サイトのソースコード内にメッセージが隠されていた。

外部リンク[編集]