エアポート2001

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エアポート2001
Nowhere to Land
監督 アーマンド・マストロヤンニ
脚本 マット・ドーフ
製作 リチャード・D・アレドンド
ランディ・サッター
製作総指揮 マット・ドーフ
ロバート・M・サートナー
エリック・ストーレイ
出演者 ジャック・ワグナー
クリスティーン・エリス
ジェームズ・B・シッキング
マーク・リー
アーニー・ハドソン
レイチェル・ブレイク
ヘレン・トムソン
ダミアン・パイク
ローリー・フォエル
ロドニー・パワー
ライアン・ジョンソン
音楽 ルイス・フェブレ
撮影 ニーノ・ガエタノ・マルティネッティ
編集 ピーター・V・ホワイト
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年3月12日(初回放送)
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
テンプレートを表示

エアポート2001』(Nowhere to Land)は、アメリカ合衆国・オーストラリア合作のテレビ映画で、2000年に放映されたパニック映画である。日本では、アルバトロス株式会社よりVHSソフトおよびDVDが発売された[1]

あらすじ[編集]

フィリップは、離婚した妻クレアへの執着から、驚くべき殺人計画を打ち出した。それはクレアの乗るシドニーロサンゼルス着のジャンボジェットに、爆弾を仕掛けるというもの。フィリップが自ら電話で乗務員に打ち明けたため、機長のジョンは地上のFBIと協力し、高度30,000フィートで、必死に爆弾の解除を試みる。

ジョンはギリギリのところで解除に成功し、大惨事は免れたように見えた。が、別の捜査官が手に入れた爆弾の設計図をみて、FBIは愕然とする。第二の装置が作動し始めていたのだ。それは高度2,200フィートをきったところで装置が作動し、神経ガスがまかれるというものだった。

乗客を救うため、ジョンは決断を迫られていた……。

スタッフ[編集]

  • 監督:アーマンド・マストロヤンニ
  • 製作総指揮:マット・ドーフ、ロバート・M・サートナー、エリック・ストーレイ
  • 製作:リチャード・D・アレドンド、ランディ・サッター
  • 脚本:マット・ドーフ
  • 音楽:ルイス・フェブレ
  • 撮影:ニーノ・ガエタノ・マルティネッティ
  • 編集:ピーター・V・ホワイト

キャスト[編集]

吹き替え[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この作品は、『大空港』に始まる「エアポート・シリーズ」とは関係がない。また、アルバトロス株式会社は、他にもエアポートを冠したタイトルでソフトを発売しているが、それらの作品とも制作上直接の関係はない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]