オンドレイ・レナールト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オンドレイ・レナルト(Ondrej Lenárd, 1942年9月9日 - )は、スロヴァキア指揮者

クロムパヒKrompachy)の生まれ。ブラティスラヴァの学校で学び、スロヴァキア国立歌劇場などで研鑽を重ねる。1974年ブダペスト国際指揮者コンクール第3位になる(1位は小林研一郎)。 1984-86年までスロヴァキア国立歌劇場首席指揮者を務める一方、ウィーン国立歌劇場、ヒューストンオペラをはじめ世界の主要な歌劇場にたびたび客演。1991年から2001年までスロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団で首席指揮者を務め、1995年から2010年現在まで音楽監督を務めている。その間、1996年ブラティスラヴァ国際音楽祭のオープニング・コンサートでマーラー交響曲第8番「千人の交響曲」を同地初演、その功績によりスロヴァキアの〈今年の国民大賞〉を受賞。 97年スロヴァキア国立歌劇場オペラ・バレエ音楽総監督を務め、『トスカ』の新プロダクションや同劇場日本公演を成功へと導き、その手腕は高く評価されている。 1988年から新星日本交響楽団(現東京フィルハーモニー交響楽団)の首席客演指揮者、1993年から首席指揮者・芸術顧問を務めるなど、日本でもおなじみである。現在同楽団の名誉指揮者である。 ヴラディミール・ヴァーレクの後任として、2011-2012年シーズンからプラハ放送交響楽団首席指揮者に就任した。 お国物のスメタナ、ドヴォルザークを得意としているのは勿論だが、スロヴァキアフィルとの来日公演や在京オケとの共演したマーラー、チャイコフスキーも非常に充実した演奏を披露している。

先代:
?
スロヴァキア放送交響楽団首席指揮者
1977–1990
次代:
?
先代:
?
スロヴァキア国立歌劇場音楽監督
1984–1986
次代:
?
先代:
アルド・チェッカート
スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者
1991–2001
次代:
イルジー・ビエロフラーヴェク
先代:
佐藤功太郎
新星日本交響楽団首席客演指揮者、首席指揮者
1988–1999
次代:
パスカル・ヴェロ
先代:
ヴラディミール・ヴァーレク
プラハ放送交響楽団首席指揮者
2011-
次代:
{{{after}}}