ヴラディミール・ヴァーレク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴラディミール・ヴァーレク(Vladimír Válek,1935年9月2日 - )は、チェコ指揮者

プラハ音楽アカデミーを卒業後、指揮者として活動。1985年プラハ放送交響楽団の首席指揮者に就任し、2011年まで25年以上にわたり同職にあった。この間、スプラフォンポニーキャニオンなどにドヴォルザークチャイコフスキーの交響曲全集など多くの録音を行ったほか、日本欧米でも積極的に公演を行っており、最近では2008年にプラハ放送響とのコンビで来日し、スメタナの「わが祖国」全曲などを演奏している。2004年から2007年にかけてスロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めたが、この時は前任のイルジー・ビエロフラーヴェク芸術監督、前々任のオンドレイ・レナールト音楽監督として留任しているという奇妙な体制であった。日本では、大阪シンフォニカー交響楽団の首席客演指揮者を務めた。

指揮のスタイルは直線的で忠実に拍子を合わせそれほど大きな動きはしないスタイルである。


先代:
イルジー・ビエロフラーヴェク
スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督
2004–2007
次代:
ペーテル・フェラネツ