オルセン姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Olsen Twins
オルセン姉妹
オルセン姉妹
アシュレー(左)とメアリー=ケイト(右)(2011年)
生年月日 (1986-06-13) 1986年6月13日(32歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 女優ファッションデザイナー
活動期間 1987年 -
著名な家族 エリザベス・オルセン (妹)
主な作品
フルハウス
ふたりはふたご
ふたりはお年ごろ
備考
アシュレーは2009年、メアリー=ケイトは2012年に俳優業を引退
アシュレー・オルセン(2011年)
メアリー=ケイト・オルセン(2009年)

アシュレー・オルセン(Ashley Fuller Olsen)とメアリー=ケイト・オルセン(Mary-Kate Olsen)は、アメリカ合衆国双子女優ファッションデザイナー。ふたり合わせてオルセン姉妹(Olsen Twins, 1986年6月13日 - )と呼ばれる。幼少時代は子役として活躍し、ABCのシットコム『フルハウス』のミシェル・タナー役で知名度を上げた[1]。成人後は「エリザベス&ジェームズ」や「ザ・ロウ」などのファッションブランドの展開で商業的成功を収め、ファッション界で地位を確立している[1]

映画女優エリザベス・オルセンは妹であり、ファッションブランド「エリザベス&ジェームズ」の名前の由来でもある[2]

概説[編集]

ふたりの特徴[編集]

アシュレー メアリー=ケイト
フルネーム アシュレー・フラー・オルセン メアリー=ケイト・オルセン
身長 158cm 155cm
利き手 右利き 左利き
目の色 青と、微かな緑
面長 丸顔
専攻 心理学 料理

一卵性双生児ではなく二卵性双生児であるが、顔立ちはよく似ている。ちなみに兄が1人、妹が2人(アシュレーから見ればメアリー=ケイトを含めて3人)、弟が1人いる。

姉妹で幼いときから活動し、セレブリティという共通点から一時期はヒルトン姉妹(パリス・ヒルトンニッキー・ヒルトン)と比較されることも少なくなかった[3]

名前表記[編集]

アシュレーの場合、「アシュレイ」、「アシュリー」と表記されることがある。英語の発音は「アシュリー」に近い。

メアリー=ケイトの場合は「メアリー=ケイト」が名前であり、「メアリー」ではない(ミドルネームはない)。NHK版の『フルハウス』では「メアリー / アシュレー・オルセン」と表記されていたが、これは誤りである。

姉妹を合わせた表記としては、「Olsen Twins」の他に「Mary-Kate & Ashley Olsen」という表記がある。この表記についてジェフ・フランクリンは、『フルハウス』において「Mary Kate Ashley Olsen」と表記していたために定着したものであると説明している。

来歴[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス出身。

生後8ヶ月の時に『フルハウス』のミシェル・タナーを交互に演じてデビュー。この作品で人気子役となり、ブレイクする。5歳のころには『フルハウス』の製作指揮者ジェフ・フランクリン監督・脚本のテレビ映画『To Grandmother's House We Go』で初主演を果たした。1995年の劇場映画『ひとりっ娘2』にも出演した。また、姉妹歌唱の楽曲とアルバムもリリースしている。

8年間続いた『フルハウス』終了後はテレビ映画とオリジナルビデオを中心に出演した。テレビドラマは『ふたりはふたご』、『ふたりはお年ごろ』に出演。『フルハウス』と共にNHK教育テレビ(Eテレ)で放送され、日本でも人気となる。2004年に『ニューヨーク・ミニット』に出演した(ただし、興行不振であった)。同年にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれた。

アシュレーは『ニューヨーク・ミニット』を最後に出演作品はなく[4]、2009年に俳優業を引退すると発表した[5]。メアリー=ケイトは2006年以降、単独で俳優業を続けていたが、2012年に俳優業の引退を表明した[5]。引退後はファッションデザイナーの仕事に注力したため、テレビなどの出演は『エレンの部屋』などのトーク番組へ時々出演する程度となり、『フルハウス』のスピンオフ『フラーハウス』の出演も見送っている[4]

ファッションデザイナーとして[編集]

子役としてテレビの仕事を共にやっていた頃から、ファッションのデザインに携わっており、12歳のころに衣服、香水、化粧品、アクセサリーを扱うファッションブランド「mary-kateandashley(メアリーケイトアンドアシュレー)」を立ち上げている(2009年に廃止)。

2006年には高級ブランド「ザ・ロウ英語版」を設立。翌2007年には「エリザベス&ジェームズ」を設立した。2009年には先述の「mary-kateandashley」の後継ブランド「Olsenboye(オルセンボーイ)」をJCペニー専売で発売[6]。2011年にはTシャツのブランド「StyleMint(スタイルミント)」を立ち上げる[7]。 これらのファッションブランドの売り上げ(年間)が10億ドルを超えている[8]。 2012年12月、姉妹はアメリカの経済誌『フォーブス』の「30歳未満で最も影響力が大きいファッション・リーダー30人」に選出された[9]

ファッションブランド[編集]

姉妹が主力としている以下2銘柄は、2013年に伊藤忠商事が日本での輸入販売権を取得し、コロネットを通じて日本国内で販売を開始した[10][11]。このうち「ザ・ロウ」については2018年に日本法人「ザ・ロウ・ジャパン」が設立され、販売権が同法人に移行する[12]

また、ハリウッド女優などに愛用者が多いことで知られている[13]

THE ROW(ザ・ロウ)
ブランド名はロンドンの「サヴィル・ロウ」から名付けられた[12]。ディテールやフィット感を追求したデザインを特徴としている[12]
ファッション誌「Vogue」で「感動的な服」と評された[8]アメリカファッション協議会主催の「CFDAファッションアワード」では2012年と2015年にレディースウェア部門で受賞している[14]
ハンドバッグや靴も取り扱う。2016年にはヴィンテージのジュエリーをニューヨークとロサンゼルスの店舗のみで販売した[15]
2016年にはメンズライン(紳士服)の小売りを一部で始め、2018年10月からカプセルコレクションの販売が開始される[16]
Elizabeth & James(エリザベス&ジェームズ)[注 1]
アシュレーとメアリー=ケイト共にミューズであり共同デザイナーもつとめる。名前は妹のエリザベスと兄のジェームズ=トレントに由来する[2][17]
アップタウンの洗練された女性的要素と、ダウンタウンのカジュアルな男性的要素を、絶妙なバランスで表現したデザインを特徴としている[11]
デニム素材の服も扱っている[注 2]。その他にもジュエリー、サングラス、靴も扱っている。2013年には香水「Elizabeth & James Nirvana(ニルバナ)」の取り扱いを開始した[18]
フラーハウス』ではラモーナ(ソニー・ニコル・ブリンガス)がこのブランドの服を購入し、価格に驚いたキミー(アンドリア・バーバー)が「(オルセン姉妹が)ドラマに出ないはずだ」と発言する話がある。

プロダクション[編集]

1993年に自身たちのプロダクション「Dualstar(デュアルスター)」を設立し、同時に最高経営責任者に就任している[19][17]

姉妹の子役時代は、姉妹の出演したオリジナルビデオテレビ映画シットコム(『ふたりはふたご』と『ふたりはお年ごろ』)の制作をしていた。現在では制作活動は行っておらず、姉妹の映像作品、CD作品、グッズのライセンス料が主な収益となっている。なお、映像作品の制作にはワーナー・ブラザースが関わっており、ワーナー・ホーム・ビデオがソフトの販売権を持っている。ビデオ作品の総売り上げは全世界で約3千万本にのぼる。

基本的には姉妹の個人プロダクションであるが、双子俳優のディラン・スプラウスコール・スプラウスとも契約を結んで、彼らのブランド「Sprouse Bros」も展開していた時期がある。

私生活[編集]

2005年に共にニューヨーク大学に進学したが、メアリー=ケイトは中退。

メアリー=ケイトは摂食障害を患った経験があり、2004年6月に骨と皮だけの容姿になり、リハビリ施設に入所した[20]。3年後の2007年には緊急入院している[20]。また、2003年には注意力欠陥障害であることを告白している[20]

姉妹はお互いの関係を「結婚かパートナー」と喩えている[16]

異性関係[編集]

メアリー=ケイトは、2012年からオリヴィエ・サルコジ(ニコラ・サルコジの腹違いの弟)と交際し[21]、2015年11月に結婚した[21][22]。過去にはスタヴロス・ニアルコス3世[注 3]と交際していた。ヒース・レジャーと交友があったが、レジャーが薬物の過剰摂取で死亡した際に関与が疑われた[23]

アシュレーは、過去にジャレッド・レトジャスティン・バーサ[24]ベネット・ミラー[25]等と交際していた。

家族[編集]

父親は銀行員のデイビッド、母親は元バレエダンサーマネージャーのジャーネット。兄のジェームズ=トレント、妹で女優のエリザベス、他に腹違い(父親の再婚相手が母親)の妹弟がいる。

1995年に『フルハウス』が終了する直前に両親が離婚する。この離婚について、姉妹は雑誌で、「『フルハウス』の家族、本当の家族がなくなってしまって、悲しい」とコメントしている。

資産[編集]

15歳で月に500ドルまで使うことのできるクレジットカードを手にし、17歳になると上限なく自由に使えるクレジットカード(いわゆる「ブラックカード」)を手にしている。2005年時点の姉妹の総資産は推定2億7500万ドル(約300億円)に達していた[1]

2005年4月、Hollywood News Wireによればオルセン姉妹がニューヨークのマンハッタンの人気スポットであるウエスト・ヴィレッジに購入した8億円の高級マンションを売りに出している。このマンションはロサンゼルスからニューヨークに引っ越す前に購入した物件で姉妹は1度も住んだことがなかった。姉妹の広報担当者は「マンションを売りに出したのは2人の不仲ではなく、部屋が広すぎて改装に時間がかかるから」とコメントしている。

アメリカで最も裕福な20代であり、経済誌『フォーブス』が2007年に21歳未満のセレブリティを対象にした長者番付で推定収入が約4000万ドルで1位になった。

2009年、雑誌『INTERIEW』の3月号でメアリー=ケイトが子役時代に姉妹で出演していた『フルハウス』について、出演時は1歳にも満たなかった姉妹のギャラが1話2400ドルだったことにふれ、「当時、私たちはお金よりもご褒美に貰えるグミー・ベア(小さなクマの形をしたグミ)の方が嬉しかった」と語っている。
そして、『フルハウス』の最終シーズンの出演料は16万ドル(一人当たり8万ドル)[26]で、当時テレビに出演する子役としては最高額であった。

主な出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

邦題
原題
役名 備考
メアリー=ケイト アシュレー
1987–1995 フルハウス
Full House
ミシェル・タナー 192エピソード
1992 Hangin' with Mr. Cooper ミシェル・タナー 1エピソード
1998-1999 ふたりはふたご
Two of a Kind
メアリー=ケイト・バーク アシュレー・バーク 22エピソード
2001-2002 ふたりはお年ごろ
So Little Time
ライリー・カールソン クロエ・カールソン 26エピソード
Mary-Kate and Ashley in Action! ミスティ アンバー 26エピソード
声の出演
2004 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
本人役 本人役 1エピソード
声の出演
2007 Weeds ママの秘密
Weeds
タラ・リンドマン - 8エピソード
メアリー=ケイト単独出演
2008 サマンサ Who?
Samantha Who?
ナタリー - 1エピソード
メアリー=ケイト単独出演

映画[編集]

邦題
原題
役名 備考
メアリー=ケイト アシュレー
1992 To Grandmother's House We Go サラ・トンプソン ジュリー・トンプソン テレビ映画
1993 Double, Double, Toil and Trouble ケリー・ファーマー リン・ファーマー テレビ映画
1994 The Little Rascals 双子役 双子役 カメオ出演
How the West Was Fun ジェシカ・マーティン スージー・マーティン テレビ映画
1995 ひとりっ娘2
It Takes Two
アマンダ・レモン アリッサ・キャラウェイ
1998 Billboard Dad テス・タイラー エミリー・タイラー
1999 ミラクルツインズ 恋の決勝ゴール
Switching Goals
サム・スタントン エマ・スタントン テレビ映画
パスポート to パリ
Passport to Paris
メラニー・ポーター アリソン・ポーター
2000 Our Lips Are Sealed マディ・パーカー アビー・パーカー
2001 Winning London クロエ・ローレンス ライリー・ローレンス
ホリデイ・イン・ザ・サン
Holiday in the Sun
マディソン・スチュワート アレックス・スチュワート
2002 Getting There カイリー・ハンター テイラー・ハンター
ラブ in ローマ
When in Rome
チャーリー・ハンター レイラ・ハンター
2003 ザ・チャレンジ
The Challenge
シェーン・ダルトン エリザベス(リジー)・ダルトン
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル
Charlie's Angels: Full Throttle
未来のエンジェル カメオ出演
2004 ニューヨーク・ミニット
New York Minute
ロクサーン(ロクシー)・ライアン ジェーン・ライアン
2006 ファクトリー・ガール
Factory Girl
モリー・スペンス - メアリー=ケイト単独出演
2008 The Wackness ユニオン - メアリー=ケイト単独出演
2011 ビーストリー
Beastly
ケンドラ・フィルファーティ - メアリー=ケイト単独出演

オリジナルビデオ[編集]

  • Our First Video (1993年)
  • The Adventures of Mary-Kate & Ashley (1994-1997年)
  • You're Invited to Mary-Kate & Ashley's... (1995-2000年)
  • Our Music Video (1997年)

CDアルバム[編集]

  • Brother For Sale (1992年)
  • I Am The Cute One (1993年)

その他[編集]

  • 吹き替えは、子役時代はかないみか(メアリー=ケイト)、川田妙子(アシュレー)が担当していることが多かったが、成長後は、佐古真弓(メアリー=ケイト)、坂本真綾(アシュレー)が担当していることが多い。
  • 姉妹をネタにした作品で、ウェブ番組の『Very Mary-Kate』がある。ただし、本人は一切登場せず、作中での出来事もフィクションである。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「エリザベス アンド ジェームス」と表記されることもある。
  2. ^ 取り扱い開始時は「Textile Elizabeth & James」であった。
  3. ^ ギリシャの企業家スタブロス・ニアルコスの孫。

出典[編集]

  1. ^ a b c Happy Birthday オルセン姉妹 子役からデザイナーへと転身した双子の成長記録。”. Vogue Japan (2018年6月13日). 2018年10月11日閲覧。
  2. ^ a b Lizzie Olsen: Miss Independent” (英語). マリ・クレール (2011年11月21日). 2015年11月10日閲覧。
  3. ^ オルセン姉妹の2つのライン。 - ウェイバックマシン(2009年1月23日アーカイブ分) - VOGUE(2007年6月15日)
  4. ^ a b 「フルハウス」新作にオルセン姉妹が出演しない理由 女優業から遠ざかっていたことも…”. シネマトゥデイ (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  5. ^ a b オルセン姉妹、美と商才に恵まれたビューティツインズ。”. Vogue Japan (2014年1月16日). 2018年10月11日閲覧。
  6. ^ かわいい!オルセン姉妹の新ブランド「Olsenboye」”. アメちょこ. 2011年8月31日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ StyleMint公式ホームページより。[リンク切れ]
  8. ^ a b 年間売り上げが820億円! 女優業よりもデザイナーとして成功したセレブは?”. サイゾー (2011年4月9日). 2012年6月23日閲覧。
  9. ^ オルセン姉妹、「30歳未満で最も影響力が大きいファッション・リーダー」にリスト入り”. シネマカフェ (2012年12月21日). 2013年2月24日閲覧。
  10. ^ 「THE ROW(ザ・ロウ)」の独占輸入販売権取得について”. 伊藤忠商事株式会社ホームページ (2013年3月18日). 2014年10月5日閲覧。
  11. ^ a b 米国「ELIZABETH AND JAMES(エリザベス アンド ジェームス)」ブランドの独占輸入販売権取得について”. 伊藤忠商事株式会社ホームページ (2013年6月25日). 2014年9月16日閲覧。
  12. ^ a b c オルセン姉妹の「ザ・ロウ」が米国100%出資のジャパン社を設立”. WWD Japan (2017年12月25日). 2018年2月17日閲覧。
  13. ^ セレブのファッション・ブランドでもっとも成功したトップ10発表”. Harper's BAZAAR (2017年6月26日). 2017年9月20日閲覧。
  14. ^ The Row wins CDFA womemswear of the year once again” (英語). Fashionista (2015年6月1日). 2017年9月20日閲覧。
  15. ^ オルセン姉妹、自分たちのブランド「ザ・ロウ」からヴィンテージのジュエリーを限定販売”. TVグルーヴ (2016年12月14日). 2017年9月20日閲覧。
  16. ^ a b オルセン姉妹が手がけるファッションブランド、ザ・ロウがメンズラインを開始。”. Vogue Japan (2018年8月30日). 2018年10月11日閲覧。
  17. ^ a b 金が金を産む! 副業で大成功したセレブベスト5”. サイゾー (2010年2月14日). 2012年6月23日閲覧。
  18. ^ オルセン姉妹がデザイナーを務める「エリザベス アンド ジェームス」から、香水が登場”. WWD Japan (2013年11月11日). 2017年9月20日閲覧。
  19. ^ エルオンライン (2004年3月17日). “いよいよ日本上陸!噂のオルセン姉妹とは?”. 2008年11月15日閲覧。
  20. ^ a b c 共演者の体がプレッシャー? 摂食障害を克服したセレブたち”. サイゾー (2012年4月2日). 2012年6月1日閲覧。
  21. ^ a b メアリー=ケイト・オルセン、17歳年上のサルコジ前大統領の弟と結婚”. ELLE girl. エルオンライン (2015年12月1日). 2018年10月17日閲覧。
  22. ^ メアリー=ケイト・オルセン、17歳差の結婚生活について語る”. ELLE girl. エルオンライン (2017年3月14日). 2018年10月17日閲覧。
  23. ^ 女優メアリー・ケイト・オルセン、故ヒース・レジャーの薬物摂取めぐる関与を否定”. AFP通信 (2008年8月6日). 2018年10月17日閲覧。
  24. ^ 『ハングオーバー』シリーズのジャスティン・バーサ、ついにパパに。”. Techinsight (2014年4月21日). 2018年10月17日閲覧。
  25. ^ 「フルハウス」アシュレー・オルセンに新恋人! お相手は20歳年上のオスカー監督”. TVグルーヴ (2014年2月14日). 2016年1月1日閲覧。
  26. ^ ヤングセレブの天国と地獄 メアリー・ケイト・オルセン”. YOMIURI ONLINE. 2011年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]