オルガ・シェプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

オルガ・シェプス(Olga Scheps, 1986年1月4日-)は、モスクワ生まれの女性ピアニスト

来歴[編集]

ピアニストでケルン音楽大学の教授でもある父親のイリヤ・シェプスにピアノを学び、6歳のときにドイツに移る。ケルン音楽・舞踊大学でパヴェル・ギリロフに師事。 12歳のときから演奏活動を行っており、2007年、ルール・ピアノ・フェスティバルでデビューして以来、ドイツの著名な音楽祭に招かれ、ソリストとしてベルリン・フィルハーモニーほか世界有数の会場でリサイタルを開催。シュトゥットガルト放送交響楽団、ミュンヘン交響楽団、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団などの著名オーケストラと共演するほか、室内楽にも積極的に取り組んでいる。2009年5月のルール・ピアノ・フェスティバルでのリサイタルは、フォノフォーラム誌との協力により録音され、「ピアノ・フェスティバル・ルール・エディション」から発売された。デビューCD 「ショパン」は2010年1月にリリースされ、同年10月には「今年の新人」としてエコー・クラシック賞を受賞した。[1]。 2015年に『オルガ・シェプス・プレイズ・ショパン』で日本デビュー[2]。 現在はドイツを中心に活動している。ケルン在住。

CD[編集]

  • 『チャイコフスキー』(2017年12月01日、Sony Classical)
  • 『サティ:ピアノ作品集』(2016年07月27日、SMJ)
  • 『ヴォカリーズ』(2015年07月31日、Rca)
  • 『オルガ・シェプス・プレイズ・ショパン』(2015年07月22日、SMJ)
  • 『ロシアン・アルバム』(2015年01月13日、Rca)
  • 『ショパン/ピアノ協奏曲集』(2014年01月21日、Rca)
  • 『シューベルト』(2012年09月11日、Rca)
  • 『ショパン』(2010年03月13日、Rca)

脚注[編集]

  1. ^ オルガ・シェプス プロフィール”. Concert Imagine. 2018年8月12日閲覧。
  2. ^ オルガ・シェプス”. TOWER RECORDS ONLINE. 2018年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]