シュトゥットガルト放送交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シュトゥットガルト放送交響楽団(Radio-Sinfonieorchester Stuttgart des SWR、英語:Stuttgart Radio Symphony Orchestra)は、ドイツシュトゥットガルトを本拠に活動していた、南西ドイツ放送(SWR)所属のオーケストラである。

1945年、アメリカ占領軍により創設された。当初は南ドイツ放送局(Süddeutscher Rundfunk; SDR)に所属し、名称も1975年まで南ドイツ放送交響楽団(SDR Symphonieorchester)と呼ばれた。1998年、ドイツの公共放送局の統廃合に伴い、SWRに所属するオーケストラとなった。さまざまな著名指揮者のリハーサルを番組として放送し、カルロス・クライバーセルジュ・チェリビダッケなどの若き日の映像は貴重な資料として扱われている。基本的にはコンサート・オーケストラであったが、バーデン=バーデン祝祭劇場のピットに入ったり、ユニテルのオペレッタ映画でバックを務めるなど、劇場音楽の経験も豊富である。

2016年に、同じくSWR所属のバーデン=バーデン・フライブルクSWR交響楽団と統合し、新たに南西ドイツ放送交響楽団が創設された。

首席指揮者[編集]

外部リンク[編集]